2021年10月16日土曜日

黎明に合う音楽は?

今日もじじいじいじは5時前に起床してしまった。睡眠時間はたぶん6時間を切っているが眠くない。人間の体は面白いもので、8時間寝ても眠くてしようがないときもあるし、4時間睡眠でも眠くないときもある。

今日から寒くなるのは分かっていたので、薄手のTシャツの上に薄手の長袖シャツを着て川コースを歩き出したが、パーカー着たらよかったかなと思うくらい肌寒い。
それもそのはず15℃である。沖縄県民だったらダウンを着る温度である…って話をどこかで読んだな。いや、誰かに聞いたんだったか?たくくかな?

黎明の北川。土手道は暗くて、スマホ画面を見ながら歩くと目が暗闇に慣れずに危ないので、音楽を聴きながらひたすら歩く。今朝はKISSのライブ聞き倒し。夜明けの時間に聞く音楽じゃない気はするが。

だんだん明るくなってきたが、まだまだ暗い。この時間帯に合う音楽ってないだろうか。
結局家を出て40分ほどたってからスマホ画面を見ながら歩けるようになってきた。
自宅→北川左岸土手→府中橋→道の駅→県立図書館→小浜駅→小浜病院付近→ショッピングセンター→竹原橋を経て多田川沿いの自転車道へ。

ようやく日の出だ。城内橋と西津橋を渡り、二番町(わかるかなあ。江戸時代の通りの名前です。ファミリーマート山手店の裏手から志保重に至る道)を通って7時ちょっと前に帰宅。
猫をケージから出して遊ばせつつ朝食をとってデスクワークといういつもの朝の風景である。
ここでもう一日の半分は過ぎたような気になってくるのだが、今日は上根来の利用者対応をしなければならない。8時前に家を出て、津島名水でウォータータンクに水を入れ、上根来に行き、小浜駅で11月前半のセミナーツアーの切符を購入し、ちょうど9時を過ぎたので開店して間もないウスノ君の店に行って時計の電池を替えてもらった(ノエルゲンのスマートウォッチだが、メール着信通知やミュージックコントロール機能を切ったら電池寿命が2ヶ月から半年に延びた)。電池交換の間店先でぼんやりしていたら、超ひさびさにばたやんに会った。なんだか10年ぶりくらいの気がする。嘘です。^^
帰宅してまだ9時半。少しデスクワークをするも一仕事も二仕事も終えた感が強く、ぐたーっと1時間ほど過ごし、思い立って猫の遊び場をあれこれ手を入れたり少しデスクワークしたりしてぐだぐだと午前中を過ごした。
午後に至っては何をしていたのかあまり記憶にないくらい非効率的な時間を過ごした。まああまりがんばると人間しんどくなるから、一日の生産量を確保すれば、ぐだぐだする時間が多少あってもいいじゃないか。ね?

2021年10月15日金曜日

日向夏

朝方がぐっと寒くなった。今朝は15~16℃くらいだったのではなかろうか。Tシャツの上にユニクロのポケッタブルパーカー、つまり私が持っている中で一番薄手のパーカーを羽織って出たのだが、ついに脱ぐことなく帰宅した。

青井のあたりは放射冷却のようだ。今朝は遠敷峠も雲海が出ているだろう。
RCCM添削+一次試験模擬試験問題作成+口頭試験セミナーテキスト作成+母の通院などでバタバタしつつ、猫に癒やされ一日を過ごした。

今日は階段の上にベビーゲートを設置。たまーに二階廊下に脱走してそのまま一階に駆け下りて、一気に玄関や親世帯へ…という事態を防止するためだ。朝寝ぼけて自分が引っかからないようにしないとな。^^;

ところで話は突然変わるのだが、最近好みのチューハイを見つけた。
サントリーの「まるごろ日向夏」。アルコール度数は7%だが、何といってもぜんぜん甘ったるくないのがいい。大学院生の時に登場した「タカラcanチューハイ」に感動した記憶が強く、最近のチューハイはとにかくジュースみたいに甘ったるくて、しかたがないのでシンプルなチューハイにシークァーサーを混ぜて飲んだりしていたのだが、ここにきて理想的な味に巡り会った。嬉しくて24缶入りの箱を買っちゃいましたよ。
もうビールとこれがあれば言うことなしですね。

2021年10月14日木曜日

今日も早朝徘徊

今日もじじいはじいじは妙に早起きしてしまって、5時10分に徘徊に出たのでありました。

(以下、小浜の人にしかわからぬ内容だと思われる)まずは我が家から東進ののち南に向かい、こうのとり大橋北詰から丸山橋を渡る。5時26分だが気温は19℃。寒いかなと思ったので薄手のTシャツの上に半袖シャツを着てきたのだが、これならちょっと厚手のポロシャツでよかったかな。

北川左岸の土手を上流側に向かって歩き始める。日の出が近いが周りは暗い。

ぐんぐん明るくなってきた。この時点で5時40分である。この程度の明るさになってくるとスマホ添削を始められる。これより暗いとスマホの明るい画面との明暗差がありすぎて足下が見えず危ないのだ。
広域農道に行き当たるまで土手を歩いて右に折れ、道の駅近くで小浜上中線に出て、そこから小浜方面に向かい、南川大橋を渡って右に折れ、駅前町のローソンで朝食を買って、ケーズデンキ→小浜病院裏→ショッピングセンター→竹原橋→多田川沿いの自転車道→西津橋を経由して帰宅。いや、朝からけっこう歩いたな。

猫たちをケージから出してデスクワーク。相変わらず電灯ヒモで遊ぶ伊織と鈴。その傍らで朝早くからたっぷり徘徊したじじいじいじは爆睡してしまったのでした。

2021年10月13日水曜日

パンツを濡らしたじいさん

今朝は雨かな?と思っていたが何とかなりそうだったので傘を持って夜明け前の海岸通りに行ったら、予想通り雨が降ってきた。しかし今日はクラウドファンディングで買った強くて大きい折りたたみ傘を持っているのだ。おかげでほとんど濡れずに歩けた。
やがて雨がほぼやんだので傘をたたんでケースに入れてベルトに下げていたら、なんてことだそのケースの持ち手部分が壊れて落ちてしまった。おまけにケースの縫い目から水がしみ出してズボン、もとい、パンツが濡れてしまった。(…私のような昭和30年代世代は「パンツが濡れた状態で外を歩いていた」などというともはや変態以外の何者でもないような感覚に陥ってしまうのだが)
ともかく、傘自体は極めて優れもので、スイッチひとつで開いたり閉じたりできて、さらに閉じるときは逆向きに畳まれるので雨水がしたたり落ちず、骨も多いので風に強く、直径も大きめで風があっても濡れにくく、さらには持ち手の底部分にLEDライトが付いているので日の出前徘徊にはうってつけなのだが、まさかケースに問題があるとは思わなかった。
そこで朝のデスクワークがひととおり終わって母をデイサービスに送り出したらすぐにホームセンターに行ってホルダーを購入。これで週末の雨にもばっちりである。

本棚に板を差し込んで階段っぽくしてみたら、早速使っていた。日々変化があって面白いだろうな。

棚の上にちょっとした遊び場。これでひとしきり遊んでいる。

やはり猫は夜行性なのか、夜は元気になる。そろそろ寝ようかとエアコンを止めたあとの動作音にやたらと敏感に反応していた。

2021年10月12日火曜日

上根来を楽しんで

先週、上根来の与左衛門が利用ラッシュだったので片付けに行ってきた。

与左衛門の横の草を刈ったところに焦げ跡が3つ。UFOが着陸したのではない。ドラム缶風呂を楽しんだ跡である。
コロナの第5波が終息してきた中、これまでため込んできたものがあるのだろう、誰もいない「究極の密ではない環境」で思いっきり開放感を感じたいと思っている人たちが多いのだろうか、とにかく先週はラッシュであった。

小浜は第4波も第5波もほぼ無風であったから、私は旅先以外ではほぼマスクなしの生活を送れたが、都会の人たちはさぞかし息が詰まったろう。
上根来で開放感を楽しんでいただければ何よりである。

一日ひとつ猫写真。今日は窓際が好きな伊織。


 

2021年10月11日月曜日

朝に力を使い果たす

最近すっごい早寝早起きになってきて、22時~2時の成長ホルモン分泌時間帯にはほぼ寝ている。これからまだ成長するかもしれない。^^;

今朝は5時前に目が覚めてしまって、仕方がないので歩き出したが、海岸ルートの折り返し地点まで行っても阿納峠の向こうにまだ日が昇っていない始末である。

仕方がないので川ルートのほうまで足を伸ばして、ようやく日が昇ってきたので家に戻ったのだが、なんてことだ朝から8km以上歩いてしまった。朝の7時からもうヘトヘトである。
このまま11月に突入したら、口頭セミナーで行く先々で徘徊して回らなければならないハメになる。いや別に徘徊しなければならないわけじゃないんだけどね。

日中はまだまだ暑いというのに、伊織は最近毛布が気に入ったらしく、尻尾だけ出して毛布に潜り込みグルグル言っている。

そのかたわらで暑いじゃねーかよ、なんで毛布なんかに頭突っ込んでんだよと呆れて床にぐでっと寝そべる鈴である。

2021年10月10日日曜日

暑いぞ

まったく何なのだこの暑さは。10月も10日になったというのにTシャツ1枚で早朝徘徊ができる。

日の出の時刻にこの気温である。まあTシャツ1枚での徘徊にはちょうど気持ちいい気温で、その点はありがたいのだけれど。

夕方、日が落ちてもまだ25度以上ある。衣替えなど論外である。
ところが丸亀製麺はもう「冷やかけ」はやっておらず、8番らーめんも冷麺をやっていない。そういえば汗をふきふき長袖スーツを着ている滑稽な人が少なからずいるな。なんだかなあ。^^;

2021年10月9日土曜日

ご成長ありがとうございます

年寄りなので今日はいつもより早く目が覚めた。こういう日は朝の徘徊コースがちょっと長くなる。

Tシャツ1枚でなんとかしのげる程度であまり寒くはないのだが、それでも放射冷却で霧が出ている。

今日も鳥越山から霧が流れ下ってくる。こりゃあ国富はまた霧の中だなあ。

…と思ったら国富だけでなく、小浜平野全体が雲海の中にあるようだ。

帰宅していつもの朝の時間を過ごしているとき、ふと伊織の写真を撮って改めて驚いた。

いやだって、ほんの1ヶ月前がこれですよ。成長半端なくないですか?

2ヶ月前に至っては猫ちぐらの中に2匹まとまって収まっていたのである。今や1匹だけでも窮屈なのに。
我が家にやってきてまだ2ヶ月ちょっとなのにこの成長ぶりには驚くばかりだ。
というか、この2ヶ月ほどの間に我が家の生活が大きく変わったことに驚く。そう考えてみれば、やっぱり伊織と鈴は家族なんだなあ。

2021年10月8日金曜日

猫の遊び場は拡張する

今日は川コースで朝の徘徊。東の空がよく開けた方角なので、これもまた気持ちがいい。

コスモス畑と秋の高い雲の向こうに遠慮がちな朝日が上るのだが、それでもみるみるうちに空気が暖まってくる。やはり太陽は偉大である。
帰宅して朝メシを食いながら事務作業をして一段落したら、今日は本棚まわりの猫遊びスペース作りだ。

猫部屋と物置の間のドア(といってもホームセンターで買ってきたメッシュパネルを蝶番でドアみたいにしただけだが)の上の屋根裏梁のスペースに1×4材で匍匐前進できる通路を設置。

本棚側には電灯ヒモで遊べるように棚板を2枚設置。チェストの重みや本を詰め込んで固定してあるだけだけどね。
本棚の上にはダンボールのミニ迷路と爪とぎを置いた。

匍匐前進通路を渡った先には使わないテーブル類を立てかけてあるのだが、ここにもダンボール迷路を置いたりして、テーブル類のすき間で遊べるようにした。ここにはちょっとジャンプすれば行けるようにしてある。

早速こんな感じで遊んでます。そのうち飽きたらまた別の仕掛けを作ろう。

夕方、歩いて駅前方面へ。日の入りがすっかり早くなり、6時前にはもう夕闇が落ちてくる。

浜照でのんびりと。今日は多摩ちゃんが小浜に来ているので、ちょっと遅い時間に会食することにしたのだが、30分ほど早く入店して、久々の一人居酒屋を楽しんだ。最近は新規感染者も出ていないので、小浜のお店は安心だ。

気持ちよく酔って帰路につく。天気もいいからだろう、金曜日の夜の小浜はけっこう賑わっていた。(小浜にしては、だが^^;)


2021年10月7日木曜日

実りの秋

もう10月なのに早起きが続いている。去年は暑い季節を過ぎたら早起きはやめて、9時前にのんびり徘徊していたのだが、今年は少々肌寒いのを我慢してまで早朝徘徊している。
まあなんというか、やめたらなんとなく悔しいような気がしてズルズルと続いているのだろうな。^^;

今朝も西の空に朝焼けが映って夕焼けのようになっているのを眺めつつ徘徊。早朝にはイーグルスのTatke It Easyが似合う。

今朝も放射冷却で国富から鳥越山を越えて霧が流れ込んでくる。早朝でないと見られない光景だな。

猫たちがあまりにも電灯ヒモに執着するので本棚に板をツッコんで本で押さえて張り出し足場を作った。ただここに到達するためには本棚の上に上らないと行けないので、私の体を爪を立ててよじ登るのである。Tシャツ1枚にこれはキツイので、自力で本棚の上まで上れる仕掛けを考えるとしよう。

与左衛門利用者の対応で上根来へ。落葉シーズンまっただ中で、私の好きな光景になってきた。もうすぐ紅葉になって、いっそうきれいになる。

ナツメも少しずつ熟してきて、美味しくなってきた。これをポリポリ食べながら作業するのが気持ちいいのだ。

ヤマナシもまだたわわに実っている。木の近くに来ると梨の強い臭いが漂ってくる。このヤマナシは確実に栽培種の梨より香りが強い。

道に熟したヤマナシが落ちているのだが、いろんな虫がたかっている。スズメバチがすごく多いが、これって助太郎の屋根裏の巣から飛んできたのかもしれないなあ。

与左衛門や助太郎を「スズメバチがいるけど気をつけて利用してくださいね」というだけで済ませるのも、私などはそれは当然でしょうと思えるのだけれど、今日びそういった自然のリスクに疎い人も多いので、実はスズメバチ対策を講じている。誘因毒エサを助太郎の回り2箇所に設置してある。
ただ今日も相変わらず助太郎の屋根裏へ出入りできる穴からはたくさんのスズメバチの出入りがあるので、どうも効いていないっぽいな。^o^;

2021年10月6日水曜日

寝相も様々

RCCM試験対策が峠を越え、猫部屋のDIYも一段落して、けっこう時間が取れるようになってきた。こういうときに「これまでバタバタしていたのだから、少しくらいゆっくりしてもいいだろう」みたいな気分になってダラダラ過ごしてしまい、次の段階(とりあえずは口頭試験対策ですな)直前になってあたふたするのが私の悪い癖である。まあつまり怠け者なのだ。
さすがに還暦を過ぎれば人間多少は成長する。というか、懲りる。
ということで、今日から「まだ時間があるからやらなくてもいいかあ」と思っていたいろんなことに着手した。
言い換えれば、これまでは直前になって尻に火が付いてからガーッとやって何とかしのげたのだが、そろそろその馬力が自分でも不安になってきたのである。^^;

それでも合間を見て猫部屋に手を入れた。ダンボールを組み合わせたダンジョンがちょっと見苦しかったので…

古いタオルケットを使って覆ってみました。色のセンスがどうなのよという気もするが、これと水色しかなかったのでこれにした。いかがだろうか。

一段落付いたので近所のスーパーに酒を買いに(^o^;)出かけた。ふと見たら、いつの間にやら空がずいぶん高い季節になっていた。

猫たちは相変わらず元気で、今日も電灯ヒモをがじがじやっていた。あと2~3回切れるんだろうな。

そして遊び疲れたか、鈴は私の仕事椅子で寝てしまった。仕事ができないのでソファに寝っ転がってスマホ添削をしていたら私まで寝てしまった。

一方伊織はなぜそんな格好で?と思うようなポーズで寝ていた。こうして見るとシンガプーラって足が長いね。

2021年10月5日火曜日

CBT試験やテレワーク

今日も暑い一日であった。与左衛門には連日の利用者。こういう季節は気持ちいいだろうな。
RCCM試験も中盤にさしかかり、すでに受験を終えた人も多い。CBT試験って面白いなあと思う。紙の問題用紙・答案用紙の一覧性やランダムアクセス性などのテクニカルな問題さえクリアできれば、確かに自由度の高い良い方法だと思う。在宅での受験もカンニングのリスクをかなり低減してすでに実施されているものもあるようだし、「先に受験した人から問題を教えてもらう」というズルはランダム出題によってクリアできるから、これからはどんどん主流化していくのかもしれないな。

テレワークも専用ソフトやデータベースの問題、コミュニケーションの問題などがかなり改善されてきたようだが、コロナ禍の中でかなり無理をしてテレワークを進めたことが奏功しているようだ。どんなことでも新しいことをやろうとするとリスクがあるもので、それを承知の上でエイヤッと踏み出さなければならない時もあるのだろう。そこで一段階上る努力をした者が先に行く、「テレワークなんてダメだよ」と安易に結論づけて先祖返りしてしまった者が残されていくんだろうな。

伊織と鈴は最近物置の電灯ヒモが好きなようで、私の肩まで駆け上がって(爪を立てて上ってくるので痛くてかなわん)ヒモをひっかいたりがじがじやったりしているうちに、とうとう切れてしまった。結んで継いだのだが、今日もヒモで遊びたいとねだるので、板の上に乗せて遊ばせているアキラメ顔の私です。^^;


2021年10月4日月曜日

久々に外で飲みました

今朝は一転して暖かく、Tシャツ1枚の夏の装いで早朝徘徊ができた。何でも日中の最高気温は32度にも達したのだという。

凪いだ水面に映るのは朝焼けに染まる西の空である。

猫たちは今日も元気に遊び回る。輪ゴムひとつでしばらく遊んでいた。人間の子どもも、拾ってきたようなもので長い間遊ぶよね。
上根来に与左衛門利用者があって対応していたら夜になってしまったので、久々に夕食は外飲み。散々飲んでふらふらと歩いて帰宅。こういうの久々だけど、人生の楽しみのひとつなんだよな。