2021年7月24日土曜日

会津堪能

5時過ぎ起床。夏だけの早起き癖だが、せっかくなので早朝の会津若松のまちを歩くことにした。もちろん徘徊添削しながらであるが。

早朝の会津若松市。ウォーキングをしている人たちとすれ違うが、7割くらいの人はマスクをしていない。十分にソーシャルディスタンスは取れているのだから当然のことで、常識的な人が多いことにほっとする。マスク警察もいないようだから安心だ。

造り酒屋がある。こういうの、いいなあ。

鶴ヶ城。正式には若松城というらしいが、戊辰戦争の舞台である。本来は赤瓦であるらしいのだが、朝焼けのせいか色がよくわからない。本丸の中には早朝から市民がたくさん集まって憩いの場になっているようだ。

石垣は凝灰岩。笏谷石だろうか?細工がしやすい石だから切込接もあちこちにあって、ぴったり組み合わさっている。せん断面が通っているように見えるのが気になる。福井城を思い出した。

帰路、「神明通り商店街」というアーケード街があった。どんな商店があるのかなと興味深く見ながら歩く。

何やら「妖怪市」というのを開くらしい。コロナ禍の中だか影響は小さいらしく、マスクをしている人もあまりいなくて、平和なまちだなあと嬉しくなる。

9時すぎから喜多方市の金川寺八百比丘尼のメンバーである五十嵐さんに案内してもらって周遊。これは猪苗代湖からつながっている洞門だそうで、まあつまり導水トンネルだが、白虎隊がここを通って最期の地に集結したらしい。

さざえ堂という面白い建物にご案内いただいた。3層の建物だが、階段ではなくらせん状のスロープで上る。下りは別ルートのスロープで、まあつまり立体駐車場の上りと下りが別ルートになったスロープですね。江戸時代に非常に珍しいので国指定の重文になっているらしいが、土足で入れるのにはたまげた。

白虎隊自刃の地。近くに隊士の墓碑が並んでいた。

鶴ヶ城を望むこの地で自刃して果てたとのことである…が、お城はどこだ?

何か方向の案内板のようなものは…と見回すと、近くに「白虎隊士石像が望んでいる方向が鶴ヶ城です」とあった。って、そんなアバウトな…

しばらく見ていたのだが、どうやら画面中央やや右の細長いアンテナ塔のようなものの向こうが鶴ヶ城らしい。

実は私は今回が会津若松に来るのは3回目なのだが、これまで猪苗代湖も磐梯山も見たことがない…と言ったら、じゃあ見に行きましょうということで猪苗代湖を望む丘陵地へご案内いただいた。
日本で4番目にでかい湖だとか。1番は琵琶湖で、2番はたしか霞ヶ浦、してみると3番はサロマ湖あたりか?

磐梯山は雲の中であったが、よく見ると雲の間からほんの少し山頂付近が覗いている。


喜多方市の金川寺に立ち寄って、絶品の喜多方ラーメンを食って、県立博物館へ。
企画展のテーマは「あはひのクニ、あやかしのクニ~ふくしま・東北の妖怪・幽霊・怪異~」。
この一角に金川寺の八百比丘尼資料が展示されている。八百比丘尼妖怪扱いかよと思うかもしれないが、私はしっくりきた。あの世とこの世、彼岸の此岸の境界あたりのぼんやりしたゾーンには不思議なことが起こるものだという感覚、これが日本独特のものなのか、形を変えて世界共通で、つまり人類共通のものなのかはわからないが、夜に真っ暗な闇があった時代に、その闇の中には人知の及ばない、この世にあらざるものがいる、あの世とこの世の境界があいまいになるということを信じる感性というのはけっこう好きである。死とか寿命とか病とか、人知の及ばざることが我が身や近しい人たちに降りかかる人生を送る中で、古今東西人間は救いを求め続けてきたわけだが、そういった思いの息づかいのようなものが、八百年(あるいは∞)生きた尼僧という伝説あるいは伝承の中に感じられるではないか。

夕暮れ時になった。かなり晴れてきたが、それでも磐梯山は姿を見せてはくれない。
夕食は今日も郷土料理と酒を堪能した。
金川寺ご住職と五十嵐さんに心からの御礼を。本当にありがとうございました。
フロにも入らずベッドに倒れ込んで熟睡した。

2021年7月23日金曜日

今日から会津です

今日から2泊3日で福島・会津へ。一昨年の八百比丘尼フォーラムに来てくれた喜多方市の金川寺にある八百比丘尼立像等が福島県博物館の企画展に出展されているというので、御礼を兼ねて行くことにした。

今回も北陸新幹線経由で。往路の特急「しらさぎ」は例によってガラガラ。こりゃあ、またしてもずっとガラガラだなあと思っていたら…

北陸新幹線の「はくたか」は意外と乗車率が高い。グリーン車で7割くらいか。1人か2人しか乗っていないときもあったから、ずいぶん賑やかになった。車内販売も復活したみたいだし。

大宮から東北新幹線、郡山から磐越西線を乗り継いで19時前に会津若松駅に到着。早速金川寺ご住職とT山さんの3人で夕食。棒鱈の甘露煮、イカにんじん、ニシンの山椒漬、そして漬物。福島県って太平洋に面しているから「太平洋側」のイメージがあるが、会津は新潟市に注ぐ阿賀野川流域である。ちなみに中通りの白河-郡山-福島は阿武隈川だから宮城県に注ぐ流域になる。まあそんなことで、会津は北前船が会津の手前の新潟県津山・三川くらいまで入ってきていたようで、会津藩領地もそのあたりまであったし、どうも新潟県と結びつきが強いようだ。棒鱈やニシンの山椒漬けなどの海産物はどちらから来たものなのだろうか。

そして会津の郷土料理の代表的なものがこの「こづゆ」。干したホタテとシイタケのダシが何とも滋味溢れる味で、すごく気に入った。キクラゲがまだ美味い。
初日から酒と郷土料理を堪能して幸せに眠った。

2021年7月22日木曜日

猫が我が家にやってきた

我ながら三日坊主にならずに早朝徘徊が続いているのには感心である。典型的な夜型人間なのだが。

毎朝見ている早朝の光景だが、それでも見飽きずに写真を撮ってしまう。

ツリーハウスのプールも4連休を迎えてやる気満々である。
そんな中、今日は尾張一宮までドライブである。観光ではない。女房が猫を飼うことになって、引き取りに行ったのである。
まあ子どもも巣立ち、仕事も一段落して、昔から猫が飼いたいと言っていたのでいいのではなかろうか。
予定より少し遅れて帰宅。取るものも取りあえず、テリオスに乗り換えて上根来へ。明日から与左衛門利用者が来るので掃除しなければ。

親の敵のようにセイタカアワダチソウを中心とする草っ原を刈りに刈った。
さらに貯水タンクにまたもトラブルがあり(前回同様砂濾し器が目詰まりしていた)、5時頃には山を下りる予定が7時前までかかってしまった。

上根来が夕暮れの光をまとい出すころにようやく帰路についた。明日から短い旅に出るので、今日なんとかしておかないとやばいのである。
帰宅すると猫ちゃんが我が家に来ていた。
名前は「イオリ」だという。「庵」か?と思ったら、バイオリンのイオリだという。意味がわからんが、まあいいか。

2021年7月21日水曜日

最強の左腕

早速に昨夜からワクチン接種した左肩が痛いが、まあこれは1回目も同じで、抗体が作られつつある証だから喜ばしいことである。もう我が左肩周辺は最強である。^o^

ワクチン接種した翌朝から大丈夫なのかと家人に心配されつつ早朝徘徊は快調である。マリーナでは6時を待ちきれないとばかりに海に出て行くプレジャーボート。
午後、RCCMのWeb講義。Web講義のこととて手応えはないのだが、自分としては悪くはない出来であったと思う。

夜、やはり左肩の痛みは1回目より若干顕著なようだ。また若干だが体がだるいようにも思う。ただ夕方、西日の中で屋外作業をしたからそのせいかもしれない。
まあとにかく早々に寝ることにする。


2021年7月20日火曜日

ツバメ群れ飛ぶ

今日も早朝徘徊。朝はまだ涼しいので徘徊添削が進む。

今日も凪いだ小浜湾は湖のようだ。
午前中、「お日様カフェ」にプロジェクターとスクリーンを持って動画鑑賞会。
午後はコロナワクチンの2回目接種。これで私も世界最強だ。^o^

夕食後、夕焼けを楽しみに再び徘徊添削。ここ数日、添削は外で歩きながらやるものと決めているような状況だ。

去年教えてもらった「ツバメのねぐら」が今年も始まりつつあるらしい。だんだんツバメが集まりだしているらしい。これからが楽しみである。


2021年7月19日月曜日

朝焼けの光の中に立つ影は

今日も早朝徘徊。ただ去年は自然と目覚めていたのが、今年は目覚まし時計の世話になっている。

朝焼けに照らされる山と小浜の町並みをバックに船出を待つプレジャーボートの光景はけっこう好きである。

一日バタバタと動き回ったりデスクワークをしたりして過ごし、夕食後に再び浜に出てみればきれいな夕焼け。日本海側なので海の朝焼けは見られないが、夕焼けは一級品だと思う。知床のように奇跡と言えるような確率でしか夕日が見られないのと違って毎日見られるし。^^


2021年7月18日日曜日

夏を満喫する舞台

梅雨が明けて、さすがに暑くなってきたので、今日から早朝徘徊してみることにして、タイマーを6時半にセットしておいた。5時半に起きられたら1時間ちょっと徘徊して7時前に帰宅できるので母の朝食が作れる。6時半に起きられても母の朝食をちょっと早めに作れば、何とかまだ暑くならないうちに歩ける。
そうすると人間面白いもので、起きられたらいいなと思っていた時間に目が覚めたりするのである。久々に5時45分に家を出た。

朝6時過ぎだというのにプレジャーボートがどんどん海に出て、プールとスライダーやカヌーなんかが並んで、もう海を楽しむ気満々の海岸通りである。

テントが立ち並び、かき氷なんかを売るコンテナショップもあったりして、夏を満喫するぞ的な気配が満ちる。

ツリーハウスにもスライダーがあって、子どもたちの嬌声が聞こえてきそうである。
こんなに近くに住んでいながら、コロナ禍前にはここの夏の風景を見たこともなかった。
今年はそれが見られそうで楽しみだ。

2021年7月17日土曜日

夏の週末だ

梅雨も明けて、夏らしい(と言ってもまだまだ気温は高くないが)週末。

当然ながら、夏の海に人が集まってくる。釣りに興じる人たち、プレジャーボートで釣りに出る人たち。コロナなんて意識しないでいい広々とした空間で週末を楽しんでほしいものである。
今日は久々に特に予定のない日なので、デスクワークと徘徊添削とヒルネのローテーション。

早めの夕食のあと、夕焼けを楽しめる時間帯に徘徊添削。だんだん涼しくなってくるこの時間は気持ちがいいものだ。

2021年7月16日金曜日

小浜でメンメ

いつも海岸通りばかり歩いているので、たまには山のほうに行ってみようと思って「大学山」(鳥越山)方面へ。

福井県立大学小浜キャンパスに行くための市道なのだが、木陰も多くて風が通って涼しい。

歩道に小さなヘビの死骸。シロマダラだと思うのだが。あまり個体数も多くなく、滅多に見ないヘビだ。
一汗かいて徘徊添削も進み、午後はRCCM試験のWeb講義。これからはRCCMの講義が主体になってくる。

夕方から道の駅で会議があるのだが、終わった後飲む気満々で、再び徘徊。北川の土手道が川風をあびて気持ちよい。

終了後、いつもの浜照でマスク会食^o^。ちょうど海魚のない時期なのであちこちから仕入れているらしく、キンキがあった。脂がのってうまいが、そりゃあ知床で食った方が美味かろう。今年行けなかったから、なおのこと悔しい。
ここに来るとついつい日本酒を飲んでしまう。いい気分でふらふらと(今度こそ徘徊に近い状態で)帰宅。
いやあ、やっぱり人間、たまには飲みに行かないとね。

2021年7月15日木曜日

ローズヒップティー

梅雨明けしたとはいえ、まだ気温はそれほど上がらない。ただ湿度が高い。
こういう時は海風が気持ちいいものである。


いつもの海岸通りに出てみると、なにやら赤い果実が見えるではないか。

近づいてよく見るとハマナスだ。子どものころからけっこう見慣れた実であり、果実はパサパサで美味くもなく、タネばっかりだから興味もなかったのだが、これってローズヒップなんだよね。恥ずかしながらこの年になって初めて知った。
夕方女房ともう一度浜を歩いた時に今度は得意げにこれってローズヒップなんだよと訳知り顔で教えたら、女房はローズヒップティーを作る気満々になってしまった。
いずれローズヒップティーが食卓に並ぶ日が来るのであろうか。^^;

2021年7月14日水曜日

夏が来た!

北陸地方が梅雨明けした。例年より早いのではなかろうかと思う。

早速夏の景色を見に行こうと海岸通りに出てみるとくっきりはっきりした色彩で、昨日までの薄ぼんやりとした景色とはっきりと違う。

ぺたんと凪いだ小浜湾に元気な雲が映っていて、子供の頃からこういった景色を見ながら海で泳いだのだなと記憶がよみがえる。なんだかウキウキしてくるけれど、このトシになって泳ごうと下手に海に入ると、入水自殺をしようとしていると勘違いされて救助されるといけないので注意しなければならない。

この前からずっと見ていたツリーハウスが滑り台だのプールだのを備えて子供たちの歓声を待っている。

夏休みになってここに飛び込む子供たちの歓声が聞こえるのだろうか。楽しみだ。
何やらコロナの感染者が増えただのどうだのと騒いでいるが、リスクの高い高齢者がほとんど感染していないのだから(ワクチンを打っているのだから当たり前なのだが)、実は峠をとっくに越えている可能性が高いと思う。 それではマスコミはニュースのネタにならないだろうし、ネットで騒いでいる連中もネタがなくなってしまうから、新規感染者数だけ大騒ぎして重傷者数やベッドの占有率などは見事に語られなくなった。まあ世の中はこんなもので、自分で判断して行動できる人間と、ワイドショーやネットに引っ張られてしまう人間と、どちらに自分がなれるかという話なのである。

午後、上根来で NHK の番組ロケの打ち合わせ。いろんな人が上根来に来たけれど、今度はパックンマックンらしい。 廃村だと思われてしまいかねない(いや、実際行政上はそうなってしまったのだが)この集落で、まだしぶとく頑張っている人たちがいるのだということが世の中に少しでも伝えられるのであればいいことだ。 

2021年7月13日火曜日

そろそろ徘徊は危険

近年、梅雨明け前のほうが秋の台風より怖くなってきた。
気圧配置的に太平洋側から暖かく湿った空気が流れ込むから、線状降水帯ができるのは太平洋側だけなんじゃないかと思っていたら、島根鳥取が大変な状況である。
というか、よくよく考えてみたら平成16年福井豪雨だって7月の梅雨前線がもたらした災害なんだよなあ。
確率的には太平洋側のほうが危ないというだけで、安穏とはしていられないんだなと再認識。

雲は夏の雲とまではまだいえない。それでも暑い。蒸し暑い。少し歩くと汗だくである。
そろそろ真っ昼間の徘徊はやめたほうがよさそうだ。川の土手でじいさんが行き倒れていたなんてニュースは御免被りたい。
そんなことを考えながら土手の上を徘徊添削していてふと気がついたのだが、今日はやたらと目立つ緑のシャツを着てきた。スポーツ系でよくある蛍光色っぽい緑ですね。
これって万一の時に見つけてもらいやすいようにと、無意識に選んだんじゃなかろうか。
…うーむ、もう少しすると帽子に電話番号を書いた紙を挟むようになるかもしれないな。


2021年7月12日月曜日

頑張れコウノトリ

ちょっと早めの時間に海岸通りを徘徊。これから暑くなってくるから、早朝徘徊が増えるかもしれない。

土曜日に若者たちが掃除していたバンガロー的なところはテーブルとテントが設置されてやる気満々である。夏を満喫する若い人たちであふれる場になるといいな。

この滑り台はどうするのだろうと思っていたところにプールができて水が張られていた。子供達が孫を連れて夏に帰って来てここで矯正をあげるのは来年だろうか。楽しみである。

まだ梅雨が明けきっていなくて、風景の中に湿度が見て取れる。実際今日も午前中にまとまった雨が降って、せっかく再開した我が家の外壁塗装が中断していた。

午後、美郷小学校に望遠鏡持って行った。巣立ち間近なコウノトリの人工巣を子どもたちが観察したいということで、10年以上前の日食の時に市民から寄付してもらった望遠鏡がついに日の目を見た。

T=910mmの屈折望遠鏡に12.5mm接眼レンズを組み合わせてみた。これは接眼レンズにスマホのカメラをくっつけて撮った写真だが、ちょうど一羽が羽ばたいて50cmほど飛び上がっていた。うーむ、巣立ちは間近だ。

一番短焦点のオルソ6mmにしてみた。910mm÷6mm=152倍である。
雛が2羽しかいないように見えるが、左側の一羽の向こうにちょうどもう一羽が重なっている。三羽とも元気に育ってほしいものだ。
そして私の密かな願いを言うなら、こういった経験を通して一人でも二人でもいいから科学に興味を持ってほしい。理科が好きな子供が増えると本当にいいなと思う。 
世の中にはいろんな不思議なことがあって、ところが科学でそれを解き明かすと不思議でもなんでもなく、ちゃんと理屈が通った必然の世界がそこに広がっているのである。世界がパッと広がって一度にモヤが晴れたような、そういう感動を一度味わうと結構病み付きになるのですよ。