2021年2月16日火曜日

オマエは誰だ

オソロシイことが起こった。
寝不足で頭がボーッとしつつ母をデイサービスに送り出し、ほっとして家に戻って、ヒゲがずいぶん伸びたなあと思って、バリカンをあてた。
ヒゲ用バリカンは、バリカンの刃と肌の間にスペーサーがあってヒゲを好みの長さで刈り揃えられるようになっているのだが、いつものようにバリカンを当てると妙に痛い。

なんてことだ、スペーサーが外れているではないか。バリカンがもろに肌に当たって、だから痛かったわけであるが、おかげでほぼ綺麗にヒゲがなくなってしまった。
仕方がないから全体を刈り揃え、模擬面接なのでZoomを起動してみると、

オマエは誰だ?というような男がいるではないか。10年以上前の自分に(髪の毛は白くなったが)再会した。
この際、ヒゲとはおさらばして、また生まれ変わった自分路線でいくかなあとも思ったが、やっぱり生えてくるのを待つことにした。

こういう日に限って会議が入っている。文化財保存活用の委員会が市役所である。
ところがマスクをしていくものだから、誰も気がつかない。今日は若狭坊もなかの君もいたのだが、誰も何も言わなかった。気がついていないのか、あるいはおかしいなと思いつつ何も言わないのか。
帰宅して台所に立っていると女房が帰ってきた。気がついてくれないと傷つくので自分からカミングアウトしたら、いくぶん若返ったとコメントをいただいた。^^;


2021年2月15日月曜日

10分でも夢を見る

月曜日は女房が在宅なので、朝から模擬面接を入れた。朝9時から夜10時まで、昼食と夕食の時間を挟んでびっしり9人。
受け付けているときはこんなに大変だとは思っていなかったし、第一受付枠がいっぱいになんてならないだろうとたかをくくっていたのだが、甘かった。
そこへ持ってきて2021年度受験生はばんばん添削依頼。

模擬面接の合間にスマホのタイマーをかけてソファで横になり、10分だけ熟睡するという器用なマネができるようになった。
人間はすごいもので、たった10分でこんなに長い夢を見るものなのかと思う。

2021年2月14日日曜日

Webだと飲み会にもいけないToT

午前中、怒濤の模擬面接を終えて昼メシをかきこみ、午後はSUKIYAKI塾大阪の準備講習会。さらに個別指導。Web越しとはいえ、充実した時間。

さあ、終わったから新大阪駅東口に繰り出して…はできないので、せめてWebで飲み会…と行きたいところだが、夕食を挟んでまだ模擬面接は続く。

さらに模擬面接が22時に終わったあとも、各種資料作りが続く。
眠いぞー!


2021年2月13日土曜日

憩いのソファ

週末は朝から晩まで模擬面接である。9時から3人、13時から4人、20時から2人。合計9人である。

さすがに寝不足で、時々部屋尾ソファでダウンする。器用なもので、10分だけ熟睡したりする。スマホのタイマーを多用している

2021年2月12日金曜日

今日も引きこもり

平日は母の世話もあるので模擬面接は午後からにしている。
夕方になると女房が帰ってくるので食事などは任せられるのでいいのだが、午前中はいろいろ家事があるからね。

といっても添削でほとんど部屋に籠もっているのだけれど。
うーむ、眠いぞ。

2021年2月11日木曜日

一日中模擬試験ToT

世間は祝日であるが、朝9時から夜までずっと模擬面接がびっしり。
12時~13時と16時~20時だけが休憩であるが、これらの時間は食事と添削にあてられる。
そして22時に模擬面接が終わったら、眠気の限界が来るまで添削。
睡眠時間がだんだんやばくなってきた。

2021年2月10日水曜日

再び引きこもりの日々

午前中に企業セミナーに関するWeb会議2件。
そして午後からは夜までひたすら模擬面接と添削。
他には何も書くことはない。家からは出なかったし、部屋からも少ししか出なかった。
今日オレは何歩歩いたんだろうか…^^;

2021年2月9日火曜日

雪など関係ない

朝起きたらやけに寒いので外を見ると白くなっていた。

まあでも部屋に籠もって模擬面接と添削だけやっているので、別に外に出歩かないから関係ないんだ。ToT
今週から来週にかけてがピークかな。


2021年2月8日月曜日

乗り継ぎ時間が長すぎて

9時前のしらさぎで敦賀へ。乗り換えて小浜へ…なのだが、乗り継ぎの待ち時間が1時間20分もある。なんなのだこれは。

仕方がないので添削をしながらアーケード街を徘徊。気比神宮にも立ち寄った。
昼前に小浜駅に到着、午後から夜にかけて模擬面接や添削にまみれて部屋に籠もった。

ぼうずさんから「どうだ、寒そうだろう」的写真が届いた。-24℃だそうだ。


2021年2月7日日曜日

迷走旅行は続くよ

今日は札幌に移動して講師セミナーのあと、夜のフライトで中部空港に飛んで、米原で宿泊というハードな移動である。

旭川駅前の朝は冷たいけれどいい天気だった。真白の道路がすげえなあと思って近付くと…

除雪というより切削した圧雪が瓦礫のように積み重なっていた。すげえなあ。

10時発のライラックで札幌へ、さらにエアポートで今日の会場がある新札幌へ、駅のあたりで昼食を…とライラックに乗車。さて間もなく出発と思っていたら、岩見沢のあたりで人身事故があって発車遅れますとアナウンス。
ふーんと驚きもしない私。すでに2017年11月、ほとんどデジャブかというような事例に遭遇しているのである。あれから3年ちょっとでまたもや人身事故でストップ。きっと北海道では日常茶飯事なのに違いない。
さらにその翌年の2018年11月には信号機が倒れて不通という事態に遭遇し、その翌日にはエアポートがまさかの2日連続運転支障、さらに翌年5月には帯広で猛暑の余りレールが曲がったかもという理由で運休(幸い私は直前の列車で帯広到着)、さらに翌日も猛暑であわや運休というように、JRが予定通りに動いていること自体が珍しいのではないかというくらいトラブルに遭遇している。

しばらく待っていたら、すごく素早い判断で「運休します。次の列車も運休します。この列車は回送します。間もなくドアを閉めます」と、思い切りよすぎないか的アナウンス。とにかく追い出されたので高速バスにまっしぐら。発車直前に滑り込んだ。

車内からぼうずさんに経過報告しつつ、もはや運を天に任せるしかなかろう的気分で窓の外の雪景色をボーゼンと眺めていた。
雪の中、バスも定刻運行は厳しかろうと思っていたら、なんと予定より10分ほど早く札幌駅に到着。すごいぞ高速バス。次回からはこっちだな。
すぐにエアポートに乗車。できたらバスか何かで移動したかったが、JR以外の移動手段を探している時間はない。奇跡的に定時運行で新札幌駅に到着。たずへいさんが迎えに来てくれていて、歩いて会場に移動。

講師セミナーは少人数だが皆さん熱心に聴講いただいてありがたかった。さらに2人の模擬面接。
さあ、終わった。喉も渇いた。でも何が悲しいといって、打ちあげがないんだよね。
今日札幌に泊まるのであれば少人数でささやかに食事にいくのだけれど、そんなことをすると明日、冗談みたいに早い時間か、夕方までオレ札幌で何すんねん的に遅い時間の飛行機しかないので。今日ただちに移動なのである。

nomuさんにお付き合いいただいて新札幌駅へ。今度も他の移動手段を検討する時間はなし。幸いなことに予定通り列車が来て、幸いなことに列車に飛び込む人もなく、信号機も倒れもせず、予定通り新千歳空港に到着。よかったよかった。でも次回からは可能な限りJRは使うまいと心に決めた私なのでした。^^;

空港でラーメンを掻き込む。前回の沖縄もそうだが、やたらと麺類に縁がある最近の旅だ。

夜6時半のフライト。人数も少なく、窓の外の形景色も真っ暗だから、落ち着いて仕事しようとパソコンを出したものの、ものの数分で眠りこけてしまった私なのでした。

中部空港から名鉄で名古屋へ。これが名古屋駅かと思うくらい閑散とした中を新幹線のホームへ。予定していた「こだま」より1本早い「ひかり」に乗ることができた。もともと自由席だし。遅い時間の自由席は意外なほど混んでいた。といっても乗車率は30%くらいだけど。

米原駅に到着して、寝酒と翌朝の朝食をコンビニで買って、駅近くの東横インにチェックイン。とりあえずフロに入り、窓から夜中の米原駅を眺めつつビールを飲む。
JALとJRに振り回された、なんともバタバタの旅だったなあ。…あ、ここで「だった」と油断しちゃいけない。明日の午前中、小浜駅に着くまでが旅だから油断しちゃいけないのだ。

2021年2月6日土曜日

変わらぬ旭川が好きだ

さて、今日は旭川セミナーである。コロナ禍の中、20人ほど参加してくれるそうだ。

ホテルの窓から見る景色は、一目で零下とわかる景色だ。でも今年は雪が少ないように思う。

ホテルで朝食。やっぱこれでしょとスープカレー。ちなみに帰りの新千歳空港でも買込みました。

セミナー会場の窓からの光景。「雪が少ないと思う」と言ったのを取り消させていただきます。^o^;

セミナーは、午前中が試験概要と出願対策、午後が筆記試験対策、さらにその後個人面談で、もうヘロヘロです。こういうときの喉の渇きは水じゃ潤せないのです。

で、わくわくしながら行ってみれば、昨夜と同じパリ街ではないですか。笑ったなあ。

旭川では毎年美味いジンギスカンが食べられる店に連れて行っていただいている。
なんだか昨夜と似たような光景が…^^;

なんとも美味いジンギスカンである。私はマトンのような野味溢れる肉も好きだが、こういった上品で美味いラムもたまらない。美味かったなあ。

そして二次会はいつものアコースティックバー。コロナ禍の中でもしっかり対策して営業しておりました。楽しい時間だ。静かにギターをつまびく。飛沫などもちろん飛ばさない。    ^o^;

〆はラーメン。真っ黒旭川ラーメンではないけれど、これまた美味い。だいたいにおいて北海道のラーメンはどれも味が濃くて、酔っ払いの腹を満たしてくれる。
それでもホテルに戻ったらまだ早い時間だった。でも旅も満喫したし、食も満喫した。
旭川の皆さんに心から感謝。

2021年2月5日金曜日

迷走旅行は始まった

今日から北海道行きである。旭川で2泊、札幌で1泊のつもりだったのが、コロナ減便でいい時間帯の飛行機がなく、札幌泊はあきらめて夜の便で強行軍で戻ってきて、それでも時間的に帰宅できないので途中の米原で3泊目という、なんとも悲しい旅程になった。

往路の飛行機も減便で午前中の便しかないため、朝6時半の電車で小浜を出発。ホームはがらんとしている。

電車の中もほぼ無人君。落ち着いて仕事をしながら敦賀へ。

敦賀駅で新幹線工事も少しずつ進んでるなあと思いながら見ていると、JALからメール。
「あと30分で保安検査場を閉めます」
はあ?なんだそりゃ?
慌ててメール履歴を確認したら、コロナ減便で欠航になったので代わりの便を用意したというメールが来ていた。でもそれは、11時半の便を8時半に変更するというトンデモ変更であった。
そんなもん、行けるかー!
閑散とした敦賀駅のホームで一人空に向かってツッコミを入れる。こんなことをしている場合ではない。JALのHPにアクセスして他の便を探すが、中部空港から新千歳行きの便は他にない。

そうこうしている間に米原行きのしらさぎがやってきた。社内でPCを開いてあれこれ検討。羽田まで行って飛行機に乗るか、いっそ新幹線を乗り継いで函館まで行くか。新幹線は当てにはなるが、函館~札幌間が絶望的に遠く、旭川着は22時過ぎ。ひえええ。
ともかく東京までは行かなきゃならないのは確かと判断して、車内でスマートEXで名古屋~東京便を確保。とりあえず時間は稼いだので、今度はJALのHPから中部~新千歳便のキャンセルと代替便の確保を試みるも、そういう手続がWeb上ではできない。そこで電話。
羽田~旭川便に変更すれば遅れを取り戻せるぞと思ったのだが、こちらもコロナ減便で乗れない。
結局2時過ぎの羽田~新千歳便を確保。これなら羽田で余裕がある。名古屋~東京間の新幹線もJALが補償してくれるとのこと。米原駅で札幌→旭川の列車もライラックからカムイに変更して、なんとか一安心。
いやー、疲れた。

落ち着いて見渡すと東京行きののぞみはガラガラである。

富士山がきれいに見えた。でも今日ばかりは「オレ、なんで富士山なんて見てんだ」と思うばかりである。

羽田空港に移動するので品川で下車。京急駅に向かう。見慣れた光景だが、やはり今日ばかりは「オレ、なんでこんなとこ歩いてるんだ」と思うばかりである。私は北海道に行きたいのである。なのになぜ東京くんだりまで来なきゃならんのだ。

京急は、これが羽田行き特快かと思うくらいのガラガラっぷり。
思いのほか羽田に早く着いたので、すぐにJALのカウンターに行って搭乗手続。新幹線代も返してもらった。減便には参ったが、その後の対応はとてもよかった。経営大変だろうけどがんばってほしいな。

カードラウンジで一仕事。ここも閑散としているし、ショップはなおさらだ。

減便集約したからなのだろう、機内はほぼ満席。幸いマスク拒否おじさんも現れず無事出発し、順調に飛行して定刻に新千歳駅に到着。すぐにエアポートで札幌へ、すぐに乗り換えてカムイで旭川へ。

ちょっと驚くほど雪深い。岩見沢のあたりは1m以上あるんじゃなかろうか。

当初予定より2時間ほど遅れて旭川に到着。さすがは北海道、6時前なのにもう完全に夜である。

ホテルにチェックインして、Dragonさん、知床さん、OPさんと食事。旭川といえば病院でのクラスターで自衛隊まで出動する騒ぎになったわけだが、市中感染は起こっていないのでちゃんと対策していれば心配はいらないとのこと。

「パリ街」にある美味くてボリュームたっぷりのお店(なんて名前だったかなあ)で美味いものをたっぷり堪能。いつもはなかなか予約が取れない人気店らしいが、今はコロナ禍で楽に予約できたらしい。こういうちゃんとした店はがんばってほしいなあ。
ホテルに戻り、ランドリーで洗濯しつつ(東急ステイの部屋洗濯機になれるとこれがしんどい)フロに入ってしゃきんとしてもう一仕事して寝た。

2021年2月4日木曜日

模擬面接まみれ

明日から北海道なのだが、今日は朝から夜まで模擬面接。母の世話もあるから、週末と女房が休みの日しか午前中は模擬面接を入れないようにしていたはずなのだが、何を間違ったのだろうか。

まあともかく、夜10時に模擬面接が終わってボーッとしながらもフロに入り、明日からの準備をして、オリオンを飲んで寝た。

もう今日はそれ以外に書くことはない。

2021年2月3日水曜日

久々のさんぽ

今日は朝から夕方まで企業向けWeb講義。さすがに疲れた。

夕方、久々に散歩。本当井先月下旬から外に出ていないから、貴重な時間だ。冬の浜らしく小さな小さな波蝕崖ができている。

漁港の日没。こういう当たり前の光景が見られることは幸福なんだなあと再認識するヒッキー状態の私なのでありました。

沖縄のふくちゃんが泡盛とオリオンを送ってくれた。ありがたい。夜の模擬面接終了後にいただいた。

2021年2月2日火曜日

ひきこもり並み

午前中にできるだけ仕事を進めて、午後からはひたすら模擬面接、終了後さらに仕事して、日が変わるころに入浴、ビール飲んで寝る。

もう完全にこれだけの一日であった。引きこもり並みに外にも出ていない。
やらなきゃなあと思っていることがいろいろあるのだが、それらも手を付けられていない。

でもまあ、何とか今月を乗り切ろう。


2021年2月1日月曜日

ぼーっと帰ってきた

 酒を飲んで風呂にも入らず寝たわけだが、早朝に起きて入ればいいやと5時にタイマーをセットしていた。ところが夜中にトイレに行ったときに洗濯機を回していなかったことに気がついた。いやー、あぶないあぶないと洗濯機を回したのだが、それで寝そびれてしまい、結局夜中の2時からずっと起きていた。まあ仕事は進んだのだけれど。

朝5時過ぎ、近くのコンビニまで歩いて朝食を買ってきた。沖縄そばカップとポーク卵おむすび。意地でも沖縄そばを食うのだ。

午前中、ゆんたさんに漫湖と通称三角池にご案内いただいた。漫湖の干潟やマングローブを久々にじっくり見られたせっかくの機会なのに寝不足で(結局3時間くらいしか寝てない)頭がボーッとしていて、写真も逆光の写りの悪いこれだけだった。ゆんたさん、すまん。

昼前に空港まで送ってもらって、1階の食堂でちょっと早めの昼食。もちろん沖縄そば。

搭乗口はやはりパラパラ。伊丹に向かう機内ではずっと寝ていた。

伊丹空港に到着して、モノレールかた北急を乗り継いで新大阪へ。ここで再び皇蘭。

帰りはサンダーバードが動いていた。敦賀手前で外を見ると、ちゃんと冬の北陸に帰ってきていた。午後6時前に小浜到着。
結局今回は仕事漬けの上に寝不足で、せっかくのフリータイムがぼーっとしている間に過ぎちゃったなあ。^^;

2021年1月30日土曜日

久々の沖縄セミナー

SUKIYAKI塾沖縄でいごの会の口頭試験セミナー。

いい天気である。国場川を挟んだ向こうが会場なので、のんびり(スマホで口述入力しつつ)歩いて奥武山武道館へ。

桜が満開だった。例年だったら花見などしようかなと思ったりするのだろうが…

午前中講義、午後は模擬面接。受講生が少ないこともあって、大人数で対応。コロナ禍の中でもきちんとリスク低減すれば、こういう活動は何ら支障はない。

終了後、時短営業の中を食事。そもそも開いていない店が多くてびっくり。みんなちゃんとマスクして人数も8人以下にちゃんと制限してやってます。寝不足でうつむいちゃっってるヤツもいるけど。^^;

〆のそばは、安里の屋台。屋外で換気バッチリな中、元気に営業してました。とにかく久々の沖縄だから、いる間はがんばってそば食うんだ。

ご当地チューハイをいただきました。これが効いたのか、ホテルに帰ってフロにも入らず寝ちゃいました。