2023年1月23日月曜日

同じ猫でも

今日はデスクワーク。添削はもちろんだが、合格答案実例集や総監択一問題正解解説、講義用パワポなどなど、仕事はたくさんある。

ニャンズがなにやらドタバタしているので見ると、カメムシがどこからか入り込んでいて、これを小突いたりしてわちゃわちゃやっている。くさい汁でも出したら大変だから、かまうのに飽きたかなというころに外に放り出した。

いい天気で外に出ないのはやはりもったいないので、海岸に歩きに出た。快晴だ。

海にはカモの群れ。海にも川にもたくさんのカモが集まってくる時期である。

日だまりに猫がいた。少し寄っていくとすぐに逃げた。毎日暖かい部屋でぬくぬく過ごしている我が家のニャンズに比べると大変だろうな。

…などと思いながら帰宅すると、我が家のニャンズは仕事机の端に置いたクッションの上でかたまって寝ていた。^o^

2023年1月22日日曜日

いったん帰宅

今日はおつさんの会社で講義。ホテルから2.6kmとのことなので、歩いて行くことにしたが、途中で本格的な雪になって、傘にぼとぼとと雪が積もってしまった。

午前・午後と講義をして、そのまま電車を乗り継いで小浜駅へ。女房に迎えに来てもらって、ついで夕食を食べて帰宅。

ニャンズはキャットタワーでぐだぐだしていた。下の段に鈴、上の段に伊織というポジション分けが決まっているようで、そちらか一方だけの時もここで寝ている。

さて、次は週末から旭川である…のだが、この気温、怖いんですけど、

2023年1月21日土曜日

朝から晩までそば

午後、福井市の国際交流会館で技術公社さん主催の技術士講習会。
午前中は時間があるのだが天気も悪いし…と思っていたが、ちょっと小康状態になったかなと思ったので外歩きに出た。

足羽川に出て見ると、この寒空の下を歩いたり走ったりしている人がそこそこいる。
添削をしながら歩いたが、手袋をしないと手がかじかむし、手袋をするとスマホ操作がしにくいし…と、あまり効率的でない。そもそも寒いし。

昼食は福井駅でソースカツ丼&越前おろしそばの福井ならではメシ。ソースカツ丼はいつも食べるとすぐに飽きてしまうと思うが、たまに食うとうまい。
越前おろしそばは昨夜の〆もこれだった。さらに実は今朝のホテル朝食でも食べた。本当に3度のメシにた食べているが、こちらは飽きない。何度も書いているかもしれないが、越前そばは、私の好きなそばベスト3に入る。一番はダントツ出雲そば、二番は越前そばと出石そばが拮抗という感じである。
午後、講義を3時間。今年最初の二次試験全部(出願&筆記)の講義だ。ペース配分がちょっと苦しくて、最後は超駆け足になった。これから二次試験講義は続くのでなれていくだろう。
いったんホテルに戻り、6時ごろから、おつさん&口頭試験を受けたばかりのU君と食事。
誰が客で誰がスタッフかよくわからない店で一次会のあと、ホテルの近所に見つけておいた沖縄居酒屋へ。

マスターは浦添の人らしいが、泡盛の種類もそこそこ、料理もなんちゃって沖縄料理ではない。ちょっと泡盛を飲み過ぎたかなあ。

〆は沖縄そば。「そば」とはいえ小麦粉麺だから、さっきの「そばランキング」とは別枠。そしてラーメやうどん、パスタなども加えた麺類の中で一番好きな麺料理だ。いつも沖縄で食べるのとちょっと風味が違うけど、やっぱりうまい。
やはり少々飲み過ぎたようで、ホテルに戻ってすぐに風呂にも入らず、命の次に大事なはずの洗濯もせずに寝てしまった。

2023年1月20日金曜日

福井で馬鹿生活

今日はとりあえず福井市まで。たかだか100km程度の道のりだが、やはり泊まりがけでセミナーに行くと思うと力が入るのか、最近朝寝坊ばかりだったのが6時過ぎに目覚めた。

朝メシを食べつつデスクワークをしたりしていたら7時前になった。日の出直後の小浜湾は久しぶりかもしれない。
帰宅して朝風呂に入ってデスクワーク。午後にゆっくり出発するつもりだったが、なんだかいそいそしてきて、昼前に出発することにした。このあたり、小学生の遠足気分と大差ない。

準備して小浜駅まで歩いていくことにして、部屋を出ようと思ったらニャンズが寝ぼけ眼でどこ行くんだよと言っていた。

いい天気である。1月に北陸に行くということで、ヒートテック+フリース地のテーラードジャケット+ダウンにニット帽+ネックウォーマー、もちろん手袋という重装備で出かけたが、暑いくらいである。

西津橋は主桁が全部撤去されて、主橋・歩道橋とも橋脚を残すのみとなった。しちめんどうくさい一級河川で、これからどうしていくのか興味深い。

午後2時、福井駅到着。以前は「裏口」だった東口は新幹線駅舎がほぼ完成して、玄関口らしくなっていた。
いつもは駅直近に宿を取るのだが、今回は「着替えは持って行きたくないから、洗濯事情がよければいいほどいい」というシンプルな選定基準で、ドーミーイン福井に初体験宿泊。
アーケード街を徘徊しつつ添削したあとホテルにチェックイン、パワポファイルの仕上げをして、よおしこれでもう酔っ払っても大丈夫だと確信が持てたので夕食へ。
どこに行こうかな~などと思っていたのだが、結局いつもの八兆屋。私は結局のところ「冒険しない人」なのかな。

雲子の唐揚げ。名前はなんといったか忘れた。雲子は大好きだ。

さらにアンキモ。てっちゃんといい、どうも私はもわっとした食べ心地の食べ物が好きなようだ。

ちょっと贅沢をしてノドグロの塩焼き。かなりでかい。でもノドグロってかつては日常食だったように思うのだが…

〆はせっかく福井に来たのだから越前おろしそば。10年ほど前、ラガーマンさんが奥様と福井にいらしたとき、これがたべたくて永平寺まで行ったという話をお思い出してちょっとしんみりしつつ、満足して夕食を終えた。

ほろ酔い気分で歩いて行くと、駅前の「ハピリン」前の広場にスケートリンクができていて、スケートを楽しむ人たちがいた。こういうのもいいなあ。
ちょっと寄ってみようかなと思うカクテルバーを発見するも閉まっており、定休日かなと思ったら19時開店であった。そんな時間に晩メシ食い終わって酔いで歩いている自分にヒガ笑いしつつホテルに戻り、何より大事な洗濯をしつつ風呂に入って、さっぱりして酔いも覚めたのでデスクワークにいそしんで、「ああ終わった」という開放感から酒が飲みたくなって、でももう外には出たくないのでホテルの自販機で…という、エンドレス的な馬鹿生活を送る私なのでありました。

2023年1月19日木曜日

ケツに火が付いても

明日から今年最初のセミナーツアー(といっても2泊3日で、それも行き先は福井市。超短期、超近場)だが、バタバタしていたのが5割、サボっていたのが5割で、パワポの準備がほぼできていない。またもや「ケツに火が付いてから」のていたらくである。
まったく自分がいやになるのだが、「集中すれば一気にやるよ」的な集中力もちょっと自慢だったりするので、このギリギリ感を楽しんでいるともいえるのかもしれない。

で、まあそれなりにがんばって、ほぼ大丈夫だろうというメドがついたので、プチご褒美に夕食は外食。最近なじみになっているマンモス。カルパッチョがうまかった。

2023年1月18日水曜日

wena3について

時計をwenaに変えてから(wenaは時計ではなくバンド部分だから、時計ってのはおかしいが)、当然アプリも新しくなった。

こんな感じの画面ですな。ちなみに今日は2,000歩にも至らないという、忸怩たる結果になった。天気が悪かったからなあ。
私はとにかくスマートウォッチの充電を毎日するのがイヤでイヤでたまらなかったので、Nowrdenのハイブリッドスマートウォッチを見たときにはコレだ!と思いましたね。
ただ時計そのものでは何の情報も得られなかったのはちょっとなあ、と思っていたので、その点でwenaは「ちょうどいいところ」だったわけですね。ヘッドも自分が本当に気に入ったデザインのものが使えるしね。(大部分のスマートウォッチはおもちゃ的な見た目で、それはイヤだった)
ただ、睡眠時間の把握がちょっとおかしいようにも思う。ヒルネや朝の二度寝まで拾ってくれるのは「おお」と思うが、夜の睡眠がかなり短めというか、ちょっと睡眠が浅かったり動き回ったりすると睡眠としてカウントされてないようにも思うのだ。

2023年1月17日火曜日

桁がなくなっていた

今日は貴重な好天。明日からは寒く陰鬱な日々になりそうなので(雪室的には望ましいのだが)、今日のうちだとばかりに朝と昼、夕方と歩くだけ歩いた。おかげで添削も進んだ。^^;

西津橋のほうにやたらと大きなクレーンが2台もあるなあと思っていたら、主桁の撤去が始まっていた。

別アングルでみるともっとよくわかる。主桁がなくなって橋脚だけが残ると、いよいよ橋が撤去されるのだなあと思ってちょっと名残惜しくなる。

水取大橋から望遠撮影すると、主桁がなくなっているのがよくわかる。
一級河川だから、きっとあれこれ五月蠅いのだろうけれど、事故なくご安全に。

2023年1月16日月曜日

今年もがんばろう

今日から4日間は特に予定は入っておらず、添削や合格答案実例集編纂、総監択一正解解説やオンライン問題作成、そしてセミナーPPT作成と、デスクワークにいそしむ予定。
…なのだが、なかなかエンジンがかからない。生来の怠け者なのでケツに火が付くまで動かないのだ。自己嫌悪を感じつつ、天気も悪くなってきて気分転換に徘徊するわけにもいかず、悶々と過ごした…嘘だな、ダラダラと過ごした。

そんな中、毎年微力ながら支援させていただいてる「カタリバ」から年次報告が届いた。
不登校の子どもたちを支援するNPOなのだが、迷うことなく真っ直ぐに、また立ち止まらずに着々と進む姿には敬服するのみである。
こういう姿に触れると、オレもがんばらなきゃと力が湧いてくる。
今年もがんばろう。

…と思っていたら、鈴がやってきて空き箱の中にちょこんと座った。こういうのを見ると、がんばろう!と思っていた気持ちがふにゃああ…と融けてしまう。^^;

風呂上り、パジャマを着てデスクワークをしていたら、また鈴がやってきて、膝の上で寝てしまった。またしてもふにゃああ…となっちゃうんだよな。

2023年1月15日日曜日

雪室下準備

ひこそう宿泊メンバーは、お魚センターとみちの駅で買物を楽しみ、それぞれ帰路についた。
若干1名、やえもんさんが小浜駅で一人、3時間の電車待ちに入ったが、SUKIYAKI塾でも一二を争う全国放浪者だから、別段心配はいるまい。
とりあえず帰宅して着替え、車も取り替えて上根来に向かった。

もちろんこんな生暖かい気候の中、雪集積などできない。今日は貯蔵庫の断熱仕上げと周囲の壁部分の断熱用畳とシートの設置までの半日仕事である。あとは雪待ちだ。

とはいっても、さすがは上根来。ちゃんと雪がある。

与左衛門の軒下にはこんもりと雪が積み上がっている。すげえなあ。
実際、上根来には3時間くらいしかいなかったのに、上根来をなめて厚手の作業着だけを羽織って作業していたら、体は芯まで冷えてしまった。
帰宅してメシを食ったら途端に睡魔が襲ってきて、仕事部屋の簡易ベッドで3時間近く爆睡してしまった。

2023年1月14日土曜日

ひこそう全国大会2023

今日はひこそう全国大会である。阿納の「ひこそう」に集まってたらふくフグを食べて飲んで泊まる、ただそれだけの一泊2日の慰安旅行のようなものだが、無論自腹を切って集まってくる。何が楽しいの?と思うかもしれないが、何だかよくわからないけれど中毒性のある楽しさなのだ。

昼前に名古屋チームが到着するというので、「やまと寿し」で待ち合わせて昼食。美味かったでしょ?

そして我が家に集合して昼飲み。我が家にあった酒に次々到着する参加者が持参した酒を加えて、銘酒がずらり。次々に開栓してちょこっと飲んでは次を開栓という、実に贅沢な、しかし絶対放りっぱなしで帰るなよ状態の、かなりはた迷惑な飲み会である。
例年はSkypeやZoomで総監模擬面接をして盛り上がるのだが、今年は例年より実質一週間遅れたためそれがなく、仕方がないので飲むだけという、かなりタチの悪い話になってしまった。
18時過ぎ、ひこそうに集結して開宴。東北2、北陸5、名古屋5、大阪7、小浜4の合計23名。昨年に続いて20名超のにぎやかな宴会となった。
…料理の写真を忘れた。誰が撮っているだろうから送ってくれ。妙に慣れてきちゃったかなあ。それはこの上なく贅沢な話だ。

飲みも飲んだり食いも食ったり。いつもなぜあれだけの量が食べられたのか不思議に思いつつ閉宴。いやあ、今年も楽しかったね。

2023年1月13日金曜日

猫が仕事場に

気温は高いのだが天気が悪い。だから徘徊もできない。仕方がないのでデスクワークにいそしむ。
2023年度試験対策講座の添削依頼がちらほら来る。この段階からスタートしている時点でこの人達は合格への階段を何歩も上っているんだなあと思いつつ、ケツに火が付くまで動かない自分に改めて嘆息する。皆さんはどう思っているかわからないが、私は私自身のことを生来の怠け者だと思っていて、いつも横っ面にビンタ一発決めてやっと動かしているのである。

天気が悪くなるとベランダにも出してやれないので、暇を持て余してデスクの一角で寝そべり始める。

やがて伊織もやってきて、姉妹並んで私の仕事を邪魔しようと虎視眈々と狙い始める。

で、これが必需品になるわけである。これがないとキーボードの上を歩き回るので、文字化け(というのか?)ならまだしも、意図しないメール発信はじめ、えらいことになるのである。^o^;

2023年1月12日木曜日

本日も晴天なり

今日はさらに一段といい天気で、ダウンジャケットなどもってのほか、フリースでも暑い、ということでウィンドシェルだけ羽織って徘徊。

相変わらず河原は枯葉色なのだが、空の色と空気感は春である。そのうちウィンドシェルすら暑くなってきて脱ぐはめになった。

山を眺めても雪は見えない。だいたい標高300~400mあたりから上にしか雪はないのではなかろうか。雪室大丈夫かなあ。

2023年1月11日水曜日

冬も一休み

何だかえらく暖かくなった。昼間なんぞ、ぽかぽか陽気で今は冬なのか?と思うくらい。

ということで猫をベランダに出してみると、手すりの上で並んでひなたぼっこしていた。

こうしてみると、姉妹なんだなと思うのだが、妹の(そして我が家に来たときは一回りも二回りの小さかった)鈴(写真左)の成長ぶりに驚くばかりである。

2023年1月10日火曜日

地球1.3周だってさ

2022年の移動履歴をGoogleが教えてくれた。

ほぼ全国に行っている。5月に知床、6月と8月に沖縄の宮古・石垣に行っているから、納得の内容だ。

移動距離は地球1.3周分だという。ピンとこないが、移動距離の34%を占める「低排出」とは何だろう。

徒歩と交通機関を足すと15,387kmになるから、ほぼこれが「低排出」なのかな。
徒歩は365日で割ると6.9kmになる。私は一歩0.7m、7kmで1万歩だから、1日平均1万歩ほどということで、まあまあ歩いたかなと思う。

このデータはよくわからんのだが、ショッピングに1日平均26分、食事に52分かけていることになる。この「フード・ドリンク」は外食オンリーだろうから(実際、筆記セミナーと口頭セミナーシーズンに突出しているし)、かなり多いと言えるのだろうな。

ハイライトはこの3都市だった。五所川原は正味初訪問だったが、伊勢市と奈良市は20~30ねんぶりくらいだった。

スポットのうち、「本当にここに行ったのは初めて」なのは荒川の滝(石垣島)と宮古島海中公園(有料エリアには入らなかったけれど)と神戸どうぶつ王国で、神の子池に至っては5回以上行っていると思う。

主な訪問地は沖縄が占めた。実際思い入れも深いし、何度も行っているし、いつも「もっと居たいな」と思うし、「セミナー目的ではなく行きたいな」とも思う。

どちらにせよ、これだけあちこち行けるのは幸せなことだし、堅硬であるということなのだと思う。
身勝手な旅人をいつも歓迎してくれる全国の皆さんに心から感謝。

2023年1月9日月曜日

寒い朝

今日からしばらく好天が続くらしい。冬にこれは貴重なので、早速徘徊に出た。

天気はいいが放射冷却のようで寒い。この冬2回目くらいのダウンと、おそらく1回目のバフで、見るからにアヤシゲなオヤジと化している。

土手を歩くと、放射冷却のモヤがかかる中、法面の緑と高水敷の枯れ草色のコントラストがいかにも寒々しくて、なかなかいい。

ん?土手の緑がなんだか白っぽいなと思ってよく見ると霜が降りている。


小浜では霜が降りるのを見ることはあまりない(場所によるのだろうけれど)ので、粉を吹いたようにも見える細かな細かな霜柱に見入ってしまった。

水たまりに薄い薄い氷が張っている。これも日常的に見られる光景ではないので見入ってしまった。
子どものころは今より冬が寒く、小学校への登校時間に水たまりに張った氷を割りながらあるいたものだ。中には小学校低学年の体重では割れないような氷もあって、そういう氷は水たまりの水が全部氷になって白い空洞ができていたりして、そういうのを見つけるたびにジャンプして踏み破ろうとして、時に転んだりしていたものだ。
もちろん今はそんなことはしない。そんな分厚い氷がまずもってできないのと、蹴破ろうとして転びでもしようものなら某若狭坊のように骨折しかねないから。^o^;