2021年4月22日木曜日

青い空にかかる月

今日も今日とて机にかじりついている時間が長い。


午後、ようやく一段落したので浜に出てみる。未練がましく歩きながら口述添削をしようとするけれど目がしょぼしょぼしてスマホの字がよく見えんのよ。ToT
こういう時はぼんやり遠くを見るに限るぜと打ち寄せる波をしばらく見ていた。傍目で見ると声かけをした方が良さそうな初老の男に見えたかもしれない。

振り返ると冬の波浪でできたミニ海食崖があった。小学生のころ、なぜ浜辺から一定距離のところに段差があるんだろうと思っていたけれど。
クルミが流れ着いていないかと少し探してみたけれどなかった。ほんの15年ほど前は(「ほんの」でもないけど^o^;)少し歩けばたくさんクルミが拾えたのだが最近は少なくなった気がする。よもや森林荒廃の現れではなかろうか。

顔を上げてみると気の早い月が東の空にかかっていた。
考えてみればこういう光景もほとんど見ずに生きてきたのだなと思う。だって大の大人が午後4時頃に浜辺を歩いたりしないよね。それって完全にフリーランスの行動だものね。
自己管理が大変だけれど、こうやって青い空にかかる月を眺めながら浜辺を歩ける幸福がえられているのだから頑張らなきゃなと思って、もう一度デスクワークに戻るべく家路を急いだ私なのでありました。


2021年4月21日水曜日

祭りのない春

昨日と違って今日は黄砂がかなりきているようで、小浜湾の向こう側がぼんやりしている。今日はいろんなデスクワークが溜まって、母の世話もあったりして外を出歩く機会がないまま夕方になってしまった。

さすがに悔しいので夕方無理やり外に出て浜に言ってみた。


昨日と違って今日は黄砂がかなりきているようで、小浜湾の向こう側がぼんやりしている。

一日釣りを楽しんだであろうクルーザーが次々とマリーナに帰ってくる。素直に羨ましいなあと思う。

宗像神社の仮宮の前を通るたびに今年は寂しい祭りになるのだなと思う。この祭りは七年祭と言って数えの7年つまり6年おきに祭りがあって、その合間に遷宮祭があるため、12年の間に3回祭りがあるのだが、今年はその遷宮祭の年である。本来ならば祭りを前にして町中が活気にあふれているところなのだが、今年は本当にひっそりしていると感じる。来年アフターコロナになったとしても祭礼ごとだから何年も先まであの光景は見られないのだなと思うと、還暦を過ぎた身としては本当に残念である。

2021年4月20日火曜日

生命溢れる

何やらはるか南方の台風2号が高気圧を勢いづけているそうで、すごくいい天気で暖かくなった。

マリーナには船が並び始めた。京阪神の人が多いらしいけれど、コロナで大変な中、広々とした海の上でリフレッシュしてもらえるといいなと思う。

内外海半島も萌葱色が混じるだんだら模様で、生命の息吹が感じられて元気をもらった気分になれる。 

ふと見ればハマウドとハマダイコンが元気いっぱいに生えている。ハマダイコンは実が食べられるらしいので、今年こそは試してみたいと思っている。来年になったらこの季節は祭りの時期を除いてほとんど出ずっぱりになるのだろうから、今年は貴重な機会かもしれない。

海の方を見れば、すごろくさんが喜びそうなものがいっぱい生えている。どれも食べられないので私には関心がない世界なのだが。^o^


田んぼでは代掻きが始まっている。耕耘するといろんなものが出てくるのだろう。鳶やらカラスやらいろんな鳥がうろうろしていた。
生命に溢れている世界だ。虫がわくと言うけれど、春も後半になると本当に賑やかになってくる。

考えてみればほんの15年(ほんの?)かそこら前は、この季節になるといろんな里地里山の幸を求めて毎日外に出ていたものだ。
タケノコとかタラ、ワラビにゼンマイなどのメジャーどころはもちろんのこと、コゴミやコシアブラなど、ちょっと変わり種に至るまでとにかくいろんな物を取ってきたなー。あの頃は贅沢だったのだろうな。今は机の前にかじりついて、その合間にこうやって外を敗退している。あの頃に比べれば貧しい生活をしているのだなと思った。

2021年4月19日月曜日

モザイク色の季節

穏やかに晴れた一日、こんな日に仕事部屋に籠もっていては罰が当たるとばかりに口述添削しつつ徘徊。幸いなことにほとんどすれ違う人もいないのでマスクもほとんど必要ない。

萌葱の季節となった。萌葱色と常緑樹の濃緑色がモザイク模様を成す、一年で一番好きな風景だ。

河原にはダイコンの花が咲き乱れる。どんどん緑が溢れてくる、そしてどんどん暖かくなってくるこの時期が年々好きになってきて、とにかく出歩きたくなるのである。我が人生、この季節をろくに味わわずにずっと過ごしてきたのだなと思うと、本当に大損したなあと思う。

川面を見れば、もうカモはどこにもいない。変わってツバメが飛び回るようになっている。
コロナがどうのこうのというけれど、そんなものは関係なく季節はちゃんと巡っているのだから、きっと大丈夫なのである。

代掻きが始まっていた。もう少しすれば田植えが始まり、土手下の農道には害獣対策の騒がしいセンサー付きスピーカー(あれを何というか知らないのだが)が立ち並ぶようになる。
そう、去年と同じ風景がまたやってくるのである。

明日から利用者があるので与左衛門の掃除に行ってきた。この時期まだ雪が残っている年もあった上根来だが、ここ数年は4月ともなればどこにも雪はなく、うららかな春の日差しの中で緑が芽吹いていた。

雪室はもう貯蔵庫が見えてきている。今年はGW明けまでがせいぜいかな。やはり日よけシートだけでは不十分で、ブルーシートは必要だなあ。

2021年4月18日日曜日

松だって花が咲く

出願書類の添削も終わり、かなり落ち着いてきた。

デスクワークの合間に徘徊する余裕も出てきた。まったく忙しくなると机にかじりついたままで、ろくに外にも出ないから不健康極まりない。もういい歳なんだから仕事量はセーブしないとな。

いつもの松ぼっくりは、あちこちに雄花が咲いている(これを咲いているというのか?)。
ああそうだ、祭りの時にクロマツを切ってくると、ちょうど雄花・雌花がついているなあ。
去年は祭りの出し物が中止で、今年も同じ。2年続けて祭りをやらないと、段取りその他を忘れてしまいそうだし、着物や屏風なんかも虫干ししないといけないなあ。GWあたりにやろうかな。


2021年4月17日土曜日

何かできることはないかな

朝から雨が降っていることもあって、ずっと机にかじりついていた。
さすがにこれはどうなんだろうと思って、夕方から女房と二人で海岸通りを歩いてみた。

夕方の風景が綺麗だなと浜を見ると、突堤の先っぽに釣り人の姿がある。
どっかりと椅子に座って、この風景を独り占めしているかのようだ。
そうか、今度あそこに折りたたみチェアを持って行って、夕陽を眺めながら添削をするっていうのはどうだ。添削されている人はまさかそんなことをしていると思わないだろうな。

西津漁港の近くに宗像神社の仮宮があった。そうか、今年は遷宮祭だ。
あの血湧き肉躍る仮宮の宮出しは今年は見れないんだろうな。
…何かやりたいなあ…

2021年4月16日金曜日

萌葱色の季節に

ほんの少しだけ楽になってきた。といっても、日々の添削依頼は相変わらずで、さらに合格答案例はいつできるんだという問い合わせも続いていて、なんでオレ罵倒されてんの?と思うときもあるのだけれど、それだけ必要とされていることはありがたいことではある。

ちょっとストレスが大きくなりそうになったので、きりのいいタイミングで散歩に出た。
しばらく旅に出ている間に春の柔らかい萌葱色が内外海半島を包んでいる。漁師さんは淡々と仕事を続けていて、毎年変わらない小浜の風景がそこにある。
音楽を聴きながら、ただひたすらに歩いてみたり、やっぱり外を歩いているといい言葉が出てくるなと思いながら口述添削をしてみたり、何にも縛られずに、そして誰も歩いていないからマスクもせずに、こういった時間を過ごせることを感謝しなければいけないなと改めて思った。


2021年4月15日木曜日

減圧室かと

旅から帰宅してさっそくなのだが、自宅の簡単な改装を始めた。

私の仕事部屋は窓がなく、玄関の吹き抜けに面してガラスブロックが埋め込んである。アホな格好をしている私は無視して、後ろをご覧いただきたい。ガラスブロックが3つあるでしょう。
実はこの向こうには玄関の吹き抜けだけでなく、ちょっとしたスペースがあって、フローリングがしっかり貼ってあるのだけれど、玄関からハシゴをかけないと上がれない、年末大掃除のとき以外行ったことがないという、ナゾのデッドスペースになっているのである。
そこでここにちょっとでも荷物を置けないかと考えて、ガラスブロックの1つをぶち抜いてドアにしてくれと、我が家を建てた工務店にお願いしたわけである。工務店といっても私の同級生がやっているので、ケータイに電話かけて「やってーや」と言っただけなのだけれど。^o^;

でまあ、早速大工さんがやってきてガラスブロックをぶち抜いた。仕事部屋にホコリが充満してはいけないと養生してくれたのだが、コロナ重症患者がやってきたのかと思うような状態になった。
実際、これまで年間100日は旅に出る人生だったのが、いきなり部屋に閉じこもり人生になってしまうと、ついつい身の回りのことをあれこれいじくりたくなってくるんだよね。


2021年4月14日水曜日

3月は少しだけ動いた

Googleから3月のアクティビティのレポートが来た。

後半に出願セミナーでけっこう動いたので、西日本中心にたくさんピンが刺さっている。
15日に福岡日帰り、19~20日に松山、26~29日に福岡~沖縄と行っている…のだが、なぜ東京に?さらによく見ると金沢や名古屋にもピンがあるようだ。名古屋は沖縄からの帰りに中部空港に下りているからわかるが、東京と金沢は謎である。

3月もけっこう歩いているが、やはりデスクワークが多かったからか1日あたり平均4.7km。

訪れた場所はやはり那覇が1番目に出てくるのか。これは識名園だな。

月川には26日、いっすいには28日、まるたまには29日に行った。
まあやはり月末の福岡~沖縄行が唯一のまとまった(といっても3泊4日だけど)旅だったからこうなるよね。それでも2月に比べるとよほど動いている。

2021年4月13日火曜日

12泊13日の旅終了

ホテルから金沢駅まで口述添削しつつ歩いてのんびり移動。

ちょっとした裏通りと思って入ったら、無電柱化されていて石畳のいい空間。金沢のまちづくりは行き届いている。駅の吉野家で朝定食。ハムエッグ牛小鉢と決めている。

予定より少し早めの「しらさぎ」に乗ったら、またしても無人君。そして何が驚愕したといって、敦賀までずっと無人君であった。口述添削は進んだが、さすがにちょっと気持ち悪かった。
敦賀でまた1時間以上の時間待ちがあったので、アーケード街を徘徊しつつさらに口述添削。
そして13時過ぎに小浜駅に到着。天気はなんとか持ちそうだったので歩いて帰宅したが、我が家まであと50mというところで雨脚が強くなり傘を差した。この傘、結局最後の最後で少し使っただけになったな。

12泊13日、おそらく1年半ぶりくらいの長旅でありました。

2021年4月12日月曜日

無人の列車を乗り継いで

今日は新潟で企業セミナー。午前中総監、午後は一般。午後は時間をたっぷりいただけたので、じっくりと4時間セミナー。こちらも疲れたが聞く方はもっと疲れたろう。ご苦労様でした。当初はこのまま新潟にもう一泊の予定だったが、会食もとりやめになったので今日中に帰ることにした…のだが、今日中には小浜まで帰り着けないことがわかったので、金沢まで移動することに。

新潟駅で「だしカツ丼」と「へぎそば」の夕食。どちらも新潟ならではのもので、特にだしカツ丼は醤油だしがしみじみ美味い。

新潟からは特急「しらゆき」で上越妙高まで移動する。ホームに行ってみると誰もいない。結局乗車したのは数人だった。

私の乗った指定席は無人で発車した。結局入れ替わり立ち替わり人が乗っては下りていったのだが、それも数人だったと思う。

上越妙高駅のホームもほぼ無人であった。まあこの時点で午後10時過ぎているので…

最終のはくたかに乗車。当然のことながら無人君。最後まで無人であった。おかげで口述添削は進んだ。^^;

午後11時過ぎに金沢到着。天気も良く、寒くもないので百万石通りのホテルまで歩いた。深夜の散歩をしている人が少しいるくらいで、マスクを外して気楽に歩いた。いつもの東急ステイに到着して洗濯機を回し、風呂に入ってビールを飲んで寝た。

2021年4月11日日曜日

人が多いんだか少ないんだか

ホテルからセミナー会場である倉吉未来中心までは3kmほどなので歩いて行くことにした。

天神川を渡る。きれいな川だなあ。こういう川の畔で暖かい日にのんびりしてみたいものだ。

前に目をやれば大山が見える。気分よく、しかし口述添削だけは忘れずに未来中心まで歩き、午前中一般、午後総監部門の講義。島根同様、Withコロナの講習会的には満員状態であった。

終了後倉吉駅まで送ってもらって、鳥取空港行きのバスを待つ。思いのほか時間があり、駅のコンビニでビールとつまみを買って植え込みの横で過ごした。ほとんど誰もいない日曜日の夕方だったが、傍目には不良じじいだ。

鳥取空港でも時間があったので晩メシを…と思ったが「すなば珈琲」しか空いてない。鳥取駅前の店しか行ったことがなかったが、空港にもあったんだ。カレーを食って、アフターコーヒーを飲んで保安検査場へ。

鳥取空港には初めて来る。砂丘の上にある日本海が望める小さな空港であった。

鳥取空港-羽田空港便はほぼ満席。減便したからなんだろうな。
羽田空港に着いてみると、人はやや少なめかな。モノレールも立っている人はいない。
浜松町から東京駅までは山手線だが、ここでも普通に座れた。うーむ…

東京駅で新潟行き「とき」に乗ってみると無人君。順調に移動できたので予定より早い便にしたとはいえ、東京駅出発が21時近いから、こんなものか?

窓から在来線ホームをみると、これが東京駅?というくらい空いている。日曜日の夜だから人出が一番少ないんだろう。だにしても、やはり少ないんじゃないかな。皆さんそれなりに用心しているのか。
新潟に到着したのは23時前。とにかくホテルに入り、とにかく風呂に入り、とにかくビールを飲んで寝た。

2021年4月10日土曜日

いつもの王将で

島根県技術士会のセミナーである。午前中総監、午後は一般。この時節柄としてはかなりの受講生だった。

終了後、倉吉に移動する電車まで少し時間があったのでまた水郷の風景を見に松江大橋へ。

駅のホームに出ると、何やら豪華な列車が。「WEST EXPRESS 銀河」というらしい。少し調べてみると、数万円程度のミッドレンジ価格帯のものらしい。一度乗ってみたいなあ。

入れ替わりやってきたのは今日乗る「スーパーおき」。うーん、もう少しデザインがかっこいいといいのだが。ディーゼル車の2両編成。鳥取駅が終点である。山陰らしい特急だ。

倉吉駅に着いてホテルに入り少し仕事をして、すぐ近くの「王将」に夕食を食べに行く。最近、倉吉での夕食はここと決めている。ビールを飲みつつギョーザとニラレバ。しかし今日は仕事がどっさりあるのでビールは我慢。仕事を片付けてから部屋風呂のあとに飲む楽しみにとっておくことした。

もくもくとニラレバを食っていると、何やら向こうのほうで盛り上がる集団がいる。王将で飲み会かよと思っていると、支払いのときに「俺ら、大阪から来てん。泉州のほうやからちょっとガラ悪いけど堪忍な」と上機嫌でしゃべっていた。いや兄さん、今の時期にそれを鳥取で言うとみんなドン引きしはるで…^^;

2021年4月9日金曜日

水郷の風景

今日は移動日。今回の旅でセミナーのない日は今日だけである。

8時台の特急うずしおで高松経由岡山まで。人もまばらで、ディーゼル車はけっこう車内もうるさいから、スマホを使った口述添削には都合がよい。

瀬戸大橋を渡る。スマホ口述添削に飽きると少しパソコン仕事をしたり、電子書籍を読んだり、ウタタネしたりして、まあとにかく何とかじわじわと仕事を続けつつ進む。

岡山駅に到着。当初予定では接続良く「やくも」に乗り換える予定だったが、やくもがコロナ減便で昼過ぎまで便がなく、1時間半の待ち時間ができてしまった。せっかくだから歩き口述添削することにする。岡山といえば桃太郎だが、駅前にモニュメントがあるんだなあ。

商店街にも桃が。しかし人通りは少ない。金曜日の正午前だからこんなものか。

昼食後、ようやく「やくも」がやってきた。あれ?これって昔のサンダーバード「雷鳥」の車両では?

松江に到着。ホテルの部屋でのカンヅメ仕事に飽きて口述添削に切り替え宍道湖へ。やはりこの光景は本当に落ち着く。

そして私はこっちの風景のほうが好きだったりする。水郷・松江らしい風景だ。

駅ビルの中で、久々の一人居酒屋を楽しむことにした。大山地鶏なるものを初めて食す。

〆はやはり出雲そば。それも三品そば。日本で一番美味いと私が思うそばである。
うん、今日は第二のふるさとで落ち着いて気分良く過ごせたな。