2019年11月8日金曜日

セミナーツアー開始

さて、今日から口頭試験ツアーである。前回は3泊4日にすぎなかったが、今回は17泊18に日である。
いつものように、8時過ぎのバス「わかさライナー」で伊丹空港へ。11時に到着してフライトは15:30。時間がたっぷりあるので添削その他。

快晴の中を離陸。本当にいい天気で、ジャケットを脱いでカッターシャツで過ごせた。

名古屋周辺を眼下に望みつつ北東に進む(と思う)。今日はWiFi機なので、機内では目下製作依頼中の掲示板システムの試験運用など。今年から臨時掲示板も含めてレンタルではなくなるので、もう急に消えたりしなくなる予定だ。

ちょっとわかりにくいが、富士山が写ってます。真ん中右の三角の山ね。

雪を頂いた山脈。どこだろうか。その前まで富士山が見えていたのだから、長野あたりの山々か?

午後5時、新千歳空港に着陸。いつもは昼間に来ていたので、森が広がる大地という印象だったが、こうして夜景の時間に来てみると、なかなかどうして、都会じゃないか。

快速エアポートで札幌駅に到着。地下道を歩いていると、カッターシャツの上にジャケットだけで歩いているのは私だけで、みんなコートやダウンなんかを羽織り、マフラーや帽子、手袋といった真冬の出で立ちである。でも地下道は暖かく、早足で歩いているとうっすら汗がにじんでくるくらいである。北海道の人たちは寒がりなのか?

ホテルにチェックインして、さあ前夜祭だとホテルを出たら、あろうことか雪が降っていた。これはきっと見間違いか、幻を見ているのではないかと思ったが、雪である。さすがは札幌である。街中にある温度計を見ると4度であった。

北海道ならではの食を楽しんだ。ハッカクの活き作りなんぞ北海道に来ないと食べられないし。

ぼうず総長、CO2さん、どうりさん、トレラさん、そして名古屋から派遣の渡り鳥さん、北陸から派遣の多摩ちゃん。全国どこに行ってもこうして仲間達と飲めることは幸せなことです。
気温4度のなか、今日もぼうずさんはTシャツである。誰も止めなかった止められなかったんだもん^^;。

2019年11月7日木曜日

しがら組み2019

今日は若狭東高校の子どもたちと「しがら組み」の活動である。今回が8年目になる。

木杭を1.5m間隔で打ち込み、その間に縦に裂いた竹を互い違いに編み込んでいく、簡易土留め柵である。このあたりを参照されたい。

竹を編み込んでいるところなのだが、うまく撮れていない。さらに私は午後から会議があって途中で帰ったので、仕上がりもまだ見ていない。残念至極。
子どもたちは、最初は言われるがまま動いていたのだが、だんだん自分たちが考え、作業分担しはじめて、後半は、竹をうまく左右均等に割くところだけアドバイスすれば、あとは放っておけた。たくましいのだ。
何より、こういう若い子達と一緒にわあわあ言いながら活動すると、こちらも元気がもらえる。
新聞社から、「この活動はいつまで続けたいと思っていますか」と聞かれ、「できなくなるまで」と答えたが、そうとしか答えようがない。少なくとも「できるけどやめる」ことはないなと思う。リーダーの心変わりでついてきていた人たちを放り投げて終わるというのがNPOとしては最悪なのだが、少なくともそれはないと確信できる。
あとはリソース不足でできなくなるとか、まあいろいろあるけれど、それらは全部「できなくなる」だから、やっぱり「できるのにやめる」ことはないと確信できる。

午後、文化財活用基本計画の委員会。こちらもまた面白い。まあ私のできる役割はたかがしれているけれど、こういうプロジェクトに参加できることもまた無上の喜びである。
終了後、飛んで帰ってあり合わせのもので夕食作り。孫が帰ってきているので、その入浴に娘も女房も母もかかりきりで、一人残された私が黙々と料理をしているという構図である。

夕食が終わったら、一日の(というか、上根来で久々にカケヤなんぞを振り回したりした)疲れがどっと出て、1時間ちょっと爆睡。このあたりが寄る年波である。
のそのそと起き出して、明日の準備。
密度の濃い変化に富んだ毎日を送らせてもらえるのは幸せなのだが、やっぱりちょっとしんどなあ。^^;

2019年11月6日水曜日

孫来れり

昼前に家を出て、女房と一緒に車で神戸空港へ。
今日は娘が孫を連れて帰省する日である。
片道160kmほどの道のりだが、日ごろ50km以上車なんぞ運転しない人間にはたいそうキツイ。夕方5時半に帰宅したあと、しばらく仕事部屋のソファでぐったりしていた。
孫はまだ5ヶ月になろうかという段階なので、動き回るということをしないから楽である。
が、まあ、これは我が子がそのくらいの小ささのころにも痛感したことだけれど、こういうときは男ってのは役に立たない生き物だなあ。娘と女房と母の3人でよってたかって世話をしていると、じいじとしては何もすることがないのよ。^^;

ということで、役に立たないじいじは明後日から3週間の旅に出るのでありました。
まあちょうどいいタイミングなのかもしれないな。

2019年11月5日火曜日

とにかく帰宅

確か昨夜寝たのは午後9時前だった。やたらと早く寝たのはわかっているから、夜中に喉が渇いたりトイレに行きたくなったりして起きるたびに「このまま起きて風呂に行こうかな」と一瞬考えるのだが、すぐに寝てしまって、結局起きたら朝の8時だった。寝不足気味だったからなあ。

ともかく今日はもう小浜に帰るだけである。のんびり起きてPC仕事をして、のんびりチェックアウトして金沢駅の吉野家に行ったら多摩ちゃんと遭遇。^^;
朝定食を食べて、少し朝の冷気を楽しみつつ徘徊添削して、スタバのコーヒーを飲んでから小浜へ。

敦賀から小浜線に乗り換えたら、ほぼ満員ではないか。驚きつつもよくよく観察してみると、どうもこの電車はおばさんに占拠されているらしい。なにやらスーツケースや大きなカバンなどを携え、旅行風情である。おばさん旅行が流行っているのかなあと思いつつも、それにしてもよくしゃべるおばさん達だなあと思っていると、三方駅の手前でツアコンの兄ちゃんがやってきて、
「おしゃべりの会の皆さんは、次の駅で降りて下さーい」
と言う。「おしゃべりの会」って。
三方駅を過ぎると、車両に残っているのは数人、なんというか静かな平和な時が流れていた。

小浜駅に到着し、いったん帰宅したものの、当日夜に会議である。
飲み食い連荘の3日間だったから、ちょっと歩こうと思って徒歩で市役所へ。

帰路、水取大橋を渡って帰ろうと思って歩いていると、路傍の温度計が10度を表示していた。なにやら一気に寒くなる。というか、「寒い」という言葉が出てくるようになったのだなあと感慨深く思いつつ、川面を渡る寒風の中を足早に帰宅した。

2019年11月4日月曜日

金沢全力物語

朝6時台に起き、前夜にコンビニで買っておいたサンドイッチで朝食を済ませ、7時台の新幹線で米原へ、さらに「しらさぎ」に乗り継いで金沢へ。

10時過ぎに会場に到着し、すぐに講義開始。午後は模擬面接。
終了後は駅近の居酒屋になだれこみ、飲みに飲んで、若干ろれつが回らなくなってきてるぞと意識しつつみんなと別れ、ホテルにチェックインしたのが午後8時過ぎ。
ドーミーインなのに風呂にも入らずベッドに倒れ込んだ。
ともかく全力投球の1日でした。

ということで、今日は写真など1枚もなし。

2019年11月3日日曜日

森の都

飲んだくれて寝たからか、妙に早起きしてしまった。朝食を早々にとって、ちょっと時間があるので仙台のまちを散歩。

以前から思っていたのだが、仙台って街路樹がものすごい。もはや道路がトンネルと化している。だからXマスのイルミネーションもすごいのであるが、この季節に来てもやはり緑の中にまちがある感じがする。

だって交差点の風景なんぞ、森の中から車が出てくるという感じなのですよ。
居心地のいいまちなんだろうな。

それはそれとして、午前中に講義をして、午後は模擬面接をこなし、夕方からいつもの舟山に行って、だけど明日は朝から金沢で講義だから、後ろ髪を惹かれまくりつつ、早々にお暇した。
東北新幹線と東海道新幹線を乗り継いで、夜11時前に名古屋到着。名古屋には何の用事もないのだが、今日中に金沢まではいけないので、ここでトランジットするしかないのである。
太閤口直近のホテルにともかく投宿して、今日もベッドに倒れ込んだ。

2019年11月2日土曜日

さすがは仙台

ついに口頭試験セミナーの季節となった。朝、高速バスで伊丹へ。

伊丹空港は快晴。というか、来週月曜日までは雨の可能性なし。傘を持たずに旅に出るという快挙を成し遂げたのでありました。

久々に日本列島池を眼下に望みつつ、飛行機は北へと進路を取った。

早速PC仕事を始め、ふと外に目をやると、琵琶湖の東岸を北東へと一路進んでいた。

おおっ!とばかりにぐっとズームしてみると、小浜が見えた。内外海半島、大島半島、内浦半島、その向こうに丹後半島が見える。

そして飛行機は仙台空港に向かって降りていった。空港からJRで仙台駅へ。

なんてことだ、仙台駅も快晴である。そういえばかつて、仙台駅に着いた途端にNHさんから「明日アスファルト打とうと思っていたのに、何をしてくれるんですか!」と電話をもらったのだが、今思ってみると、あれは私ではなくNHさんのせいであったのではなかろうか。

ホテルにチェックインし、Bakuさんと合流してBakuさんお勧めの寿司店へ。やっぱり魚だよね。

すみちゃん改めスネちゃま、多摩ちゃんも合流して仙台駅の居酒屋へ。久々のセリ鍋。

さらに仙台だから牛タン。いやあ、口頭セミナー初日にしてあまりに申し訳ない。^o^;
全国に仲間がいる喜びを再認識しつつ、ホテルのベッドに倒れ込んだ私でありました。

2019年11月1日金曜日

ガジェット好きなので

最近クラウドファンディング商品が面白いなあと思うようになってきた。
なかなかとんがった商品があって、ガジェット好きにはタマラナイものがごろごろしている。
といっても、まだ最初に支援した商品がやっと到着したばかりなんだけどね。

こちら、デジタルメモパッド。去年あたりから電気街あたりでやたらと見かけた、筆圧でデジタルメモするヤツなんだけど、これにメモリ機能(保存機能)がついて、さらに専用ペンを介してスマホと連動できるのが売りだ。

こんな感じで、パッドに書いた内容がリアルタイムでスマホに転送されたり、パッドに保存した内容をスマホで読み出せたりする。画面は10インチなので、会議メモなどに使って、それをその場で、あるいは後でスマホを介して画像保存できるというわけだ。
まあ自宅デスクでは、不要紙に鉛筆でメモして、必要ならスマホで撮影したりスキャナを通したりすればすむわけで、そのほうが黒字に緑線のパッドより断然見やすいのだけれど、こちらのほうが便利なシチュエーションもありそうに思う。
とりあえず模擬面接用に使ってみようかなと思っている。

サイズがちょうどレッツノートと同じくらいだから、一緒に持ち運ぶのに良さそうなんだよね。