2019年2月17日日曜日

ちょいと大阪へ

今日は大阪への日帰り講義である。天候不順だとこんなことはできないのだが、おかげさまの雪なし冬なので、こんなことも可能になっている。

冬枯れた田んぼと枯れススキを眺めつつ、小浜線で敦賀へ。日曜日だからか乗車率は80%を越えている。

敦賀駅でサンダーバードに乗り換え。新幹線の駅と高架工事が着々と進む。

会場にたどり着き、入ってみれば、勘介おじさんが何やら呪文を唱えていた。

私も負けじと呪文を唱えた。旭川では4時間半かけた内容を、思い切りかいつまんで1時間45分で。かなり概略的&駆け足だったが、ビデオを撮っていたので、受講生は繰り返し見ることができると思う。

終了後、新大阪駅近くで打ち上げ。受講生も大勢参加してくれた。

もちろん、いつもの小芝居も。やえもんさんが北海道みやげのザンギおかきを持ってきてくれたので、さっそくネタにする。「わーい、ザンギのおかきやぁ~」

「ええ~?ザンギや思たら鶏の唐揚げやんか~。こんなんいらんわ~」

「じんじん、お前食べや~」「あががが」

「ひ~ん、いじめられた~」

 「あとがよろしいようで。ぐぅ~」
て、最後は寝るというオチか~い!

ということで、満足して(何に?)、恒例の大阪駅構内で二次会へ。私は帰りの電車がすぐだったので失礼したが、ハイボールを差し入れてもらった。前にもあったなあ。

窓枠にハイボールとザンギおかきを置いて、社内で一人二次会。なんとも自分の人生を静かに振り返りたくなるようなシチュエーションである。

二次会会場では、いつものようにシアワセそうに寝入る遊馬の姿があった。

他にも若干一名。屍累々か~い。^^;

一昨日の金沢からの帰路に続き、今日も危うく乗り過ごすかというタイミングで敦賀駅下車。乗り継ぐ小浜線は、終電の1本前だが、1両編成の終電と違い、なんと3両編成である。翌朝の通学電車用なんだけどね。

乗り込んでみると、案の定、無人君であったが、それでも発車時間までに10人程度が乗り込んできた。
電子ブックをひたすら読んでいたが、終着の小浜駅の手前でふと気がつくと、いつの間にか乗っているのは私一人になっていた。
小浜駅に到着したとき、降りたのは3人だけだった。

2019年2月16日土曜日

一回休み

今日はオフ日。昨日が金沢で、明日は大阪。最初は、金沢から大阪に直行して移動を減らそうと思っていたのだが、昨夜ちょっとがんばって帰宅し、明日の朝大阪に日帰りで行くことにした。
土曜日に大阪でオフ日というのは危険だ。
絶対に日本橋に行く。オフ日で時間がたっぷりあるから、きっと何か買ってしまう。^^;
そして、夜はきっと新大阪界隈で不健康な食事をする。じゃあ自宅なら健康的なのかというと何ともいえないのだけれど、少なくとも最近やえもん方面から教えてもらっているお店よりは健康的な気がするし、そこまで行くのも面倒になったら、きっと皇蘭あたりに根を張ってしまいそうな気がする。

そういう日を送ることは、とても魅力的である。これまでも私は魅力的なオフ日をいっぱい送ってきた。
たとえば大阪市内だって、いつもミナミばかり行くけれど、鶴橋あたりでまったりするのも面白そうだし、そういえば以前、昼間に時間が空いているときに天六を歩いて気分がよかった。
でも、なんだかそちらにエネルギーを使うより自宅で落ち着きたかったのが今回の正直な気持ちだ。
トシを取ったのだろうか。
いや、きっと
「朝、自然に目覚めるまで時間を気にせず寝る」
「起きたら、自分が食べたいと思うものを食べて、朝風呂にたっぷり入る」
「風呂上がりに、ぬくぬくあったかい、外出には着ていけないような服を着る」
「あったかい格好で、気分に合わせていろんな飲み物を飲みつつ、PC仕事をする」
「PC仕事に疲れたら、すぐ横にあるソファに寝転んで、アームに取り付けたタブレットで寝転んで本を読む」
「本を読んでいるうちに眠くなったらそのまま昼寝する」
という生活が気に入っているのだと思う。^o^

2019年2月15日金曜日

そして今日も終電

昨夜は、ホテルへのチェックインが午前1時近く、それから風呂に入ったりPC仕事をやったりしていたので、おそらく就寝は午前3時を過ぎていたと思う。
で、ホテルのチェックアウト時間が午前11時で、なおかつ今日の講義は午後1時半からなのを幸いと、午前10時過ぎまで寝ていた。

幸いなことに今日はいい天気である。金沢で晴れたのってすごく久々じゃないか?まして冬なのに。

金沢駅は相変わらず混んでいた。駅の中にある吉野家で朝昼兼用の牛皿定食を食い、歩いて兼六園近くにある会場へ。いい天気で、冬の冷たい空気が気持ちいい。
午後1時半から金沢市役所さんの研修会で講義。終了後、加賀八家さんと駅ビルの中にある八兆屋へ。ビールをぐいっと。いやあ美味い。
さらに金沢市役所の技術士の皆さんと飲み食い語らい。実に楽しい時間だった。
そして8時半過ぎ、金沢発の最終のサンダーバードに乗って帰路についた。
小松駅あたりから福井駅まで記憶が飛んでいる。どうも落ちていたようだ。
幸いなことに福井駅以降はちゃんと起きていて、無事に敦賀駅で降車。

小浜線の終電は1両編成でひっそりと一番端のホームにいた。
なんとか寝ずに小浜に到着。女房が迎えに来てくれていたのでそのまま帰宅した。

一方、遠く北海道でも宴席が持たれていたようである。てか、やえもん、仕事で行ってるんだよね。そのシャツは?

真冬の札幌でTシャツで…何だかビョーキが大阪方面に伝染しような予感である。^o^;

2019年2月14日木曜日

真夜中エクスプレス

久々にモスバーガーで朝モスを食った。小浜のモスバーガーは、マスターと奥さんの人柄が好きで努めて行くようにしている。長年本当にがんばってるなあと思う。

バレンタインデーだからとチョコがついていた。ゆっくり食べながら、ジェミニで添削を1件こなす。「ひこそう」のひこちゃんがやってきて、「小腹がすいたから」と言って、小腹とは思えない量を買って帰っていった。^o^;

夜、19時からコミュセン検討委員会。バレンタインデーに何をやっているんだと思わなくもないが、集まった面々はどう見てもバレンタインデーに縁があるとは思えない人たちなので、これはこれでいいのかもしれない。
そんな中、事務局や委員の方からチョコレートをいただいた。今日ばかりは本当にありがたい。というのは、今日は小浜駅発終電(といっても午後9時20分^^;)に乗って真夜中までかかって金沢まで行くので、食料ゲットはありがたいのだ。
委員長のU先生がそのことをご存じで気を遣ってくださる。
「鳥居さんは9時には出て、旭川に行かれるんですよね」
無理です。夜の9時から、わしどんだけ遠いとこに行かんとあかんねん。
9時過ぎ、あとちょっとで終わるかなと思いつつも間に合わないといけないのでお暇する。ごめんなさい。
小浜駅から終電に乗って敦賀へ。車内では真面目に添削。敦賀まで真面目に働いて、あとはのんびり行こう作戦である。
でもさすがに腹が減ってきたので、もらったばかりのチョコレートをちびちび食べる。雪山遭難したような気分になってきた。

敦賀駅着22時29分。そして敦賀駅発は23時17分である。48分の待ち時間である。
さすがにどーなのよという待ち時間、駅構内の売店などはとっくに閉まっている。駅前のコンビニでカップ麺とオニギリとソフトドリンクを買い、待合室で遠慮なしに豪快に食った。

でも待合室には誰もいないから、別にいいのだ。さみしくなんかないんだもん。

ホームに出ると、貨物列車が止まっている。それを恐竜がじっと見ている。シュールだ。いや、今の俺の立場のほうがずっとシュールかもしれん。
午後11時17分発の「しらさぎ」で金沢へ。当然ながら車内はガラガラ。のんびりと電子ブックを読みつつ、今日の会議でもらったチョコをかじりつつ、金沢に着いた。

0時半過ぎの金沢駅西口は無人の空間が広がるのみである。道路工事のブレーカーの音だけが響いていた。この寒空の夜間工事、ご苦労様です。

駅前の道路も見事に無人。寒空の下をとぼとぼと歩いてホテルに到着。

ちょっと規格外に豪勢な部屋なのだが、いわゆる直前投げ売り価格で安かったので2日ほど前に急遽乗り換えたホテルだ。こんないい部屋に、午前1時前から翌朝までしかいないのはあまりにももったいないとも思えるが、しかたがない。

けっこう大きなバスタブに湯を張って電子ブックをのんびり読みながら長風呂を楽しんでいたら、もうとんでもない時間である。金沢の夜景をちらりと見て、とにかく寝た。
ちなみに、風呂上がりのビールだけは欠かしませんでした。^o^;

2019年2月13日水曜日

真冬の夜に

今日も昼食はカツ丼であった。最近はもっぱら「やまと庵」。ここはカツが美味い。

嬉しいことには、今日の日替わりがちょうどカツ丼で、カツに加えてエビフライも付いて、さらにサラダも付いていた。小さなシアワセに小躍りするあほな私である。
カツ丼で腹一杯になって、ドリンクバーの珈琲を飲みながらPocket2とXperiaで添削。平和な午後のひとときでありました。

やえもんさんもシアワセを満喫しているようで、今日は北海道のおじさんと飲んでいる。ビール飲み放題の店とのことで、よほど嬉しいのか、ビールを注いでいる写真まで送ってくれた。

そして私はというと、Skype面談のあと、長風呂を楽しみ、今から甘くないSTRONG ZEROを飲むのであります!

我が家の仕事部屋は間取りの関係で外壁に接していないため普通の窓がないのだが、明かり取りのために、玄関の吹き抜けに面してガラスブロックと、天井に天窓がある。屋根裏がなく、家の梁がむき出しになっているわけですね。このどっしりした梁が見える天井の風景はなかなか気に入っている。
その天窓にバラバラと霙か霰が当たる音がして、風の音も響いている。そんな寒々しい音の世界に囲まれながら、暖かい部屋でふわりと酔っていく。真冬の夜の楽し身のひとつだ。

2019年2月12日火曜日

夜の楽しみ

私は、早いと夜10時頃、遅いと0時過ぎに風呂に入る。平均すればたぶん午後11時過ぎだと思う。

手ぶらでは風呂に入らない。たいていはXperia Z4 Tabletとスタンド、そしてタオルを1枚持って入る。そして風呂フタを半分閉めて、そこにタブレットを置いて長風呂タイムに入る。本当に忙しいときには添削するが、たいていはAbemaTVをみたり麻雀ゲームをやったり、マンガを読んだりして過ごす。長いと1時間くらい入っている。

そんなことをしていると、風呂上がりには半分のぼせているので、ビールが美味い。ごきゅごきゅと5分程度で1缶空けてしまう。

そして2回の仕事部屋に上がり、大屋根の下にある物置部屋に置いた冷蔵庫から氷を出して、お気に入りのマグカップにたっぷりと入れ、津島名水で汲んできた地下水を注ぐ。そこにお気に入りの忠孝3年古酒を注いて水割りを作り、これをちびちびやりながらデスクトップPCであれこれやる。

資料作りなどをすることもあるが、酔ってくるとそんなことはできなくなるので、ツアーの日程計画を立てる。これがもはや趣味と行ってもいいくらいの楽しみだ。
何月何日にどこに行かなければならないかはわかっているので、それに合わせてホテルを楽天トラベルで探して予約する。ここで大事なのは洗濯事情だ。
そして年に数日だけだけれど、オフ日が出てくる。セミナーの日程都合で、どこかで1日足踏みしないとうまく移動できなくなるのだ。このオフ日に何をしようかと考えるのも楽しみだ。
しかし、ホテルや経路を探すのもけっこう楽しいのである。面倒だと思ったことはあまりなくて、むしろ楽しい。ホテルでは風呂に入ったり洗濯したりして寝るだけなのだけれど、それでもホテル選びはけっこう楽しい。電車や飛行機選びも苦になったことがない。
たぶん旅が好きなんだろうな。そうでなきゃ、年間100日以上も旅に出られないだろうから。
ということで、私の夜のお楽しみアプリは楽天トラベルと駅すぱあとだったりします。^o^;

2019年2月11日月曜日

つらら

昨日からクリスが小浜に来ているとのことで、せっかくなので雪室を見せたくて上根来に引っ張っていった。

雪山はまだモミガラがかけてないが、まったく嵩が低くなっていないようにみえる。上に登っているクリスと比べると高さがわかるだろう。

雪山の上に登ってみると、 ほとんど融けていないどころか、カチカチになっていた。

牛舎の屋根には新雪が積もっていて、軒下も少しだけれど雪が増えていた。うまくすると3月に雪を足せるかな。

雪が降ってきた、下界はぜんぜん降っても積もってもいない。さすがは上根来だ。

与左衛門にもたっぷりの雪が。上根来集落の平均的な積雪深は30cmくらいかな。

与左衛門軒下。よく見ると波板を挟んで表裏から板をビスで留めてあるのだが、落ちてしまっているものがある。雪の重みでビスの頭がちぎれてしまうのだ。


助太郎も雪の中で軒下に盛大につららを下げていた。
こんな立派なつららはもうずいぶん長いこと見たことがないなあと記憶をたどると、もう18年ほども前、我が家を建て替えるときに仮住まいしていた親戚宅で、日陰になる中庭に大きなつららができていて驚いたことがあった。あれからずっと見ていないと思う。
上根来は標高300m、これだけの違いが、今年まったく雪のない市街地との大きな違いを生んでいるんだなあ。

2019年2月10日日曜日

ゆっくりと帰宅

朝風呂に入り、少しゆっくりめの時間にホテルを出た。

実に良い天気で、駅まで歩いているうちに、ダウンを着ていたのではちょっと暑いかなという状態になってきた。
11時前の新幹線で新大阪へ。駅に到着する前に車掌が、「ざどあーおぶれふとさいどうぃるおーぷん」とものすごい英語で案内するので、外国人カップルにウケていた。
御堂筋線に乗り換えて動物園前へ。堺筋線に乗り換えて恵美須町へ。でんでんタウンをぶらぶら。これが一番の息抜きだ。

パソコンのたぐいだけでなく、工具類もちょっと物色。持ち運びにいいケースがほしい。

ヲタロードは相変わらずホコ天みたいな風景。スマホカバーとタブレットカバーを買っただけだが、満足して新大阪へ。

皇蘭で遅い昼食。一品セットがいいんだなあ。ちなみにこの時点で午後3時。^o^;

もうⅠセット。この焼豚がなかなかうまい。タブレットでマンガを読みながらまったり。

〆は当然ながらこれである。半日まったりしてHP回復。まだ少し時間があるので新大阪駅ビルをウロウロしていたが、3連休の2日目とあって人出がすごい。どこの喫茶店も満員で、ロッテリアでようやく一息。ホットコーヒーを飲みながら少し仕事。
隣の席ではマルチの勧誘中。じじいがじじいを引きずり込もうとしている。それをおばはん2人がサポートしている。すげえなあ。じじい、ものの見事にハメらえてやんの…と思ったら「家に帰って息子に相談」「家に帰って嫁に相談」とうまくかわした。さすがは浪速のじじい、そう甘くはない。面白いものを見せてもらった。
京都まで行き、京都からはサンダーバードではなく特急まいづるで西回りで東舞鶴へ。そして東舞鶴から小浜への終電で小浜へ。

PC仕事をしていると、まもなく小浜着とアナウンスがあったので、ふと顔を上げると、2両目には誰も乗っていなかった。

1両目に行くと、やはり誰もいない。幸いなことに運転手はいたが…

小浜駅に着き、遅い夕食。浜ちゃんラーメンの塩ラーメン。今日はラーメンばかりだった。^o^;

2019年2月9日土曜日

がんばれ若者

ホテルで朝風呂に入り、途中のなか卯で昼食をとりながら歩いて会場へ。
今日は一次試験合格者ガイダンスで、その中で二次試験について説明するという役割だ。
2時すぎから1時間半の持ち時間で講義。考えてみれば先日の旭川では同じ内容で4時間半講義したのだから、それを1時間半に縮めるのは並大抵ではない。
結果、例を挙げての説明などを省き、細かい注意事項も省き、何よりスライドの内容が理解できるように繰り返し話したり、聴講生の反応を確認したりといったものを省き、まあつまり駆け足でだーーーーっと話した。
それでもそれなりに理解はしてもらえたようだが、私としては半分も伝えられた感触がない。まあ講座として「ガイダンス」なので、しかたないかな。
来週は金沢と大阪で講義だが、金沢は2時間半あるからまあだいたいのことは伝えられるだろう。でも大阪はまたしても2時間もないから、今日と同じような駆け足になるだろうな。まあしかたない。

終了後、一次試験合格者の祝賀会。けっこうたくさんの合格者が出席していて、部門グループごとの合格者紹介と抱負スピーチがあった。「二次試験一発合格します」と宣言した人多し。若いっていいなあ。
ちなみにこのグループごとに記念写真を撮るのだがそこに一緒に入るのも私の仕事のひとつなので、あまりだらしなく酔ってはいられないのでした。

一次会は立食形式だったが二次会は居酒屋。こっちのほうが落ち着くなあ。肉の山盛り鍋が登場。同じようなのを大阪で見たなあ。^^;

二次会後の集合写真をいただいたので掲載。若い人が多いのはうらやましい限りだ。
けっこう飲んだので帰りはタクシー。コーヒーを飲みながらがんばってデスクワークを少ししたけれど、やっぱり限界。風呂にも入らず寝てしまった。