2019年12月5日木曜日

寒波襲来

寒波がやってきて、気温がぐっと下がった。今日は最高気温9度、最低気温4度という寒さである。ちなみに明日は最高7度、最低4度だ。

雨雲をみると、きつい冬型の典型的な雲の流れになっている、北西というより西風になっていて、山陰から丹後半島に雲がかかり、若狭湾西部は丹後半島の影になって雲がかかっておらず、その東の越前海岸から能登半島にかけてまた雲がかかる。
このため、小浜は真冬なのにけっこう天気がいい日が多いのだが、今日は晴れたり時雨れたりというイヤ~な天気になっている。

3時過ぎ、どうやらしばらく雨は降らなさそうなので、用事を済ませに歩いて外出。多田川にさしかかったところでいっせいに羽音がして驚いたが、堤防で休んでいた冬鴨の群れが川面に飛んでいった音だった。

小浜駅前も鉛色の空の下で人気がない。これから3ヶ月ほどはこういう状態が続く。観光客も冬場は落ち込む。フグやカキなど海産物は美味しい季節だが、やはりそこは日本海側の宿命だ。
だから、「ひこそう全国大会」に来てくれるSUKIYAKI塾の皆さんには感謝している。
ちなみに2020年は1月11日がひこそう全国大会です。今年はフグはもちろん、カキもいい出来のようで、一段と美味しいと期待できますよ~。
なお、何やら今回は、Skype模擬面接でいじめてほしいと志願しているドM君が名古屋方面にいる模様で、さらに同じ名古屋から実面談でいじめてほしいと志願している参加者もある模様、いろんな意味で面白い会になりそうである。

バタバタと用を済ませ、買物もして帰宅して夕飯の準備。今日は形のいい大ぶりのアカガレイがあったので煮付けにした。
食事を終えて、またバタバタとともしの店へ。来年4月の小学校還暦同窓会の準備である。56人ほどにハガキを出して、出席回答が30人弱。なかなかいいではないか。
SUKIYAKI塾の活動を筆頭に、また来年もいろんな楽しい企画が待ってるなあと思いながら年の瀬を迎えられることは幸せなんだなあと思う。

2019年12月4日水曜日

与左衛門冬ごもり

午前中、「そらのとり保育園」主催のクリスマス会で風夢さんが読み聞かせをされるので、お手伝い。乳幼児もおおぜい参加するのだが、今回は娘も孫を連れて参加している。

今年の春の購入した5000ルーメンのプロジェクターを使って明るく投影できたのはよかったのだが、身軽なようにパソコンにGPDポケ2を使ったところ、HDMI出力不安定で画面が切り替わってしまったり、ピンマイクがノイズで使い物にならなくなったり、AV担当としてはちょっと申し訳ない内容だった。ごめんなさい。

午後は上根来に冬支度に行った。すでに雪囲いはあこちゃんがしてくれているので、掃除をしてタンクの水を抜き、ブレーカーを落として来年の春まで与左衛門は冬眠に入った。
まだ雪は積もっていないから年内はいつでも入れるだろうが、雪が降ればそれも難しくなる。来年の春、何事もなく(水道管がまた割れることもなく)再開できますように。

大急ぎで帰宅して、楽器の搬出。明後日のふくい技術士の会の忘年会で演奏するので、ギターその他を運んでもらった。
なんというか落ち着きのない師走である。

2019年12月3日火曜日

マニュアル化

明日のクリスマス会(?)で風夢さんがお話しをされるのをお手伝いするため、午後遅くから準備とリハ。今日はありがたいことにこれと夜のSkype以外に予定がなく、比較的ゆたりと過ごせた…はずだったのだが、その割には雑用に追われて、添削などもあまり進まなかった。空模様も冬型でしぐれており、徘徊添削もままならぬ。

そんな中、口頭試験が始まり、いろんな情報が入ってくる。
なんというか、今年は筆記試験も口頭試験も、どんどんマニュアル化が進んでいるように感じる。
それはまあ経費をかけず、人的負担も最小化して試験という事業を進める上では効率的なのかもしれない。
でも、技術士制度の発足課程を踏まえれば、マニュアル化した試験で本当にいいのだろうかと思わざるを得ない。技術者一人一人の知恵と工夫というものを軽んじてはいないだろうか。
横一線に揃った、着実な学力と経験からなる技術力というものは、確かに安定感はあるのかもしれないが、面白みはないように思う。
思えば平成11年の省庁統合の中で文科省が技術士試験を取り仕切るようになってから、かつての体力勝負のような技術士試験ではなく、スマートに学び成長してきた利発なエンジニアを選ぶ試験になってきたように思うのだが、その一方でたくましさや野太さは失われてきたようにも思う。

どのような技術者が今後の社会に必要なのかはわからないけれど、枠からはみ出すような人材がいなくなってしまうような社会は、やっぱり面白みがないと思うんだよな。

2019年12月2日月曜日

寝不足が続いている

イベント疲れや寝不足で、今朝は遅くまでぐっすり…とはいかず、母を月1回の検診に連れて行くため、8時半に家を出て車で福井まで。10時に病院に到着し、1時間待たされてようやく検診。超音波検診だが5分もたたずに終了。すぐに先生の問診で、これも10分もかからず終了。
ここまでの往路と待ち時間は何だったんだと思ったものの、異常もなく満点の診断をいただいたので、まずはそれを喜ばねばなるまい。
ちょうど昼時となったので病院の食道で昼食をとって帰路についた。これが失敗だった。
眠い!のである。母を心配させても行けないと思って、ガムをかみつつガマンして何とか帰ってきたが、けっこう危なかったように思う。
なんとか帰宅したものの、疲れがひどく、2時間弱ほどヒルネ。
やっぱり睡眠は大事だなあと思うとともに、長距離運転(片道100kmちょっとの道のりを長距離と言うかどうかも疑問だが)に弱くなったなあと実感した。昔は社用車で一人っきりで小浜から尾道までノンストップで行くなど平気だったのだが。

しかし早寝などできない。今日から毎日、午後9時から真夜中まで連日3~4人のSkype模擬面接が控えているのだ。
疲れていても模擬面接中は頭がさえて、その点は我ながら感心するのだが、全部終わったあとにどっと疲れが来る。そこで風呂に入って、ネットをうろうろしたり、マンガを読んだり、麻雀ゲームをしたりしてぼーっと過ごす。この無駄な時間が気持ちをほぐすために欠かせないのだが、時間は無情に過ぎていくので、今日もまた寝不足になってしまう。

そんなことをしていたら、北海道は北広島で飲んでいるヤツらの写真が送られてきた。
この2人って、あちこちで飲んでるから、ちょっと写真を見ただけではどこで飲んでるのかわからない。^^;
でもいいんだ。日曜日からは私もセミナーツアーにまた出るから、それなりに飲んだりできるんだ。きっと。

2019年12月1日日曜日

八百比丘尼フォーラム

ずっと準備してきた八百比丘尼フォーラム当日である。主催者である「聖なるWAKASA」の会長Tさんがはりきって朝8時から打合せというので、朝7時台に眠い目をこすりつつ歩いて会場へ。

夜明け間もない北川。空気が冷たくて気持ちがいい。はまかぜプラザで早朝会議。昨夜すでに杯を交わした人たちなので極めてスムーズ。

会場の旭座へ移動して、大急ぎでプロジェクターやPC(2台)、ビデオカメラ等をセッティング。1時間もない中で大わらわであった。
そんな中、集まってくれたのは60人以上。まったく五里霧中の中でのイベントで、動員もしていないのにこれだけ集まってくれたのは実に嬉しいことだ。

司会進行は若狭歴史博物館の垣東さん。今回は本当にありがとうございました。
そして秋田県から探検家の高橋大輔さん。

全国各地の八百比丘尼伝承地からお越しいただいた皆さん。鳥取県米子、福島県喜多方、長野県戸隠、そして小浜市。

各地の伝承内容などの発表の前に、八百比丘尼伝承をおばま児童文学会風夢のみなさんに朗読してもらった。これはよかった。好評だったし。

我らが小浜市文化課・吉村さんの発表。今回はちょっと無理を言ってお願いして申し訳なかったのだけれど、期待以上の素晴らしい内容でした。

終了後、八百比丘尼入定洞までまち歩きをしてもらい、その間に机をセッティングし直し、さらに花道にテーブルクロスを敷いてカウンターにして、各地の食を楽しむ交流会。

喜多方はやはり喜多方ラーメンである。最初からダントツ人気でしたね。

長野は、これもやはりおやき。10種類以上あるらしく、これは知らなかった。

米子からは「いただき」。あげの中に生米と具を入れて作るらしいが、柔らかくてうまい。

地元小浜からは、清酒「八百姫」と船場汁(生臭汁ともいう)、そして鯖サンド。

さらにタイカツバーガーにお菓子「八百姫椿」。
こうしてみると、オソロシイくらいに主食攻撃・炭水化物攻撃である。^o^;
まあともあれ、「とにかくやってみよう」で多少向こう見ずに突っ走ってみた八百比丘尼フォーラムは成功だったと思う。やってよかった。

終了後、後片付けをして、はまかぜプラザで打ち上げ。こういう時の酒が一番うまい。…のだが、私はここ数日の寝不足が一気に出て、途中でどうにも起きていられなくなり、ソファで寝てしまった。おそらく2時間くらい寝ていたのではなかろうか。
昨夜と同じように寒風の中をボーゼンとしつつ歩いて帰った。

同じころ、東京でも模擬面接終了後の打ち上げが行われていたようだ。
来週はオレも参加するからね。

2019年11月30日土曜日

三回忌

今日は父の三回忌である。母と我々夫婦、息子に娘、そして孫、妹家族などが揃っての法事だが、これで一区切りだな。次は七回忌だからずいぶん先だ。

今回はみんなが余裕を持って帰れるように土曜日の夕方にした。そうすれば仕上げの宴席を夜にできてゆっくりできるし、日曜日が丸々空いてくるからね。
夕方からお坊さんにきてもらってお経をあげてもらい、お寺にいって本堂で焼香していたらもう真っ暗になって、スマホの明かりをたよりに墓参りをした。
そして昨年に引き続き「ひこそう」でふぐ三昧の夕食。今年はふぐも順調だが、カキも順調なようで、実に美味い。
私は明日もあるのでひれ酒は遠慮していたら女将さんに「どうしたの」と言われた。^^;

気持ち酔ったかなあという程度で帰宅し、すぐに着替えてはまかぜ通りの「零」へ。明日の八百比丘尼フォーラムの前夜祭をやっているのだ。
今度は心置きなく飲んで、寒風の中だけれどふわふわと歩いて帰った。
でも、これで終わりではない。フォーラム前日になって明日用のパワポスライド(といっても写真だけだけど)を作らないといけないのである。結局夜中の2時をすぎてしまった。

2019年11月29日金曜日

寒空の上根来

この時期に上根来の利用者があった。福井大学の大学生5人で、この寒空にドラム缶風呂にも入るという。ひえええ。若いんだなあ。

冬間近の上根来。いい天気だが、さすがに寒い。

与左衛門は雪囲いがしてあった。あこちゃんがしてくれたようで、感謝。
大学生諸君の到着を待つ間に少しPC仕事をしていたが、指先が寒くてまともにできず、電気ストーブを持ち出した。ギターなんぞ弾く気にもなれず。^^;

学生諸君が到着し、ドラム缶風呂を準備。まだ薪が十分燃えていないけれど、タイムアウトで下山。なんとかうまくできるといいのだが、

大急ぎで帰宅して夕飯の支度。
夜、息子が帰省。久々に家族5人が揃った。あ、孫も入れて6人か。

2019年11月28日木曜日

時には全開、時には爆睡

今日はかなりバタバタだった。いろんなイベントややるべきことが重なっているのだ。
まあこういうことはこれまで何度もあったし、結局それなりにうまく乗り越えても来ているので、焦るということはもうないのだけれど、やはり少々心がざわつくというか毛羽立ってしまう。

そんな中、夕飯を作りながら(今日は寒くなってきたのでぶり大根を作りました)、合間にスマホで口述添削をしながら、孫をあやしたりする時間というのはまた格別のものですな。忙しいのだけれど、確かに充実はしている。
ただ、寄る年波のせいか、やっぱ疲れる。今日などは夕飯を作り終えて孫を風呂から上げて、それでもうほっとしてしまって、夕飯を食べてもいないのにソファで爆睡してしまった。
そのあと復活してSkype面談3連荘をこなしたりもしたけれど、フルスロットルで頭を回転させることの楽しさとともに、ふわんとした時の流れを楽しむような時間もほしいなあと思ったりするのですよ。

2019年11月27日水曜日

海の風景

昨日はちょっとしぐれ模様だったが、今日はいい天気である。
太平洋側の皆さんにとってはこれからカラッカラの寒い季節なのだろうが、日本海側の我々にとってはこれから重く湿った季節なので、こんな日はありがたい。

夕方、1日のあれこれ用事が一段落し、夕飯の支度の前にちょっと時間があるかなと思ったので、ちょっと海岸を徘徊添削。小浜湾は内海だから、風による波浪がないときはいつでもこんなふうにとろんと凪いでいる。子供のころからずっとこういう海が当たり前だと思って育ってきた。これって実は贅沢だったのかもしれないなあと思った。

昔に比べればずいぶん減ってしまった漁船だけれど、それでも当たり前のように新鮮な海の幸を食べ続けられること、マーケットに、2kmも離れていないところの市場に上がった魚が売っているというのは、きっと贅沢なのだろうな。

2019年11月26日火曜日

そして我が家

やはり「我が家」なのだなあと思うのは、朝、目が覚めないことだ。やっぱり深く寝てしまうのだろうな。

それでも午前中に、ツアーに出る前に壊れた食洗機の交換と、我が家の裏手の側溝&フェンス工事の2つの立会をして、旅先から送ったいろんなものの整理をして、さらに旅の間に来ていたいろんな書類のチェックをしていたらもう昼を過ぎていた。

遅めの昼食をとり、買物もあったので、ついでに徘徊添削でもすべえと外に出るのだが、面白いもので旅の空の下とわがまちとでは気持ちが入れ替わるのか、どうも調子が出ない。
買物をして帰宅して、娘の子守の手伝いなどしながら夕食を作って(今日は肉豆腐にした)、夜はSkype模擬面接。いつの間にか、毎晩3人から4人の模擬面接をする毎日なっていた。
全部終わってからタブレットを持って風呂に入り、電子ブックを読んだり気の赴くままにネットショップやクラウドファンディングで面白いものがないか探したりするのが1日の終わりの最高の息抜きになってきた。^^;

2019年11月25日月曜日

寒いまちに帰る

今日はもう小浜に帰るだけである。こういう日の朝はなんだかすっきりしている。

朝メシはホテルではなくハイウェイ食堂。今朝は野菜そばにしてみた。

たくくの車に乗せてもらって首里へ。たくくが子供のころよく遊んだというガー(寒水川樋川)。那覇市の指定文化財である。

金城石畳。ここを歩いたのはもう5年も6年も前だと思う。何やら駐車場ができていたりして、ちょっと変っていた。

記憶の風景と同じだったのはアカギの大木。なぜかたくくが「I can fly!」をしている。

首里城へ。今は入ることができない。それでも月曜日にもかかわらず多くの人がいた。

勝手な言い方だけど、一日でも早く復旧してほしいなあ。
ここでたくく・バイアと別れてモノレールで空港へ。

昼過ぎの便で伊丹へ。12:10発の予定が12:25になり、やがて12:35になり、結局離陸したのは13時を回っていた。

屋久島を見下ろしつつ伊丹へ。予定より40分遅れで着陸。すぐに大慌てでモノレールと阪急を乗り継いで梅田へ。指定席を取ってあるサンダーバードに何とか間に合った。
敦賀で小浜線に乗り継いで19時前に到着。歩いて家路につくも、風が強くて寒い。沖縄では一度も着なかったジャケットを着て、さらにパーカーも羽織ったが、ぜんぜん寒い。ダウンがいるなあ。うーむ、やはり冬の日本海側をなめちゃいかんな。
無事に我が家に帰着。いろんな手紙やあれやこれやがどっさりあってげんなりしつつも、21時からSkype模擬面接。帰宅してもぐだーっとはできないのである。^^;

2019年11月24日日曜日

最後は沖縄

那覇の朝はいい天気だ。私が昨日、台風を吹き飛ばしておいたからね。^o^

今日の会場は豊見城中央公民館。午前中は講義だが、この部屋、クーラーが入っている。だって今日は最高気温28度だし。
午後は模擬面接。そして終了後すぐに懇親会へ。

「これが最後の懇親会だーい」と浮かれるワタシなのでありました。

浮かれすぎてスターフルーツを直食い。このあとホテル近くのショットバーでバイアさんとまったり大人の時間を過ごし、ふわふわした気分でツアーを終えたのでありました。

2019年11月23日土曜日

夢うつつで博多を過ぎて

眠い。とにかく眠い。
5時間に満たない睡眠時間で大分駅から特急ソニックに乗って小倉へ。小倉で新幹線こだまに乗り換えて博多へ。博多駅から10分ほど歩いて口頭セミナー会場へ。
少し頭がぼーっとするなあと思いつつ講義をして、夢うつつ気味で昼飯を食い(弁当を食ったと思うが、内容など覚えていない)、午後は総監講義と模擬面接、そして終了後は懇親会。写真は1枚もなし。
飛行機の時間が迫ってきたので中座して、博多駅までまた歩いて地下鉄空港線で福岡空港へ。
うつらうつらしつつ那覇空港へ。

もはやモノレールに乗る気力なく、タクシーでホテルへ。降りると、ふわんと暖かい沖縄の空気だった。

ホテルの最上階で今回のセミナー最後の洗濯。あと2泊だ。

2019年11月22日金曜日

大分を駆け抜けて

朝ゆっくり起きて大分へ向けて出発である。

ホテルの並びがちょうどG20の中心地らしく、もういつでも道路を閉鎖してやるぜ的な装備の警官が集合していた。

続々と車両が集まってくる。まあ国の威信がかかってるしねえ。

道路もあちこち制限がかかっている。まったくかまびすしいことだ。
ということで、とっとと名古屋を後にして一路大分へ。
名古屋から小倉まで新幹線で3時間。こりゃあ、たっぷり仕事ができるねと思っていたが、思わぬ野望用など入って、結局思ったほどはかどらなかった。
やがて特急ソニックは別府を過ぎ、大分へ。左手に海岸道路が見えてくると、いつものように音楽が流れ始め、大分の話が流れる。
石丸謙二郎さんが「一寸ずり」の話をするのだが、おそらくここ2年か3年はこの話しか聞いたことがない。確かもっといろんな人がいろんなバリエーションの話をしていたような気がするのだが、もう思い出せない。いや、一寸ずりの話しかもともとなかったのだろうか。もうたぶん空で言えるくらいになった。^o^;

大分駅に到着。早速駅ビルでだんご汁。まったくこれを食べないことには大分に来た気がしない。大分ならではのいろんなものがあるが、私はこれが一番好きだ。

とりあえず大急ぎでホテルにチェックインして、最小限の荷物をもって会場のホルトホールへ。大分駅からホルトホールに至る広々とした空間も好きである。今日は高校生くらいの子どもたちがサッカーらしきものをやっていた。県庁所在地の駅から100mもないようなところでこういうことができる県がどれだけあるかなと思うと、やっぱりいいところなんだよなあと思うのである。

…などと思いに浸る間もなく模擬面接6連荘。余裕だなと思う人も、やばいなと思う人もいたが、とにかくみんながんばれ!

終了後、間髪入れず飲み会。夜の10時から飲み会だものなあ。本当にいつもいつも平日夜で申し訳ない。今回は金曜日だったからまだましかなと思うけれど。
終了後、明日の朝飯を買込んでホテルへ。風呂に入ってあれこれ雑用をしているときっともう明日の2時くらいにはなるのだろうな。ToT

2019年11月21日木曜日

名古屋徘徊

今朝はちょっと寝坊して、9時前に起きた。アネックスなのでホテル本館のほうへ朝食を食べに行って出てくると、今日も警官花盛りである。

よく見ると青森県警である。こういうときは全国からかり出されるんだなあ。他にも神奈川県警もいたな。ご苦労様なことである。
ホテルの部屋で大阪での口頭試験セミナー(総監)動画の編集とアップロード。面倒な作業だが、これでガリチューがタダになるのだから、文句言わずにやろう。

名古屋は快晴である。昨日に比べれば風もなく暖かい。冬型が緩んだんだな。ということはきっと小浜も晴れ間がのぞいているのだろう。

名古屋に来たらここに来なけりゃという大須。今回はフリータイムが長いので、これまでのぞいていなかったような店をたくさんのぞいた。思わず買ってしまいそうなぐらっときた皮製のバッグもあったけど、さすがに自制心が働いた。

移転していたコメ兵の楽器コーナーにも足を運ぶ。品揃えの充実差はすごいのだが、移転して少しごちゃっとしたところがなくなってしまったように思う。掘り出し物がどこにもなさそうな綺麗な店になっちゃった感じだ。こうなるとスカイルの石橋楽器のほうが魅力的だなあ。
ともあれ、今日も栄で模擬面接。終了後まっすぐホテルに戻って、まずは風呂に入って、風呂上がりにビールをぐい。さらにチューハイもぐぐいのぐい。いやあ、これでもうあとは明日大分に行くばかりだな…などとのんびりしていて、突然思い出した。
…洗濯してなかった!
何のために部屋に洗濯機があるホテルに泊まっているのか。
あわてて洗濯開始。しかし時間はすでに23時である。くっそぉ~、2時間むだにしたぜ。

2019年11月20日水曜日

騒がしいまち

10時の新幹線で名古屋へ。いい天気だが寒い。
会社の人からメールが来て、天気が悪いという。ああ、冬型なんだなあと思う。

名古屋はなにやら騒がしい。明日からG20があるのだという。ホテル前の道路も通行止めになるようだ。
以前にも伊勢志摩サミットのときに鉢合わせてしまったが、どうも騒がしいときに限って来てしまうことが多いようだ。

お気に入りのビーズホテルだが、今回はアネックス。なんと部屋に洗濯機があるではないか。今後はできるだけここを取ることにしようと心に決めた。

模擬面接は夜なのだが、ホテルにいてもつまらないので早めに外に出た。いい天気だが何せ寒い。そういえば去年も名古屋で模擬面接をしてひどく寒い目にあった。あまり相性がよくないのかなあ。
10時前まで模擬面接をして、寒くて警官だらけのまちを急ぎ足でホテルに戻り、とにもかくにも暖かい風呂に入ってビールをぐい。美味いねえ。