2018年7月18日水曜日

これはひとつの秘密基地か?

Amazonからいろんなものが届いたので、デスク周りを少し模様替えした。

机の上の2代のディスプレイに加え、上のほうに3台目のディスプレイを追加した。メイン2台は24インチ、3台目は21インチである。真横に並んでいないから少し戸惑ったが、慣れれば快適である。
ついでに敦賀の中古店で買ってきた10インチのモニタディスプレイをチェストの横っ面にボルトで取り付けて、TVチューナーをつないだ。
こういった、机だの部屋だの、とにかくいろんな「仕掛け」を作るのは、子供のころから大好きだった。まあ男の子なんだろうな。
特に今はパソコンだのスマホだのプロジェクターだのといったあたりが主戦場になっているので、アキバなり日本橋なり大須なりに行って、ジャンクコーナーみたいなのをひっくり返してみるのは、都会に行くときの楽しみのひとつである。

2018年7月17日火曜日

出会い

試験後はいろんな情報を提供いただき、ありがたい。その一方で、切実ないろんなメールも来る。気持ちはわかるのだけれど、あまり丁寧に対応しすぎると、どんどんエスカーレトして、最後はかなり面倒なことになってしまうこともある。こんなHPを15年もやっているといろんなことがあるのですよホント。

考えてみれば、10年以上前はまだSUKIYAKI塾はネット上にしかなく、セミナーといえば自分で会場を手配して受付をして、一人で会場まで行って一人で全部やっていた。
だから出会いはネット上にあって、リアルでその人に会うことになるのはずっと後年だったりしたものだ。

今はネット上での出会いよりもリアルの出会いが主になってきて、やはりリアルのほうがその人となりが肌感覚でわかっていいものだなあと思う。
ただ悲しいかなこっちがいつも時間に追われているので、じっくり話し込んだりする機会がなかなか持てないのが悩みだ。
8月から9月にかけての一次試験・RCCMセミナーや11月の口頭試験セミナーは、ホテル仕事(まあつまり添削)があまりないので、少し心と時間に余裕がある。また新たな出会いがあるといいなあ。

2018年7月16日月曜日

なぜか模様替え

昨日の総監に続き、今日は一般部門の筆記試験であった。
夜、さっそく建設部門を皮切りに、いくつかの部門で問題文の提供があった。
択一最後の年ということで過去問題が主かと思ったら、思いのほか難しかったようだ。技術士会の最後っ屁ってとこか。^^;

RCCMの添削講座も始めているのだが、さっそく過密状態になってきた。
そういう時に限って余計なことをしたくなるのは、これは何かのビョーキだろうか。
仕事部屋のデスクトップパソコンのモニタを3台にしたくなってきたのである。
ちょうどAmazonのPrimeデーだったので、必要かなと思うものをいくつか買った。買ってから気がついたが、大部分はPrimeデー対象商品じゃなかったような。^o^;

そんなこんなでごそごそやっていたら、いよいよ時間が足りなくなってきた。自業自得である。バカである。などと思いつつ、今日も深夜の作業となるワタシなのでありました。
風邪で一週間寝込んだ割には、生活態度は変わっていねえなあ。

2018年7月15日日曜日

今日から本番

いよいよ今日から平成最後の技術士試験である。私が最後に受験したのは22年度だから、もう8年もたっていることになる。その間に試験方法が変わり、さらに来年からはもう一度変わるというのだから、なんでそんな必要があるのか(経費縮減のためであることは十分知りつつも)呆れるばかりだが、とにかく今年が現行制度最後の試験なので、ぜひ皆さんがんばってほしい。

今日は総監、明日は総監以外部門だが、特に総監の記述問題は、おそらく今年までが28・29年度と続いてきたパターンでの出題。だから今年が最大のチャンスだ。何とかがんばってほしい。
…と思っていたら、テーマこそ働き方改革で、まあ旬な話題だし、事業継続という総監の本来の目標にそった中長期的課題ということで、実にスタンダードな出題と思ったのだが、過去・現在・将来の3段構成ではなくなったみたいで、めっちゃネタな出題。こういう出題パターンが続いてくれたら楽なのだが…
まあ少なくとも、従来の「最重要管理目標」を決めて、いかにそれをクリアするかという個別業務管理の発想を引きずっていたらダメなのは確かだね。

今日は択一問題の提供はなかった。まあそのほうが楽なんだけど。^^;


2018年7月14日土曜日

鯖缶手抜きうどん

女房のアンサンブルの助っ人で、1年4ヶ月ぶりに電子ドラムを叩いたのだが、さすがにブランクが長すぎるなあと思った。10分もすると調子が出てきたが、やっぱり楽器でもスポーツでも体がなまるんだねえ。
頭もなまる。肌感覚というかイメージというか、その分野の「アタマ」というのがやはりあって、たとえば技術士試験でも、「試験で評価される答案の書き方のアタマ」がある。まあいわゆる「試験アタマ」というやつだが、直前2週間ほど試験対策の密度をあげるとこのアタマが鍛えられるので、ちょっとしたことで得点を加算できるようになるようだ。
そう思えば、試験直前の西日本豪雨は被災された方も、復旧に携わられる方も本当に気の毒だと思う。

今日の昼飯は、面倒だったのでうどんをゆでで、そこに鯖缶をぶち込んだだけのものを食った。これがなかなか美味いのである。あ、1缶100円や200円の、全国のスーパーで売ってる鯖缶じゃ話にならないよ。小浜の1缶500円ちょっとするような鯖缶じゃないと、この味は出ないのである。

2018年7月13日金曜日

飲まない飲み会

雪室事業を始めて5年、ようやく仕込んだ本格的な雪室貯蔵酒。これをこれから世に出していくために、まずは小浜市食文化館の皆さんに試飲していただいた。
夕方、試食用の減塩へしこも携えて、アイザワ商店ございんに向かう。

加茂のひまわり畑第一弾が咲き始めていた。まだまだ背丈も低く、花も小さい。8月には見頃になるだろう。
私としては、雪室酒・減塩へしこの紹介と試飲試食だけしてもらって、早々に帰るつもりで車で行ったのだが、どうやら懇親会参加者にカウントされていたらしく、かといって飲む気ゼロだったので、飲む方面に気持ちが切り替わらず(体調がまだ万全とはいえないのもあるので)、お茶とコーラだけで過ごした。
できれば来週あたりに京都方面に売り込みに行きたい。27日には雪室コーヒー第2回試飲会があるし、31日は雪運搬&雪室酒試飲販売会である。RCCM講座準備も忙しいけれど、こっちのほうももう少し力を入れていこう。

しかし飲まない飲み会というのはけっこう退屈だね。^^;

2018年7月12日木曜日

ToDoに驚愕して

RCCM試験は11月11日である。だからまだまだゆっくりしてていいかなと思いつつも、資料やオンライン問題などをどれだけ作ればいいのかなと思ってちょっとリストアップして、仕事机の横にぶら下げているホワイトボードに書いてみた。

驚愕の数である。しまった、書かなきゃ良かった。書いたとたんにげんなりして、思わず1時間ほどサボってしまった。^^;
こういうコツコツと資料などを作っていく作業は大の苦手である。
でも、8月初頭にはRCCMセミナーの講師をやるから、それまでにある程度作っておかねばならない。
うー、いやだなあと思いつつ、それでもやはり放ってはおけないので、少しずつ進めることにした。
こういう作業は圧倒的に夜が、それも深夜が集中できていい。
結果、徐々に夜型が進行して、最後は明け方近くに寝る生活になってしまう。困ったもんだ。

2018年7月11日水曜日

やはり蓄膿だ

耳鼻科に行ったのだが、やはり蓄膿だった。今日からまた薬を飲まなきゃいけなくなった。まあ痛くて仕事ができないなんて状態になる前だったからよかったと思おう。
ということで、現在オールタイム鼻声です。

体はもうすかりよくなったので、電動草刈り機を使って、裏の草刈りを1時間ほどやった。
気持ちいい汗をかいた。高熱が出ていたときのじっとり寝汗との違いよ。
まだ外がちょっと薄暗い時間に風呂に入り、さっぱりしてビール…はまだやめておいて、ノンアルビールを飲んで、ホウレンソウカレーをがばっと食べた。

添削も昨夜で全部終わり、次のRCCM講座の受け付けを開始した。インターバルなしだなあ。^^;

2018年7月10日火曜日

やはり蓄膿か

かなり楽になった。
熱はもうないと思うのだが、鼻水だけが残っている。におい、色、顔面の腫れている感覚、これはもう間違いなく蓄膿だと思う。
そういえば15年以上前、始めて蓄膿になったときも鼻風邪がきっかけだったように思う。
痛くなる前に耳鼻科に行かなきゃな。

2018年7月9日月曜日

ちょっとぶり返し

添削依頼受け付けを終了したので、その分は少し楽になった。もっとも最終日に駆け込み依頼がわーっときたので、これをこなしていかねばならないが、それでもこれまでは少し楽になった。
そのせいか知らないけど、少し風邪がぶり返したようにも思う。
今日はまた静かに寝ていた。少し添削しては1~2時間寝て、の繰り返し。
とにかくここは、しっかり治さねば。

2018年7月8日日曜日

ひどい災害だ

豪雨災害がかなりの規模であることが見えてきた。
まあ、あれだけの雨があれだけ降り続けば、土砂災害がすごいだろうと思っていたのだが、どうも倉敷では洪水の水深がものすごいようで、あれは天井川だったのだろうか。水深5mって。本当にそんな水深になったら2階立ててもダメだし、そもそも家が浮いてしまうだろう。
そして広島は、やはり真砂土ということが大きな素因なのかなあ。

ちなみに今回の出水の北川水位(高塚橋)。氾濫注意水位までも達しなかったのだが、一度下がりかけた水位が続く降雨でまだ上がっている。累加雨量を見ると6日時点で200mmに達していた。だから水害は怖くないが土砂災害は怖いなあと思っていた。
上根来はどうなっているか気になるところだ。
今日はまだ微熱が残っているので、来週になって体力が回復したら行ってみよう。

2018年7月7日土曜日

島バナナちょっと熟し過ぎ

昼食を食べにキッチンに行って、はっと気がついた。島バナナがそのままだ…

完熟を通り過ぎて、腐りそうになってきている。やばいやばいと、一気に食った。
熟していくのを楽しみながら少しずつ食べたかったけど、今回はもうどうしようもなかったなあ。

今日で今年度の筆記試験講座の答案受付は終了した。
駆け込み添削依頼は例年たくさんあるが、今年も30件を超えた。
大雨でそれどころではない人もいるだろうけれど、そういう理由で救済措置を講じると、必ずといっていいほど相乗りインチキが出てくるので、そういうことはもうしないと決めている。悲しいことだけど、そうしないと続けていけなくなる。
今年は特にギリギリの状態だったなあと思う。Keep君がいなかったらできなかったんじゃないかと思ったりする。

こういうことだってあるのだし、もういいトシなんだから、勢いだけで突っ走るのはやめとかないとな。みんなに迷惑がかかる。

2018年7月6日金曜日

ようやく微熱に

ようやく熱が下がってきて、今日は37度台になった。それでもまだ微熱がある状態なので、これまでと同様、家族に(とりわけ高齢の母に)うつさないように、寝室と仕事場のある2階からあまり降りないようにして過ごしていた。
今週はずっとこうして生活していたのだが、その間かかってコミックを読み通してしまった。

娘が買ったものらしく、段ボールでまとめて送ってきていた「鬼灯の冷徹」である。
モーニングは電子ブックで定期購読しているのでだいたい読んでいるはずなのだが、こうしてコミックになってみるとまた読んでしまう。
高熱があるけれど1日中寝ているので睡眠は取らなくてもいい状態で、ベッドでよく読んでいた。4巻から22巻まで、結局全読んでしまった。
ちなみに写真の棚は我が家の2階のトイレの棚である。

今日で総監の答案受け付けを終了した。ちょど大雨時期になり、仕事上答案提出どころではない人もいるだろうけれど、まあ仕方ないよね。

2018年7月5日木曜日

やはり処方薬は強い

やっぱり医者の薬というのはすごいもので、熱も下がり(それでもまだ38度以上あるが)、蓄膿の症状も緩和されてきたようだ。
この薬、飲んでから効いてくるまでに数時間かかるようで、さらに持続時間もそんなにない感じだ。まあまだ飲み始めて間もないから、これからだんだん効き目が累積してくるんだろうけど。
楽な時間にはデスクトップPC環境で添削を進めるようにした。なんとなく楽な時間は「今しかない!」という気になるもので、「今しかない以上、一番効率のいい環境で!」となるものだ。
2時間くらいをメドに目標件数を決めてデスクトップの前で集中的に添削して、目標クリアと同時に横にある藤ソファに横になって1~2時間眠って…というのを繰り返して過ごした。

2018年7月4日水曜日

三重苦状態

熱は下がらないどころか、20年ぶりの39度超え間近。ちなみにインフルではないからね。
さらに今日になって急に鼻水が出るようになった。…と思ったら、色やニオイがどうも怪しい。15年以上前に一度だけ発症した蓄膿の時と同じだ。実際頬のところが痛い。うっわー、もう歯痛と風邪と蓄膿とが重なって三重苦、そこへもってきて添削山積。
あーもうだめだ、ということで町医者に行った。
受付で検温したら、驚愕の39.3度。解熱剤と抗生物質、胃薬を処方してもらって帰宅。
昨日と同じく寝て寝て寝まくる間に添削を挟み、なんとか前に進む。

2018年7月3日火曜日

風邪3日目

体調はよくならない。熱は高止まりしたままで、食欲も減退。
とにかく睡眠取らなきゃと、ずーっと寝ていた。睡眠の間におカユの食事とちょっとだけ添削を挟む感じ。なんだか自分がミツユビナマケモノになった気分だ。
とにかく寝てばかりいるのだが、当然ながら眠りは浅い。
そして何がオソロシイといって、見る夢が(もしくは起きたときに記憶に残っている夢が)全部添削している夢なのである。
これは寝苦しいですよ。だってアナタ、夢の中で骨子法なんて使ってごらんなさい。間違いなく迷子になります。というか知恵熱が出てきます。
そして添削コメントを一所懸命書いているんだけれど、これって夢だから残らないんだよなあと夢の中で気づいては無力感の中にイメージが融け消えて行く。起きるとかなり汗をかいている。うーむ、まずい。さすがに睡眠と常備薬だけでは限界か。

2018年7月2日月曜日

病状悪化しつつあり

風邪の症状が確実に悪化してきた。熱は38度超え。まあもっとも私は子どものころから風邪を引くと簡単に高熱が出るタイプで、若いころも39度超えはしょっちゅうだったのだが、さすがにこのトシになるとぐったり辛い。
が、しかし他の誰にも変わってもらえぬ添削作業、Keep君あるを幸いに、ベッドで添削を続ける。
幸い、熱があろうとも頭はまだ回る。ただ燃費が悪い。6~7人続けて添削してダウン。これの繰り返し。
特に今は添削答案受け付け終了が近いので、添削依頼が殺到する。なんとかせねば。
午後は、延び延びになっていた総監100本ノックを更新。今年はこれまでになく更新が遅れた。申し訳ない。
2時間か3時間仕事をしては2時間ほど寝るのを繰り返しつつ、なんとか今日のノルマをこなしたぞと思うまもなく寝た。

2018年7月1日日曜日

体調を崩しました

昨日から歯が腫れてきた。私の弱点は歯で、昔か疲れが溜まったりして体調が落ちてくると、歯が腫れる。かつては親知らずが腫れたのだが、今は全部抜いているので、それはもうない。しかしそれに変わって最近ぐらつきだした奥歯の1本が腫れてきた。
あれ、なんでかなあと思っていると、どうも体が熱っぽくなってきて、どうやら夏風邪をひいたようだ。久々である。

しかたがないので、とにあく水分補給を多めにしながら、寝たり添削したり(この組み合わせって^^;)を繰り返している。

私は子供のころ、よく風邪をひく子だった。1年か2年に1回、一週間近く学校を休むような大風邪をひいた。
いや30代半ばくらいまで、1年か2年に1回、40度近く熱が出るような風邪をひいた。まあそれでも仕事は休まなかったのだから、逆に熱には慣れていたのかもしれない。
高熱でぼーっとしながら大事なヒヤリングを受けたり、現場で力仕事をして作業者の後部座席にひたりこんだりしていたものだ。

それが40代くらいからぜんぜん風邪をひかかくなった。特にここ10年は基本的に風邪をひかない生活になっている。
唯一の例外は一昨年で、何の巡り合わせか体調が低調気味で、4月にセミナーツアーを初めて最初の地である沖縄で、これも久々にメニエルが軽く出て、午前中ふらふらしていた。講義をしている間に体調は戻ったが、やっぱり直前に睡眠不足だったのがいけなかったんだなあと思っていたら、4月のツアー中に風邪をひき、かなり熱も出てきたと思う。さらに5月~6月のツアー中にまたも風邪をひき、それも途中いったん調子がよくなったものがまたぶりかえし、けっこう辛かった。ずっとノドの調子が悪かったなあ。
そして最後の北陸ツアーの講義の最中に歯が腫れだした。まあとにかくさんざんな3ヶ月で、終わってみれば体重が8kgくらいも減っていて、さらに血糖値が劇的に上昇し、ガンの疑いありということでCTスキャンまで撮るハメになった。
まあガンではなかったのでほっとしたけれど、今でもなぜあの3ヶ月があんなガッタガタの体調だったのかよくわからない。
何か体調の波ってあるんだろうなと思ったものだ。

どうも思うに、添削が自分のキャパを超えそうに集中すると、体調が落ちるような気がする。してみるとストレスが原因か。そうか、オレってナイーブだったんだ。

2018年6月30日土曜日

うだる上根来

久々に上根来へ。

今日はさすがに上根来も30℃超え。暑い暑い。

それでも窓や戸を開け放しているとそこそこ涼しい。レッツノートとファブレットでKeep君添削。誰もいない上根来だから遠慮なく声を出して口述筆記。
後半、さすがに暑さにへばり気味になったので、予定より早いが下山して、しばらく昼寝。
試験まで残り少なく、駆け込み添削依頼が週末わーっと来た。明日もラッシュだろう。
なんとか体力を温存しいて乗り切りたいところだ。

2018年6月29日金曜日

お茶目なKeep君

最近は、添削はとにかくKeep君を使うようになった。早さがぜんぜん違うし、タイピングするときの面倒さがないせいか、コメントもけっこうボリュームがあるものが多くなっている(その代わり話し言葉を書き言葉に成形する面倒はあるのだが)。

で、Keep君、賢いのだが、ときどお茶目なボケをかましてくれる。

「設問3」→「お坊さん」
「社会の信頼を失ってしまう原因」→「社会の信頼を失ってしまうゲイ」

など、なかなかシュールなのも混じっている。
使い込むとメモリのゴミが溜まるのか、動作不安定になるのが玉に瑕だが、そういったことを差し引いてもかなりの便利グッズである。

ワーク用の画面はこんな感じですね。Keepで入力してテキストをメモ帳のテキストファイルに貼り付けて保存し、それをMultiPeplaceで整形し、出来上がった置換済みファイルをメモ帳にはりつけ、ここで最終整形してEvernoteに貼り付ける。

Keep君のおかげでずいぶん楽になったのは確かだ。

2018年6月28日木曜日

たまには?酔っ払い

今日も今日とて添削まみれの日になったが、夕方からNPO関係の用事で外出。そのまま「どんど」で夕食。久々に小浜の魚を食べつつ日本酒を呑み、気持ちよく酔った。

夜10時過ぎの駅前通商店街の風景。うーむ、まちごと丸ごと無人君状態。^^;

帰宅して風呂に入り、エスプレッソを淹れて飲み、しゃきんとして仕事再開…のつもりが、今日はあっさり寝てしまいましたとさ。^o^;

2018年6月27日水曜日

わたし待つわ

年に一度の成人病検診。朝早く高浜病院へ。例年、胃の検査をバリウムにするか胃カメラにするかで悩む。
胃カメラのほうがまちがいないのだけれど、とにかくしんどい。いつもおえおえ言いながら涙とヨダレでべとべとになる。私はナイーブなのである。
でまあ、今年は胃カメラにした。バリウムで引っかかって胃カメラを飲まなければならない羽目になると、ダブルで悔しいから、まあいっそ最初からと思ったのである。
例によっておえおえ言いながら涙とヨダレでべとべとになった。あわれである。

そしてそこまで苦労して、胃はきれいなものであった。なんともなくて何よりだとは思うのだけれど、なんだかちょっと気が抜ける。
いっそのこと、胃カメラ技師が「こ、これは!!」などと叫び、それを見た看護師が「いやあああ!!」などと叫べば、私としても涙とヨダレを流しつつもそれなりの緊張感を持って「ど、どうしたのれすか?」などと言えるのだが、何事もなく、あの苦しみなどなかったかのように管が抜かれていき、最後の診察に至っては、カルテをぺらぺらとめくり、2秒で「いいでしょう」と言われたのでは、検査が異常が見つかって大変な目にあわれた方には申し訳ないのだが、ちょっと拍子抜けである。

何やかやで終わってみれば11時半であった。バリウムだけでしゃーっと検査を終えた年は10時前には終わっていた。いやもうさんざんに待たされた。
おかげで添削はできたけど、Keep君になれた最近では、タブレットにソフトキーボード入力するなど、責め苦に近い。

まあとにかく、なんともなかったことに感謝しつつ、せっかく高浜まで行ったので、そのまま西へと走り、舞鶴のラポールに行った。山男なので、久々にカットコムズで散髪したのである。カットコムズだと1,000円だが、小浜市内だと4,000円以上する。どの散髪屋に行っても同じ値段で、ついでに言うとどの散髪屋も同じ時刻に店じまいする。
今さら組合どうのこうのと言う気はないけれど、気に入らない。気に入らないからいつも市外で散髪する。
ところが今日に限って混んでいて、ずいぶん待たされた。

さらに帰りがけに眠気払いにとマクドでコーヒーを頼んだら、3分待ってと言われてその実5分以上待たされた。
なんなのだ今日は。

小浜市内に戻って少し買い物などしていたら、結局帰宅は4時近くなっていた。^^;

2018年6月26日火曜日

シャレオツなパソコン

先日、女房のパソコンが起動しなくなった。リカバリもできないようで、修理すると5万円かかると言われた。
Windows8パソコンでもあったので、この際買い換えることにしたのだが、タッチパネルのノートパソコンって売ってないんだね。ちょっと前までは1クラス上だと必ずあった機能なのに、なんでだろう。
まあとにかく、タッチパネルがいいというので、どうしようかなあと思っていたら、いいのがありました。ヒューレット・パッカードのSpectre。

にかくデザインが秀逸である。私は黒色や銀色のレッツノートやバイオみたいにメカっぽいのが好きなのだが、女性はやはりこういうデザインのほうがいいんだろうな。白とゴールドがおっしゃれ~である。

画面は13インチでテンキーもないが、とにかくおしゃれで、そして薄い。

メーカーサイトの写真を見れば、その薄さがわかるだろう。たいていの薄さをウリにしているPCは、エッジだけ薄いけれど、本体はどっしり厚いことがほとんどだが、これは本当に薄い。重量は1.1kgほどで、そこそこ軽い。まあ滅多に動かさないけど。

その代わり端子はUSBタイプCが2つしかない。だから変換コネクタが大量に必要になる。ちなみにACアダプタまでUSB-Cだ。
このあたりがファッションとしてのPCという切り口ゆえんだろうなあ。

でも、機能にしても、デザインにしても、日本メーカーはダメだなあと最近本当に思う。
別に国産にこだわるつもりはないけれど、やはり機能やデザインが同等なら国産品を買いたいなと思うのだが、最近はそれができなくなってきている。悲しいことだ。
今度出たXperiaXZ2のデザインの鈍重なことといったらどうだろう。案の定、売れてないらしいが。
その点、中国・韓国・台湾メーカーの伸びはすごい。今使っているASUSのファブレットなど、あと防水とおサイフケータイさえクリアしたら、間違いなくメインマシンとして使うだろう。
たった10年ほどの間に、世の中は激変した。家電はもう日本製品を買ってはいけないのかもしれない。

2018年6月25日月曜日

誰が熊やねん

例年ながら、添削のピークである。
そういうこともあって、散髪にももう1ヶ月以上行っておらず、ヒゲも整えていない。
ということで、沖縄でもそうだったのだけれど、かなりアヤシイ風体になっている。
そのせいか、気晴らしをかねて買い物に行ったら、何人かのおばちゃんに不審者を見る目で見られた。アヤハディオでは元社員だったしげちゃんに合ったが、「何とかしろ」と言われた。^o^;
でも、そんなことにはかまってられないのだ。毎年のことながら、受験生以上に過去問題を見ていると思う時期だ。

2018年6月24日日曜日

Keep君のおかげです

日曜日なのだが、どこにも行かずひたすらPC仕事。

仕事部屋のツインディスプレイにレッツノート、そしてアームスタンドにファブレットを乗せたものを顔の手前まで持ってきて、Keep君で口述筆記。
これが非常に効率的で、ディスプレイに写る答案を読みながらどんどん話す。慣れてくると最初からコメントにできる文章を話せるようになってくる。ただ漢字のクセとか、句読点がいっさい入らないとかあるので、これをMultiReplaceというツールでフィルタにかける。そうすると、句読点を加えるだけでほぼコメントにできる文章になるので、これをEvernoteに貼り付けるという作業をすれば、体感的にはキーボードで打ち込んでいたころより少なくとも1.5倍くらいの作業スピードアップになっていると思う。
毎年この時期は添削に追われてへろへろになるので、このツールはありがたい。

2018年6月23日土曜日

今日から引きこもります

帰宅した翌朝はいつもこうなのだが、やはり我が家は落ち着くのか、旅先ではあり得ないくらい朝遅くまで寝る。今朝は目覚めたら10時過ぎ。まあ昨夜は2時すぎまで起きていたから、睡眠時間はそんなにびっくりするようなものではないのだが。
のそのそと起きて、朝風呂に入って、のそのそとPC仕事を再開。

ブランチにでも行くかと思っていたらたむから、いや上司のたむさんからメールが来たので一緒に食事をして、また帰宅して仕事再開。

石垣で買ってきた島バナナが届いていたので吊りました。これが熟していくのが楽しみだ。

まあとにかく今日からしばらくは添削漬けになる。試験まで3週間、ここからエンジンが掛かり出すという困った人が多いのですよ。^^;

2018年6月22日金曜日

とにかく、帰る

東京で1日かけて企業セミナーを終え、予定より少し早めの新幹線で帰路についた。
といっても、練習問題と添削がピンチな状況は変わらず、新幹線車内ではひたすらPC仕事…のつもりが、疲れが出たのか、今日で帰れるという安堵感からか、半分くらいはぐっすり寝込んでいた。
米原で特急しらさぎに乗り換えて敦賀へ。

初夏の青空に夕焼けが混じり出す中、遠くに伊吹山がみえる。しらさぎ車内では今度こそお目々ぱっちりでPC仕事にはげむ。

敦賀駅で遅めの夕食。天玉うどんとおにぎり。ずっと沖縄そばを食ってくると、このうどんのだしが妙にうまい。でもまた沖縄に行くと、3食全部これでもいいぞというくらいそばを食う。面白いものだ。

9時すぎ、小浜駅着。帰宅してからもPC仕事を続け、ようやく今日のノルマを達成したのは夜中をかなり回ってからだった。

2018年6月21日木曜日

真夏の宮古島

酒が残ってるなあと思いつつ起床してチェックアウト。レンタカーを借りて宮古島周遊に出発。

てか、一気に晴天も晴天、朝からじりじりと暑い本格的な夏になっていた。最後の日に予想外のプレゼントである。

伊良部大橋。うーむ、宮古島ならではのエメラルド色の意味が素晴らしい。

渡口の浜。もうとにかく美しい。風が強いが、空はコバルト色である。

 みゃーくさんと合流。ガイドをしていただいた。これは下地空港の沖だが、「あそこに何があるんだ?」と思うようなスポットである。あそこに船で行ってみたいものだ。

伊良部島はお墓もカラフル。前回は気がつかなかった。やはり地元の人の案内で来るというのはいいものだ。

順序は前後するが、下地空港近くの魚垣(カツ)。干潮時に現れる程度の深さに石を積んで、魚を追い込んで捕っていたらしい。おもしろいものだなあ。

通り池。なぜかここだけ風がなく、一気に汗だく。去年の6月にもまったく同じような天気でここに来て、同じように汗だくになった。デジャブである。

牧山展望台から伊良部大橋、宮古島を望む。ここでも同じように汗だくになって、同じような写真を撮ったなあ。^^;

昼食は平良港の近くで焼きそば。沖縄そばの麺を使っていて、うまい。フツーの食堂だが、なにやらネットで有名になっているらしく、地元の人より観光客が多いようだ。

午後は地下ダム資料館へ。去年の9月には気づかなかったのだが、地下室にボーリングコアが展示されていた。琉球石灰岩と島尻泥岩の境界部分のコア。

宮古島南東端の東平安名崎。灯台があるのだが、行ってみるとなんと中に入れるという。

90段の階段を上りきると、こりゃあ滅多に見られないぞという光景が。

みゃーくさんお勧めの新城海岸。美しい浜辺で、大勢お人がいたのだが、こうして写真を見ると、まるでプライベートビーチで写真を撮ったようだ。

宮古馬の牧場を案内してもらった。ちょうど飼い主さんがおられ、いろいろと興味深いお話しをお聞きした。金銭的には大損しながらも笑って馬の世話をしている、こういう人は大好きで、ぜひまたゆっくりお話をしに来たいなあと思う。
宮古島市内のしまむらでカッターシャツを買って着替え、かりゆし一式を宅急便で送った。気持ちが一気に沖縄モードから東京モードになった。

空港内の食堂で宮古そばを食べて沖縄ツアーに区切りをつけた。最後の日には晴天に恵まれ、またみゃーくさんにお付き合いいただいて、本当に充実した1日を過ごせた。心から感謝。

当初予定の19:45から30分遅れて離陸。宮古市街の明かりが眼下に広がる。写真だとしょぼいけれど、実物はけっこう明るい。

23時前、羽田空港着陸。やっぱり東京は光の量が違う。京急線から大江戸線を乗り継いで門前仲町へ。0時過ぎに東急ステイにチェックインし、早速室内洗濯機で唯一の服を洗濯。
ほんの少しだけPC仕事をしたが、さすがに眠くて陥落。

2018年6月20日水曜日

徐々に天候回復か?

宮古島セミナー。今年の筆記試験講座最後の講義である。
受講生は数人だが、心を込めて最後の講義を。

朝、ホテルの前にて。なんだか晴れてきてないか?風は強いがそこそこ暑いし。

昼食は合同庁舎のレストランで日替わり定食。まあつまり宮古そばとライス。ニガナが入っていて、これもまた新鮮。

午後は個人指導だが、早めに終わったので、ホテルに戻って添削と練習問題作成。いやこれは本当に晴れてきたぞ。
夜はホテルの中にあるレストラン兼居酒屋で懇親会。途中から参加してくれたみゃーくさんと意気投合し、そのまま二次会というかちょっと飲みに行き、久々の午前様となった。
ちょっと深酒だったな。^^;

2018年6月19日火曜日

バタバタと石垣島周遊

のそのそと何とか起きて、車を出す。今日は石垣周遊のあと宮古島への移動日である。
JUNさんを拾って、まずは石垣島最大の名所である川平湾へ。

鉛色の空とくすんだ海を見せてあげようと思っていたら、それどころではなく、白波がたつ荒れ模様の天気で、グラスボートが揺れている。やがて沖に出ていたグラスボートが、漁船か?というくらい波を蹴立てて戻ってきた。絶対酔うのでグラスボートはとりやめた。

野底マーペ。いつ見ても印象的な山である。どうもこの山には登れるらしい。というか、尾根沿いをけっこう近くまで車で行けるというではないか。今度はぜひ挑戦せねば。

石垣島の北東に長く延びる半島の先端、平久保崎。なぜか駐車場が大ラッシュ。

宮良川のヒルギ林。思いの外石垣島一周が終わりそうだったので、昼食は市内に戻ってとることにした。

昨日はあんぶれらだったので、今日は一休へ。そして今日も牛そば。^o^;

市街地のマックスバリュに行き、JUNさんが帽子とサンダルを買っている間、喫茶コーナーで添削。時間に追われる私を気遣ってくれるJUNさんに感謝。

6時半の飛行機で宮古島へ。琉球エアコミューターのプロペラ機はけっこう好きである。

宮古島に到着。西里通りでタコライスを食って、いつものピースアイランド市役所通りに投宿。今日はJUNさんが気を遣ってくれたおかげでけっこう添削も練習問題も進んだ。

2018年6月18日月曜日

石垣はいつも雨

思いの外早い時間に目が覚めたので、早朝添削。早寝早起きにあこがれているのだが、滅多にできない夜型人間である。

今回は、レンタカーを2日間借りることにした。天気はどんよりと曇っている。
レンタカーで大知企画さんまで行って、午前中は講義。といっても今日の受講生は3人で、しかも農業土木のみなので、思いっきり絞り込んで講義。というか過去問題分析。

昼食は、いつものあんぶれらへ。雨が降り出して、本当にあんぶれらがいる天気になった。

石垣に来たらこれ、牛そば。実にうまい。

午後もずっと雨。雨の向こうに竹富島だけが見えた。

人数も少ないので早めに終了。レンタカーでゆらてぃーく市場へ。パインその他を買い込んで発送したあと、車をホテルに置いて、今度は歩いてユーグレナモールへ。おみやげを適当に見繕って購入・発送。

離島ターミナルに立ち寄って具志堅用高像にご挨拶。^^;
夜は大知企画の社長さんとaoさん、JUNさんと4人で会食。そしていつもの銀へ。

相変わらずツマミとは思えない量の料理が出てくる。今日はスイカまで。^^

そして恒例のカラオケタイム。JUNさんが歌った歌はヒミツです。

ちょうど出張中のたくくも参入して、にぎやかな宴となりました。

〆はメガンテーでそば。数年前に1人で夕食を食べに来て、そばとおでんを食った店だった。細麺の八重山そばがうまい。
ホテルに戻ると、ほぼ翌日になりかけていた。やらないといけないことはたくさんあって、けっこうピンチになってきているのだが、沖縄の皆さんとの時間は一番大事なので、しかたないよね。