2018年9月18日火曜日

帯に短し

ちょっと困ったことになった。
長年(といってもたかたが5年か6年程度だが)愛用してきたタブレットが使えなくなりそうだ。

シャープのアクオスタブレットSH-06Fという機種で、名刺と比べればわかるようにコンパクトで、ジャケットの内ポケットにぴったり入る。
使い勝手もいいのでずっと使ってきたのだが、いかんせんOSのバージョンが古く、対応していないアプリが出てきた。何とか手を尽くしてしばらくが延命しそうだが、そろそろ後継機を考えねばなるまい。
望ましい条件は、SH-06Fの持っていた以下の条件である。

  1. コンパクトであること。両手で持ってソフトウェアキーボード入力がしたい。できればジャケットの内ポケットに入るくらいコンパクトだといいなあ。
  2. できる限り防水であってほしい。旅先でバスタブに浸かりながら添削したり本を読んだりAbemaTVを見たりゲームしたりしたい。
  3. SIMが使えることが望ましい。スマホのSIMだけでは月間容量オーバー&スピードダウンの憂き目に遭いかねない。
手元に数あるスマホに当てはめてみよう。

第1候補はなんと言ってもこれ、SH-06Fの後継機であるSH-05G。サイズはほんの少し小さく、そして薄い。docomoタブレットだからSIMも使える。もちろん防水。つまり条件1~3は全てクリアしている。ちょっとだけAndroidのバージョンも新しいので、目下のアプリの悩みはない。
完璧かとも思えるのだが、いかんせんどうも不安定である。フリーズしやすいし、すっごく遅くなったりもする。一度ツアーに持ち出して、その不安定さに辟易してSH-06Fに戻ったという苦い思い出がある。

docomoの「dTab Compact」。ファーウェイのタブレットで、SIMは使えるのだが、8インチあるので両手ホールドは難しく、ジャケットの内ポケットには入らないだろうなあ。防水でもないし。

ASUSのS580。7.9インチで、iPad miniとほぼ同じサイズなのでiPad mini用サプライが使え、キーボードと組み合わせてノートPCみたいにしてある。そういう点で気に入っているのだが、両手ホールドは困難で、防水でもなく、さらにSIMも使えない。

ASUSのファブレット。上根来用にYモバイル契約してあるので、SIMの問題はない。6.8インチなので両手ホールドは可能。ただし細長い分だけSH-06Fなどに比べると表示行数が少ない。でも細長さゆえにジャケットの内ポケットは余裕で、パンツ(ズボンね)のポケットにも入る。ただし防水ではない。

NECの7インチタブレット。ASUSファブレットとほぼ同じサイズなので両手ホールドできるものの表示行数は少ない。防水ではなく、SIMも使えない。ASUSファブレットより軽い(すごく軽く感じる)のは魅力かな。

うーん、こうしてみるとSH-05GかASUSファブレットだなあ。
幸いなことにスマホが防水で6インチあるから、風呂に持ち込むのはスマホのほうにすれば防水でないという欠点はカバーできる。そう考えるとファブレットかな。

でも、こういう世界も魅力ですね。GPDポケットとスマホだけ。コメダのたっぷりカフェオレとモーニングAを置いてもなお余裕。

2018年9月17日月曜日

思いっきり外作業

今日もまた雨なのだが、上根来でアブラギリの実を収集するためのネット張り作業。

斜面を覆うアブラギリの間に、もう5年も前だろうか、もっと前だろうか、補助金をもらって張ったネットだ。まだ残っているんだろうか。
これが残ってたんだな。土が被ったり、シダが根を張ったりして、杭も腐っているものがあったけれど、ネットは全部そのまま使えた。
午前中いっぱい作業をして、何年ぶりだろうかというくらいに全身泥だらけ。車のシートが汚れないようにゴミ袋を2枚かけて帰宅し、風呂場の洗い場を茶色く染めながら作業着を洗って、正午の朝風呂(?)を楽しんで、ノンアルビールを飲みながらインスタントラーメンかっ食らって、どさーっとヒルネした。いい気持ちだ。

2018年9月16日日曜日

後の祭り

3連休2日目、女房の妹が急遽小浜に来られなくなったため、代打で(きっと、しかたなく)私が女房と一緒にホテルレストランのバイキング昼食に行った。

静かな湖畔の森の陰から。三方五湖のひとつ、水月湖はいつも波静かだ。

甘エビや刺身がやっぱりうまい。久々にゆっくり落ち着いて昼食を食べた。

夜、夜回りの集合時間よりもちょっと早めに家を出て、モスバーガーでノマド。なんだか最近、このポケット&アクオスのミニサイズノマドが気に入っている。
モスバーガー、今大変みたいだけど、がんばれ。

放生会は今日も「あれ?」というくらいの人出。そんな中、小雨が降り始めているというのに、延々と祭りの終わりを楽しんでいる山車があった。祭りを楽しんでいるなあ。老若男女一緒に祭りを楽しんだんだものな。そんなにあっさり終わったらもったいないよな。すっごく気持ちよくわかる。
ちなみに、今日も協助員的には何の心配もいらないような平和な夜だった。

2018年9月15日土曜日

忘れたころに

今日から三連休。関西(関空)そして北海道と、災害に対する意外な脆さに驚く日々だったが、関空は全面復旧が視野に入ってきたようだ。北海道も全面復旧は遠くないだろう。
沖縄に行って何度か耳にしたのは、あんな風速の中をトラックで走ればそりゃあひっくり返るさぁという話。風の力を知っている人たちならやらない・やらせないことだったようだ。
それだけ経験のない風だったということで、小浜でも電柱が折れたそうだし(私は台風翌朝に高知に発ったので知らなかったのだが)、我が家でも雨戸シャッターが壊れた。
今回は経験のない災害ということで仕方がないのだけれど、おそらく今後はそういう災害にも備えなければならなくなるのだろう。
そういえば、何やらバイアさんも災害(人災)に遭ったらしい。これだけ多くの人間が密度高く住んでいると、時々わけのわからないことにも遭遇すると思うけど、まあしなやかにいなしていきましょう。

夜、放生会の夜回り。夕方から雨が降ったりやんだりで、人出はまばら。9時半過ぎにはもう夜店は片付けて、通りはひっそりしていた。
最後にたこ焼きでも買って帰って、ビール飲もうと思ってたのに。ちぇっ。
そういえばもう5年ほど前になるか、放生会の2日目に台風がやってきて、水害が発生してボランティアセンターを開所して大騒ぎだったこともあった。

これは5月に羽田から松山に向かう飛行機から見えた紀伊半島の光景。おそらく平成23年度豪雨の傷跡だ。3.11と同じ年に起こった災害の爪痕が今もくっきりと残っている。
災害の傷跡・爪痕が消えていくには膨大な時間がかかる。
ところが人間のほうは、生活が旧に復すると、驚くほど短時間に災害の記憶を薄れさせる。
災害は忘れたころにやってくる。
皆様、備えをゆめゆめ怠りなきよう。

2018年9月14日金曜日

ミニサイズ

久々にコメダでモーニングを食べ、それからあれこれ溜まった用事を済ませて回った。

一区切りついたので、マクドでコーラ飲んでしばしのノマドタイム。
タブレットで添削答案を表示して、パソコンでテキストを入力するというのがいつものパターンで、たいていはパソコンがレッツノート(10インチ)かバイオ(11インチ)、タブレットがアクオスパッド(7インチ)というパターンが多い。
今日は身軽に出かけたかったので、パソコンがGPDポケット(7インチ)、タブレットではなくスマホ(アクオス。6インチ)という目下の所の最小サイズペアを持って行ったのだが、そこそこ実用になる。
ポケットは7インチだからさすがに小さいのだが、Evernoteでテキスト入力するだけならけっこうはかどる。キー配列が特殊で、そこが玉にキズなんだけれど、その点が改善されて処理速度もアップしたポケット2が近々出るらしい。実はもう予約してある。^o^
スマホは6インチなので添削答案を表示するには大きな不足感はない。
あとは目がしょぼしょぼして小さな字が見えなくなるまでの耐久時間だな。^^;

2018年9月13日木曜日

グアバけっこううまい

今回は一週間小浜を空けただけなのになぜか片付けるべきことが山積。バタバタと1日を過ごした。

郵便物が来ていたり、行く前に出席した会議資料がたまっていたりするので、まとめてスキャン処理して、基本的には紙の書類は廃棄。
かれこれ10年近くなる習慣だが、子供のころから整理整頓が苦手な私にとって必須の習慣で、こうしていても物置はだんだんモノで埋まってくるのだからオソロシイ。
そしてペーパーレスとはいっても、今度はスキャンしたPDFファイルがどんどん溜まってくる。
今は使用頻度にあわせてEvernoteとパソコン(ローカルにも保存するOneDrive上のフォルダ)とクラウド(ローカルには保存しないOneDrive上のフォルダ)に分けているのだが、OneDriveそのものが半分近く埋まっている。この元凶はビデオファイルで360GBほどある。そのうち整理しよう。

また今回の旅では、外に出ている一週間の間に、例年やっている小浜小学校での体験活動、いきいきサロンでのお笑い上映、オバマージャンの取材と3つも依頼が入り、すべてを社協のなかの君となべちゃんにお願いすることになった。
あまりに申し訳ないので、タコライスの素と石垣牛カレーを持って行った。ひーじゃーとかなかみ汁にしようかとも思ったのだがやめた。

石垣島のゆらてぃく市場で買って送った果物のうち、グアバが食べ頃になったので切って食べてみた。ねっとりと、少し甘い赤グアバ、決してかみ砕けないタネがあるけれど、私は好きだ。

2018年9月12日水曜日

帰ったら秋だった

これまでの宮古島セミナーの後は、オフ日を取ったり出発時間を遅くしたりしてレンタカーで島内観光をしていたが、ひととおり回ったかなとも思うので、今回は朝の便で帰ることにした。みゃーくさんがホテルから空港まで送ってくれた。ありがとね。
急いで帰らねばならない用があるわけではないので、よく考えてみたら多良間島まで行くとかやっておけばよかったかなとも思う。結局、セミナーの後の空き時間はホテルの部屋で添削して過ごし、飲み会もホテル内の居酒屋でやったから、今回は空港とホテル、そしてセミナー会場しか行っていない。^^;

今日はもう帰るだけ、という段階になって晴れ間が出てきた。くそぉっ。

宮古島空港のA&Wは電源があり、WiFiも飛んでいる。ノマドができるのだ。

そしてA&Wなのにそばが食える。昨日はそばを食ってなかったと思い出し、朝食代わりにそばを食った。「宮古そば」とあったが、八重山そばとの違いがいまひとつよくわからない。

定刻通り10:15離陸。宮古島は、空から見たこのパッチワーク模様が好きだ。

久米島が見えた。ここも飛行機で行けるから、いずれ行ってみたい。

那覇のまちが見えてきた。那覇空港が混んでいるということで、予定より20分近く遅れて着陸。

さらに那覇→伊丹便は、これも到着が遅れたということで予定より20分遅れて離陸。

久高島が見えた。こうしてみるとやっぱりこじんまりした島だなあ。

2時間弱のフライトで、予定より15分ほど遅れて伊丹空港に着陸。モノレールで蛍池へ、そして阪急で大阪駅へ。そしてサンダーバードで敦賀駅へ。

敦賀駅で待ち時間があるのでいったん下車しようと改札に行ったら、驚くべきことに自動改札になっていた。敦賀駅と自動改札という組合せがあまりに意外だったので、一瞬どうやって通過するんだっけと迷ってしまった。^o^;

立ち食いそばで天玉うどんを食った。考えてみたら今日は(今日も)麺類だけ食ってるばあ。

小浜線で添削しながら小浜駅へ。1時間たっぷりかかるが、なぜかいつも仕事ははかどる。
夜7時前、小浜に到着。敦賀でも感じたが、肌寒いくらいだ。
帰宅して事務処理などしたあと、9時からSkype面談。
終了後、ゆっくり風呂に入ると、秋はしっかりと進んでおり、窓の外では虫の声がにぎやかになっていた。

2018年9月11日火曜日

宮古の夜はニコニコ太郎

宮古島セミナー。少人数なのでパワポ使わず、久々に黒板で。ホワイトボードじゃなく黒板です。懐かしい。でもチョークの粉でけっこうたいへん。

昼食は、以前一度フラれた(行ったら閉店中だった)菊栄食堂へ。

満員で品切れ続出状態の中、みそ汁をオーダー。本島で食べてから6年か7年ぶりじゃなかろうか。

夜はホテル内の居酒屋で。こちらも座敷席は満員でテーブル席。海ぶどう、島らっきょう、もずくの3点セット。

そして宮古島に来たら泡盛はいつもニコニコ太郎。本当にこういう名前なのが面白いが、間違いなくうまい。

だんだん顔なじみも増えてきて、うれしい限り。みなさん、これからもよろしく。
部屋に戻り、風呂に入って冷たいさんぴん茶を飲んで少ししゃんとしてデスクワークを少しして、気持ちよく寝ました。

2018年9月10日月曜日

石垣でノマド

朝、ホテルの部屋でデスクワークをしているとバラバラと雨。どうも今日は降ったりやんだりのようなので、鳩間島行きは次回の楽しみにとっておくことにして、今日はずっと石垣のまちにいることにした。

といっても、特に行くところがあるわけでもない。ユーグレナモールをうろうろして、アーケード街の南側の端っこ近くの2階にある「カフカ」というカフェで1時間ちょっと粘って添削に精を出した。ここはありがたいことに電源がある。また沖縄フリーWiFiに接続できる。
さらに離島ターミナル近くのブルーキャビンに今日も行き、ここで2時間近く。ここにも電源があり、さらにブルーキャビンのWiFiもある。

一区切り付けて外に出てみると、いつの間にやらいい天気になっている。
昨夜「銀」で借りた傘を返しに行って、またユーグレナモールのほうに戻り、今度は北側にある「バナナカフェ」で1時間半。ここにも電源と自前WiFiがある。
ということで、私が知る限りで3軒の電源付きWiFi接続可能なカフェがあるので、石垣市内でノマドワークをするのはけっこう簡単なのだ。

4時近くなったのでバスターミナルへ。空港行きの乗車券を買う。おお、2000円札が使えるぞ!

バスで石垣島空港に行き、遅い昼食。
いつも石垣空港では、ロビーのお店ではなく、事務所のほうへのドアを入り、通用口近くにある「ゆうなパーラー」で食べる。空港職員が使うお店のようだが、一般客も食べられる。そば各種とタコライス、カツ丼といったものがある。

RACのカーゴ・コンビで宮古島へ。これは貨物室を拡張したRAC特注仕様の飛行機だそうだ(参考)。18:40出発、19:10到着。短い旅である。

宮古島空港からタクシーでまっすぐ定宿のピースアイランド宮古島市役所通りへ。
館内にある居酒屋兼食堂に入り、軽い夕食。ビールとにんにく肉豆腐チャンプルー。

そして〆にソーキそば。今日はそば2杯食べたぞ。^o^

ホテルの部屋からの夜景。といっても市役所が見えるくらいだけど。^^;

このホテルは部屋に洗濯機があって、少し時間がかかるが乾燥までできる。最低限の着替えしか持たない旅には実に心強いのだ。
さあて、明日がこの旅最後のセミナーだ。

2018年9月9日日曜日

石垣は今日も雨だった

朝6時起きで、眠いようと思いつつ空港へ。昨夜遅くにそば食ったので、今朝は朝食抜き。

7時20分の便で石垣島へ向かって離陸。那覇は曇りである。機内では半分眠っていた。

石垣島に到着。日の差しているところもあるようだ。空港で確認したら、午前中の一次試験は受講生なしとのことだったので、午前中はゆっくりすることにした。
それなら朝もっと寝ていられたなあとも思ったが、飛行機はずいぶん前に購入しているから同じかな。いや、多少のキャンセル料を払ってでも朝寝を選んだかもしれないなあ。

空港からバスで離島ターミナルへ。待合室のベンチで少し休みつつ添削。

ようやく少し腹がすいてきたのでポーク玉子おにぎりを買って遅い朝食代わり。

ゆらてぃーく市場へ行こうと歩き出したら、突然モーレツな雨。傘をさすも、あっという間に足下がずぶ濡れになって、たまらず雨宿り。

まもなく雨は小降りになったので、ゆらてぃーく市場でフルーツなどを買って送り、さらにユーグレナモールに移動してお菓子などを買って送り、ブルーキャビンでカフェラテを飲みながら添削。

昼になったのでまた離島ターミナルに戻ってそばを食って昼飯にした。毎日そばだけは食ってる。^^;

午後はRCCM講座。少人数だったので個別指導を挟みつつ夕方まで。外に出ると、竹富島、小浜島、西表島がよく見えた。
夜、aoさんと食事して「銀」へ。いつものように楽しく夜中まで飲んだ。ホテルに戻るともう日付が変わる直前で、たらふく飲んだので風呂にも入らず、とにかく寝た。