2018年12月12日水曜日

東京南の島物語②

目覚めたら、なんと4時前だった。スマホに残る未読メールからみて、昨夜は9時過ぎにはもう寝てしまったらしい。7時間近く寝たことになるので、目が覚めるのは当然か。
夜型人間の私にとって、この時刻はどうにかすると仕事をしていたり飲んでいたりして、昨夜からの続きで起きている時間帯なので、もうびっくりである。
5時前までとろとろとしながらベッドの中にいて、5時過ぎに朝風呂に入った。
6時過ぎ、もうすぐ夜明けだから、海に朝日を見に行こうかな、日の出が見られるかなと外を見ると。

ないない絶対ない。昨夜からの雨が降り続いており、向こうの八丈富士は相変わらず雲の中、とうか雲が昨日より低く垂れ込めているようだ。日の出など論外である。
しかたがないのでコーヒーを淹れて飲みながら読書をしたりして、ゆったりした早朝を過ごした。

7時の朝食タイムを終えてすぐにチェックアウトし、レンタカーで出発。港に行ってみたが、かなりのうねり。風速計がくるくる回っている。いやーな予感がするが、ともかく時間を大事に使おうと昨日の大阪トンネルにもう一度行ってみることにした。

大阪トンネルに向かう道路はこんな感じで、写真ではあまり感じられないが、山肌をぐんぐん登ってトンネルに至る道路だ。平面的には凹型になっているのだが、これは三原山の側方で起こった噴火による爆裂火口跡のらしい。

昨日より八丈小島ははっきり見えるが、雲をかぶっている。八丈富士も上半分は見えない。

市街地に戻る途中、玉石垣が崩れているところを発見。こうして見ると空石積のようだが、こんなに丸いものを空石積して、それも真横にせん断面を通したら崩れないほうが不思議だ。見た目は確かに良いのだが…興味深い土木文化遺産だ。

今度は島の北西海岸を目指す。夕日ヶ丘展望台から望む八丈小島。さらに八丈富士周辺の一週道路を回ったが、ほとんど何もなかったし、曇った空と荒れる海見えるだけだった。晴れていれば八丈富士に登るのだが。

さらに今度は島の東側の登龍峠へ。ぐねぐね道をがんばって登ったものの、風雨強く、眺望もほとんどなし。

帰路、けっこう傾斜した層理面が出てきた。三原山火山の火山灰か、あるいはもっと古い基盤岩か、どちらかだろう。八丈富士のほうではきっと見られない堆積岩だろう。

レンタカーを返して空港へ。今日は三宅島に移動する。八丈島→御蔵島→三宅島とヘリで移動するのだ。伊豆七島には「東京愛らんどシャトル」というヘリ定期便が運行しているのだが、今日は八丈島→御蔵島→三宅島、明日は三宅島→大島とヘリ移動して、最後は大島→調布飛行場と飛行機(新中央航空)で移動するという、非常にマニア?な計画なのである。

…と思っていたら、なんとヘリが欠航!
東京愛らんどシャトルを運航する東方航空のカウンターで、びっくりするくらいあっさりと「欠航です」と言われた。いやーん。
八丈島→御蔵島、御蔵島→三宅島とも1日1便だから、もう今日は三宅島に移動する手立てはない。
かくして、八丈島&三宅島ツアーはもろくも崩れ去ったのでありました。
代替案は3つ。

●A案
 今日は八丈島にもう1泊して、明日、八丈島→御蔵島→三宅島→大島という、もはや緊急患者のリレー搬送にしか思えないルートでヘリを乗り継ぎ、最後に大島→調布飛行場と移動する。八丈島→御蔵島→三宅島は1日シフトするものの同じ会社・ルート、三宅島以降は購入済みなので、これが一番変更が少ない。
 ただ、今日も雨模様は続くので、景色はよくなりそうもなく、もう1日八丈島で何をするんだ?とも思う。

●B案
 A案と同じく八丈島に連泊して、明日はANA便で八丈島→羽田と一気に東京に戻る。
 もう1日なにするの?という点はA案と同じで、さらにヘリ&大島→調布便はキャンセルになる。ヘリは欠航によるものだからキャンセル料はかからないが、大島→調布便はキャンセル料が発生する。

●C案
 今日一気に八丈島→羽田ANA便で東京に戻ってしまう案。
 八丈島と違って東京は「1日なにするの?」にはならない。ただし離島ツアーは1日短縮になってしまい、大島→調布便はキャンセル料が発生する。

A案は、東方航空に聞いたら明日のヘリは満席ということだったので、あえなくボツ。
B案・C案は、すぐ横にあるANAカウンターで聞いたら空きがあるので、どちらでもOK。
ということで、いつ東京に帰るか?宿は確保できるか?という問題になった。
調べると、八丈島の宿は大丈夫であり、東京の宿も13日に泊まる予定の東急ステイ用賀に今日から泊まることができる。

結局、C案にした。もし明日、何らかの理由でANA便が欠航になってしまったら、今度こそ模擬面接に支障が出てしまう。
それに正直言って、景色の悪い八丈島にはもうお腹いっぱいであった。三宅島に行けるのなら、阿古地区の溶岩とか、たとえ雨の中でも見たいものがあるからがんばるが、八丈島はもう十分だ。
ということで、八丈島→御蔵島→三宅島と三宅島→大島のヘリは当然ながらキャンセル料なしで全部キャンセル。
大島→調布の飛行機(新中央航空)はキャンセル料を3,000円ほど払ってのキャンセル。ToT
三宅島のホテルとレンタカーは、電話したらキャンセル料なしにしてくれた。こういう時には本当にありがたい。もし三宅島に行くことがあったら、きっと利用させてもらおう。
羽田へのANA直行便は、当日購入だから正規料金の2万円かかるところ、全額マイルでまかなえた。

さて、帰る手はずはなんとかついたが、飛行機は13:55。今は10時半。3時間以上ある。
もう一度レンタカーを借りて…とも思ったのだが、これから3時間で天気が回復するとも思えず、雨の八丈島にはもう飽き飽きしたので、空港にいることにした。

待合室のベンチでうだうだやってから、レストランでちょっと早い昼食。「飛び魚三兄弟」なるメニューをチョイス。飛び魚のコロッケ・さつまあげ・フライ。ご飯とお吸い物はアオサノリがどっさり入っていて、すごろくさんが喜びそうだ。そして明日葉のおひたし。私は、明日葉の独特の苦みのある味がすごく気に入った。

八丈島空港の保安検査場入口。ANAカウンターの横にひとつだけこじんまりとある。

店も土産物店が3つとレストランが一つだけで、こじんまりとしていて、沖縄で言うなら宮古より与那国に近い感じかな。

レストランの窓際の席で昼食後もコーヒーを飲みながらPC仕事をしていたら、ぶわーっと雨風がやってきて、真っ白になった。え、まさかANA便すら欠航とか?と不安になったが、無事に羽田からの便がやってきて、折り返し、予定通りの出発となった。

飛行機が滑走路のほうに移動を始めてから、いまさらのように日が差してきた。うーむ、お約束だなあ。^o^;
でも、結局最後まで八丈富士は顔を見せてはくれなかった。

定刻通り無事離陸。雲ばっかしの上を1時間弱フライトし、定刻通りに羽田空港に到着。
すぐに京急・山手線・田園都市線と乗り継いで、4時過ぎにホテルのある用賀に到着。チェックインしてしばらくデスクワークをしながら過ごし、5時過ぎに夕食に出た。
こういう日はヤクザなものが食べたくなる。刺身や天ぷらではなく、もっとB級っぽいものがいい。

バーミヤンを発見してビールと餃子、ザーサイ、味付け玉子にチャーシューなどという、もうどうしようもなくおっさんなものを。

さらに紹興酒を飲み、仕上げにタンメンを食った。ホテルに戻って風呂に入り、今に至る。
いやあ、今回はまいった。最大の敗因は移動手段にヘリを選んだことで、物珍しさに飛びついたのが失敗だった。
ヘリ便はやっぱり脆弱で、当てにはならないことを学んだ。欠航アナウンスも「いつものことよ」的に淡々としていたものなあ。
結果論ではあるが、フェリーはちゃんと就航しており、これに乗っていれば午後2時ごろには三宅島に到着していたのだ。
「もうこりごり」と思う一方で、一生に1回くらいはヘリに乗ってみたい気もするから、もし今後ヘリ便を利用するとしたらたっぷり余裕があって、1日か2日欠航が続いても平気な時にしようと決めた。でもそんな時はもうないだろうなあ。

八丈島の眺望は楽しめなかったが、ひととおりのところは行ったので、もう一度八丈島に行く必要はないなと思う。
三宅島や大島にはできるなら行ってみたいなと思うが、行くとしたら飛行機(三宅島には調布飛行場から1日3便ある)か船(大島なら比較的短時間で行ける)、まあつまり信頼度の高い交通機関だろうな。

2018年12月11日火曜日

東京南の島物語①

さあ、今日からオフ日だ。口頭試験シーズンに旅先でオフ日が取れるなんて何年ぶりだろう。それも3日間である。さすがに一度帰宅してまた出てくるのはばからしいので、どこかにふらりと出かけようと考えた。
最初は温泉にでも…とも思ったのだが、こんな機会はもうないだろうから、思い切って伊豆諸島に行くことにした。東京→八丈島→三宅島→東京という2泊3日の旅である。目的は観光のみ。オフ日だもん。
飛行機、ホテル、レンタカーと手配は万全、喜び勇んで羽田空港に向かう。
さてさて、今日の八丈島の天気は…

…(^^;)…まあ、明日の午前中もまだ八丈島にはいるのだし…明日の天気は…

オレがいる間だけ雨かーい!うーむ、まずい。ここにきてバイオリズムが雨男のほうにふれてきたようだ。
何はともあれ、池袋から山手線で浜松町へ、さらにモノレールで羽田空港へ。
と、ここでANAからメールが。


…えっ、窓なし席?そんなの離島旅の楽しみ半減じゃないか。でもまあ、今日は雨模様だから、まあいいか。ポジティブに、いいほうに考えよう。
すると、続いてまたメールが。


…えっ?天候調査中?うそだろ…と思いつつ羽田空港に到着。

ううむ、本当に天候調査中だ。まだ10時半すぎだから、1時間も待たなくてはならない。
まあともかく、じたばたしても仕方がない。カードラウンジでゆったり過ごそう。
羽田空港のカードラウンジは多くが保安検査場通過後にある。天候調査中だと保安検査場も通れないから、検査場前のラウンジしかないが、これは1つしかない。
それも八丈島行きのD検査場から一番遠いA検査場の端っこにある。
それでも行きたいので、えっちらおっちら歩いて行くと…

うっそぉ~ん。改装中って…ここまでは踏んだり蹴ったり状況である。この調子だと飛行機も欠航になりかねない。そうなると全行程キャンセルにも…ToT

いやいや希望は捨てずにおこうと、情報板を見下ろしつつコーヒーを飲み、添削をしながら待っていると…


うーむ、飛ぶには飛ぶが、着陸できなかったら戻ってきますよと…これって、本当に戻ってきたらものすごい時間の無駄だしショックだなあ…まあ、これまでもこういうことはあったし、何とかなるでしょ。

とりあえず定刻通りに羽田を離陸。私のシートは本当に窓なし。ToT
どうやら八丈島までずっと雲の上だったようだけれど、よく見えないのでわからない。

結局難なく八丈島空港に着陸。よかったよかったと空港の前に出ると、目の前には八丈富士がそびえ立っていた(心の目で見る)。

レンタカーを借りて、とりあえず島の南西方向へ。八丈島は玉石垣が特徴的だ。おそらく海岸から円磨された溶岩(玄武岩)のビーチペブルを運んで積み上げたのだろう。横一列に並んでいるからせん断面が通ってしまって荷重には耐えられないと思われるが、サイズも揃って、なかなかのもの。あちこちにこれが見られるし、墓地の石垣などは、コンクリートでこれを模したのではないかと思われるブロック積みになっていた。

大坂トンネル手前の展望台は、八丈富士から八丈小島までが一望できるポイントだ。
右手にそびえる八丈富士(心の目で見る)、左手に八丈小島(うっすらシルエットだけ)が見える。ToT

名古の展望台から洞輸沢漁港、島の南端に突き出た小岩戸ヶ鼻を望む。うわあ、火山島の急崖だあ。隠岐を思い出し、しばし見とれる。
ときおり雨がぱらつくものの、やはり東京よりかなり南にあるだけあって、気温はさほど低くない。最低気温でも10度を上回る。ジャケットの上にポケッタブルパーカー、あるいはジャケットは脱いでカッターシャツの上にウルトラライトダウンでちょうどいい感じ。
ここは、植栽にLEDイルミネーションが施されていたり、小屋の中に自販機があって、スノーマン人形が置いてあったり、八丈島のジオラマが飾ってあったりして、管理している人がなかなかに力を入れているところだ。

八丈島地熱館。こういうところに行くあたりが我ながら技術者だねえ。^^;
地熱以上に八丈島の形成過程が動画で解説してあって、けっこう面白かった。

八丈島は北西~南東に延びたひょうたん型をしていて「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったと言われる島である。北西の西山が八丈富士、南東の東山が三原山なのだけれど、実は東山→西山の順にできていったとのことだ。
南東側に基盤岩である新第三紀層が分布していて、その真ん中で三原山が噴火活動を始めて大きな島を作って八丈島の南東部分ができ、しばらくして八丈富士が噴火活動を始めて火山島となり、南島の島とつながってひょうたん型の八丈島になったというわけだ。
うーん、面白い。こんなの大好き。

島の南側にはいろんな温泉があるのだが、今日は眺めも悪いし肌寒いので湯冷めをしてもいけないから、今回は涙を呑んでパスして空港近くに戻り、植物園へ。非常に広い敷地で、いい天気の日にゆっくり散策すると気持ちいいだろうが、夕方近くで薄暗くなってきた上に雨もパラパラと、それも風を伴って降り始め、なにやら現場作業強行の雰囲気を呈してきたので、ビジターセンターと動物飼育ゾーンだけを足早に見た。

これはヤコウタケ。ひょろひょろとなんてことはないキノコなのだが、

カーテンを閉めると発光する「光るきのこ」である。スマホで撮れるんだからかなり光が強い。

そして、私の年代なら「八丈島」といえばこれ、という「きょん」。実は在来種ではなく、中国原産の小型のシカらしい。人になれていて、写真を撮ろうと構えるとぐんぐん近付いてくるので、
こんな写真になってしまう。^^;

風雨が強くなってきたので、最後の見学地点に千畳敷を選択。普通は千畳敷といったら海食台なのだが、八丈島のそれは溶岩流が海に流れ込んだときの平坦部分で、縄状溶岩が一面に広がっていて、粘性の低い玄武岩質の溶岩がどろどろと流れてきてどよーんと溜まり、赤黒く冷えていく光景が目の前に浮かんできて、地質屋としては軽くコーフンしてしまうのだ。

ふと海を見れば、シルエットのままではあるが、八丈小島が大きく浮かんでいた。
こうしてみると平坦地などない火山島そのものだが、南側に猫の額ほどの緩やかなところがあって、そこに昭和40年代まで人が住んでいたらしい。
ただ八丈島と八丈小島の間には速い潮の流れがあるので泳いで渡ることはできず、ために八丈島に流されてきた流人の中で、さらに悪いことをした流人が八丈小島に流されたという話もあるらしい。

いよいよ天候も悪くなってきて、暗くもなってきたので、おみやげタイム。ここまでの行動の中で、おみやげを量・質ともにしっかり買えるところは見つからなかったので空港売店へ。
明日は時間が取れないかもしれないので、おみやげをまとめて買って送った。お菓子を中心に、島酒もしっかり購入し、さらには怖い物見たさというか、くさやのビン詰めも購入。年明けのひこそう全国大会で罰ゲームに使おうかな。^o^;

買い物も終えてホテルにチェックイン。今回は勝手もわからないので、「リゾート」の名を冠するホテルを選んだ。季節外れだから1泊2食付きで東急ステイより安いくらいだけどね。

夕食は、先付けにアシタバのおしたしが付いたり、島寿司(魚のヅケがネタで、ワサビではなくカラシで食べる)、島の魚の刺身、写真にはないが島野菜と魚の天ぷらなどなど、腹一杯になった。まあその代わり、居酒屋のようなところでダベりながら地元料理を選ぶ面白みはなかったけどね。島焼酎がうまかった。
腹一杯飲み食いして部屋に戻ればまだ7時前。ドリップコーヒーが4パックもあるので、喜んでこれを飲み、ちょっと早めに風呂にも入って、明日は思いっきり早起きして、朝食までの時間にレンタカーでまた走ってみよう。そうすれば今日はかなわなかったビューポイントからの絶景堪能ができるかもしれない。

ということで、8時過ぎに風呂に入る健康生活。風呂上がりにごきゅごきゅと飲む冷たい飲み物はこれ!明日葉茶である。今日葉を摘んだら明日にはもう出ているというのが名前の由来と言われるほど強く、どこにでも生え、島の人たちの食生活を支えてきた、偉い偉い葉っぱなのであります。

2018年12月10日月曜日

総監デーは疲れる!

目が覚めたら驚愕の10時前。いったい何時間寝たんだオレ?

朝風呂に入り、一仕事して11時半ごろにブランチ。一度は行っとかなきゃならない富士そばでミニひれカツ丼ともりそば。先月、コロッケ入りのかけそばという快挙を成し遂げたにもかかわらず、やはりもりそば。この寒いのに。^^;
13時から20:30まで、若干の休憩を挟んだだけで総監デー2連発。いやあ、疲れた。
今日の受講生は合計6人で、一昨日のSkypeも入れて9人と比べれば全然少ないのだが、こっちのほうがよほど疲れた。1時間の講義をして、それから切れ目なく模擬面接の連続で、それも同じ質問はしないようにして、さらに解説も本人だけではなく他の受講生にも参考となるようにしなければならないから「コメントを読んでおいてください」ではなく、全部口で説明。いやあ、やっぱ疲れる。

疲れもしたし腹も減ったよおと思いつつ池袋のまちを歩く。まだ9時前だから電気店もいっぱいやっているけれど入る気力なく、この際だからイッパイやりつつ夕食とする気力もなく、結局吉野家で牛すき鍋をかきこんで、ビール500mlだけ買ってホテルへ。
洗濯しつつ模擬面接評価表を送って風呂に入り、風呂上がりにビール飲んで今に至る。
さて、明日からはオフ日だ。楽しみ~~~~~^o^

2018年12月9日日曜日

東京でもやんばる

なんだか急に寒くなったような気がする大阪の朝である。

こういう日は正しい朝食を食べてがんばろう。やよい軒で目玉焼き朝食。ご飯は十穀米。
でもよく考えたら、この「朝食」を食べたのは10時半でしたとさ。^o^;
11:30から3人の模擬面接。2時前に終了して新大阪駅へ向かい、14:20の新幹線で東京へ一直線。

さあ、今日はもう模擬面接はない。今日の仕事は終わったぞーと、ソフトドリンクを飲みながらのんびりと東京へ。

富士山が見える。心の目で。うーむ、京都の当たりまではいい天気だったのだが…

17時前に品川駅に到着。すぐに山手線で新宿へ。ちょうどSUKIYAKI塾東京の模擬面接が終わったところで、打ち上げにだけ参加。昨日試験が終わって、もう東京には用事はないはずのすごろくさんが今日も参加。^o^

終了後、必殺必死のやんばるへ。すごろくさんと来るのは3回目かな。

私は「やんばるそば」(沖縄そば)。去年もそうだったが、味がちゃんとついている。

すごろくさんはアーサーそば。アーサー、ひじきか?というくらい黒い。でも今回はニコニコと美味そうに食っていた。
すごろくさんと別れて、ヤマダ電機にふらふらと入り、結局何も買わずにふらふらと出て、池袋へ。定宿と化した東急ステイに投宿。すぐに室内洗濯しながら風呂に入り、ぐっすりと寝てしまったのでありました。