2016年12月1日木曜日

ともかく帰宅

10時前名古屋発のしらさぎで敦賀へ、敦賀で1時間以上の待ち時間の後、小浜線で小浜へ。バスも何もない時間帯に着いてタクシーで帰宅した。この不便さがまた小浜に帰ってきたんだな~と思わせる。^^;
バタバタと来客をこなし、仕事部屋のソファに横になったとたん、ずぶずぶと眠りに引き込まれていった。いまさらながらに思うのだが、やっぱり1ヶ月の旅はキツい。特に今年になってから体にこたえるようになった。トシなんだろうな。

それでも溜まりに溜まった郵便物を整理し、旅の事務処理をして、1ヶ月ぶりに母の料理を食べていたら女房が帰宅。「お久しぶり」と夫婦にあるまじき会話をして、早めの風呂に入って、湯上がりにソファでウトウトとしていた。しだいに旅のコリがほぐれていくのがわかる。
だけどのんびりしてばかりもいられず、夜9時からはSkype面接3連チャン。帰宅したらしたでやることは山積みなのである。
明日もう1日あれこれがんばって、週末はちょっとゆっくり過ごしたいなあ。

2016年11月30日水曜日

ツアー終了!

8時過ぎにゆっくり起床。朝風呂に入り、のんびりガスとで朝飯食って、丸ノ内線に乗るつもりがふと気づくと山手線に乗っており、こりゃあ俺もとうとうダメかと思いつつ、11時の新幹線で名古屋へ。

ちらりと見えた富士山は雲の中であった。このあたりから完全にPC仕事をする気がなくなってしまって、結局半分以上イネムリしていた。
名古屋駅で降りてホテルに仮チェックインし、自転車を借りてびゅーんと栄へ。もとい、大須へ。こういうごちゃごちゃしたまちが好きなのですよ。
何を買うでもなくうろうろして、それでけっこうリフレッシュして、栄へ。
15:30から夕食休憩を挟んで、一般部門3人、総監デー4人の模擬面接。これで今回のツアーの全模擬面接終了。現時点での模擬面接対象者トータル110人あまり(SUKIYAKI塾セミナーでの担当分除く)。

終了後、自転車でホテルへ。いやあ、もうへろへろです。
模擬面接なり総監デーなりを受講いただいた方にはおわかりいただけると思うのだけれど、けっこう全力投球してます。総監デーを2回やるとすると、合計8時間で、それは残業なしの法廷労働時間と同じなのだけれど、8時間ずっと頭フル回転というのは、けっこうハードなのですよ。
それをかれこれ1ヶ月やっているので、なんというか出し切った感があります。
気が張っていたので持ちこたえていたのだけれど、ホテルに戻り、洗濯機に服をぶちこみ、大浴場の風呂に浸かって熱い湯にふうーと息を吐いたとき、終わったぁ~感が全身を包んで、いってしまいそうになりましたわ私。
その気持ちのままに、あろうことかビール→水割り→発泡酒とこれまでにない深酒。いいじゃないか、最後の日くらい。

なんでこんなにがんばるんだろうと思うけれど、それはSUKIYAKI塾のみんなならわかるでしょう。
かつての自分がそうであったように、今、必死に頑張っている技術者仲間がいるのなら、と思うのですよ。
模擬面接の後のアドバイスも必死のパッチである。なんとかこの人に技術者としてのアイデンティティ(なんていうとかっこよすぎるけど、まあつまり存在価値というか生きがいというか)を見つけてほしいと思うのです。そういう中で、何かを見つけて顔がぱぁっと輝く人がいたり、時にはいろんなものが去来するのか涙ぐむ人もいる。そういう日は嬉しいねえ。ああ今日はよかったなあと、ぽかぽかした気分でホテルに戻る。この部分がね、APEC-semiもSUKIYAKI塾もNPOも同じなんですよ。だからやめられないんだなあ。

2016年11月29日火曜日

誰がみやざきはやおやねん

今日の午前中はRCCMの登録更新講習会である。ほぼ毎年更新講習があるのだが、「そのころは東京にいる可能性が一番高いだろう」ということで、毎年東京で受講することにしている。結果的にこれがスケジュールを縛るので、いったん名古屋・富山と我が家に近づきながら、わざわざ再度上京して模擬面接をやっていたのだ。
会場はいつも麹町で、池袋からは有楽町線で直行できるので便利がいい。

今年の会場は都市センターホテルで、まあともかく例年豪華である。この会場に200人以上が入っている。そして午前・午後と2回ある。そして受講料は1人あたり1万円である。うーむ。
昼過ぎに終了。スバヤク移動して池袋に戻り、書類をホテルに放り込んで吉野屋ですき鍋定食をかきこんでルノアールへ。今日は途中に休憩を挟んで一般部門9人の面接である。

4人目と5人目に、東北支援講座をやっていたころにお世話になったいわき市のコンサルの若手技術者の方が2人も来てくれた。いわきに通った3年で3人の合格者が出てくれて、私なりに一段落と思ってご無沙汰していたのだが、またちょっとだけでもお手伝いできることは望外の喜びだ。嬉しくて強引に晩メシに付き合わせてしまった。

22時すぎ、9人終了してふらふらとホテルへ。
場所が場所だけに呼び込みが多い。
「しゃちょー!キャバクラどうっすか、キャバクラ!…だめっすか…みやざきはやお」
いや、意味わからんし。

ホテルに戻り、あろうことかそれからさらにSkype1人。これで合計10人だーい。
終了後すぐに荷造り。もうあとは明日名古屋に泊るだけで帰宅なので、不要な荷物は全部段ボールで送るのだ。
でもそれなりに増えているので、段ボールに入らない。むりやり詰め込んだら、上も下も膨らんでしまって、箱なのかラグビーボールなのかよくわからんようになってしまった。はじけずに家まで届きますように。
まあとにかく今日で東京は終わりだよおっかさん。

2016年11月28日月曜日

必死のパッチ

昨夜は結局2時まで起きていて、今朝は起床8時過ぎ。
ぐずぐずしていたらもう9時を過ぎて、遅い朝食を近所のガストで。朝から豚汁鍋を食ってPC仕事。面倒なので結局これがブランチになった。
一段落するともう11時を過ぎていて、それから池袋駅前のビックカメラやらヤマダを少し冷やかして、パルコ横のルノアールへ。
ここにはビジネスブース(個室)があるので1時間ほどPC仕事をしてから総監デー第1回。
1時間のタイトな時間制限の中で総監講義をして、それから休みなしの4連チャン模擬面接。一人一人質問を変えて、まあかなり精神すり減る。
そのあと1時間のブレイクで、近くの吉野屋ですき鍋定食を食って(朝は豚で夜は牛かあ)、再びルノアールで総監デー。今度は受講生が2人なので少し楽だが、そのあと一般部門2人。
さらにホテルに戻ってSkype(これはうまく接続できずに流れた)。
いやあ、時間的にも体力的にも脳力的にも、もう必死のパッチですわ。
今日は休肝日にしようと思っていたけど、ビール飲んで寝ることにした。

2016年11月27日日曜日

やっぱ東京はこれだね

よく寝た。昨夜はたぶん夜10時ごろには寝たんじゃなかろうか。そして起きたのは7時過ぎ。もうこれ以上はちょっと寝られませんというくらい寝た。

冷たい雨が降る中を富山駅へ。なんとも陰鬱な風景だが、これがまたこれからの季節の北陸の風景であり、北陸の文化を創ってきた風景でもある。
10時過ぎの新幹線「かがやき」で大宮へ。富山の次は長野、その次は大宮なのだ。いやあ、近いものだ。

軽井沢のあたりで雪景色になりびっくり。例年こうなのだろうか?
大宮で湘南新宿ラインに乗り換えて新宿へ。昼飯を食べる時間がなかったのでサンドイッチを食べながらSUKIYAKI塾東京の模擬面接に参加。

終了後は久々の思い出横町でホルモンに黒ホッピー。いやあ、東京だあ。

今日からの宿は池袋の東急ステイ。部屋に洗濯乾燥機があって、終了後もふんわりキープしてくれるので、寝る前に洗濯物を放り込んで、そのまま朝まで放っておいても大丈夫なのであります。

なお、本日は府中競馬場に行ってハズしてしょんぼり帰った男がいたらしい。誰だかは知らぬが…

2016年11月26日土曜日

富山食材恐るべし

毎年、SUKIYAKI塾セミナーの大トリは北陸である。今年は11月中に開催されただけでも大事件である。9時から総監講義、10時から一般部門講義、午後は模擬面接。さすがにすでに口頭試験が開始されているだけあって、今日が模擬面接初回、という人は少ない。その一方で、すでに仕上がってきている人と、まだまだ、というかこのままでは…という人の差は大きく開いているなあとも思った。
終了後、懇親会。例によって写真はここからである。^o^;

おでんなのであるが、富山ではここにおぼろ昆布をがばっと乗せて食べる。おぼろ昆布は北陸全域のメジャーな食材ではあるが、これをおでんに乗せるのは初めて見た。

いかにも富山、という感じの「黒作り」。イカの塩辛にイカスミを混ぜたものである。これもうまい。

げんげの干物。富山湾海洋深層水に棲む深海魚で、近年注目を浴びているという。

〆はこれ、富山ブラックラーメン。これは文句なしにしょっぱいです。そしてまずいです。数日分の塩分を一度にとったとしか思えないほどで、素材の味なんてぜんぜんしません。
名古屋の味仙イタリアンも、沖縄のひーじゃーも、それぞれにネタになるけれど、このブラックラーメンは異次元のマズさ。なのに、懲りずにまた食べてしまいました。なぜだろう。

2016年11月25日金曜日

そして冷たい雨が降る地へ

名鉄名古屋駅から名鉄岐阜へ。もろに通勤時間帯だったが、一宮から先は驚くほど空いていた。

長良川をのんびり歩いて渡り、岐阜少年鑑別所へ。今日は少年警察協助員会の日帰り研修旅行なのだが、私だけ現地集合させてもらったのだ。
鑑別所や少年院の見学をするといつも感じるのはケアの手厚さというか、子どもの人数に対する職員人数の多さである。そのあたりの小学校よりずっと多い。考えてみれば問題のない子どもたちよりも手厚いケアが必要なのは当然なのだが。

終了後、みんなと昼食を食べて岐阜城へ。紅葉が終わりかけていたが、それでもいい風情だ。

金華山ロープウェイで山頂へ。常緑樹の多い、急だけれど深い森だ。

ところどころに岩盤が露出する。層状チャートのようだ。まあつまり「美濃帯」ですな。

岐阜城こと稲葉山城といえば、我々世代はNHK大河ドラマの「国盗り物語」を思い出す。

天守からの眺望。長良川の回りに広がる岐阜市街。岐阜市って来る理由がないからこんな時でないと来ない。南へ視線を巡らせれば木曽川、さらに遠く名古屋市街が見えた。
ここでみんなと別れてJR岐阜駅へ。ここから高山線の「ワイドビューひだ」で富山へ。4時間ほどの旅だが、いつものようにPC仕事をやったりイネムリをしたりして過ごす。

ちょうど同じタイミングで富山に戻ってきていたtakeさんと落ち合って慰労の夕食。よりによって口頭試験初日の今日、takeさんは口頭試験だったのだ。
富山駅は工事も終わり、駅舎の中にLRTセントラムが入り込んできていた。この光景は技術者としては実にカッコイイと感じる。

しかしセントラムには乗らずに駅からホテルまで歩いて移動。途中で雨が降ってきた。一粒一粒が冷たい雨だ。もう少し寒くなればこれが雪に変わるんだろうなという雨だ。
天気予報を見ればこの週末から来週初めはずっと雨のようで、つまりは冬型なのだ。雨が少しずつ冷たくなっていき、やがて冬になるんだなあと感じる北陸のまちでありました。

2016年11月24日木曜日

ダウンが必要な地へ

けだるい那覇の朝again。今日も朝食はハイウェイ…と思っていたら、バイアさんが新規開拓をしようと言うので、県庁前あたりまで歩いて、「みかど」という58号線沿いの食堂へ。

新規開拓でも食べるのはやっぱりゆし豆腐。ここのゆし豆腐は薄い味噌味になっていて、ポークではなく魚がつく。美味しくいただきました。
ゆいレールに乗っておもろまちに行き、久々に風太さんに会って、再びゆいレールで空港へ。
カードラウンジでPC仕事をしてから保安検査場へ。バイアさんと別れてソラシドエアで名古屋に向かう。

全く珍しいことに定刻出発。雨が降りそうな沖縄のまちを見下ろしつつ上昇。

すぐに窓の下は一面の雲になった。

PC仕事をしたりイネムリしたりして過ごす。ソラシドのコンソメスープはカボス風味?

ふと見ると雲が切れ、紀伊半島の海岸が広がっていた。定刻通り中部国際空港に到着。すぐに名鉄で名古屋駅へ。

駅の中で遅い昼食。鉄板ナポリタン。確かにうまいが、妙に高い。

名古屋駅から歩いてホテルへ。錦橋のたもとで信号待ちをしていて、ふと川沿いの遊歩道をのぞいてみた。なんだかいい雰囲気であった。
ホテルには松山から送った荷物が届いていた。ここにダウンが入っているのだ。今日の名古屋の気温は10度。ここまでジャケットの上に薄いパーカーを着てしのいでいたが、さすがに夕方から夜にかけてはこれではまずい。ダウンに着替えて自転車を借りて元気に出発。
大須をぶらぶらして栄へ。6時半から5人の模擬面接。

いつも思うのだが、この会議室の使用後チェックリスト、絶対にワナにはめようとしているよね。だって誰でも上からどんどん「はい」に○していくでしょ。
午後10時半に模擬面接終了。再び自転車でホテルへ。さすがに本州の夜は寒い。明日は富山だからもっと寒いんだろうなあ。
ホテルに帰ってすぐに洗濯開始。ドラム式の全自動だが2時間かかる。東急ステイだと室内にこれがあるから寝てしまえばいいのだが、さすがにランドリー室だとそうはいかない。今から2時間だと午前1時だ…ToT
まあとりあえず模擬面接評価票を送り、カードラウンジと飛行機の中で仕上げた想定問答コメントを送り、さらにRCCMの臨時掲示板を立ち上げて大浴場へ。
風呂上がりにビールでも…と思ったが、今日は飲まないんだ。休肝日なんだ。

…って、なんでこれがあるんだ。それもオリオンビールじゃないか。なんで名古屋でこれを飲むんだ。うーむ…

2016年11月23日水曜日

たまにはセミナー写真を

那覇のけだるい目覚めのあと、朝風呂に入ってちょっとシャキンとして、ホテルのバイキング朝食には見向きもせず外へ。

もちろん行き先はいつものハイウェイ食堂である。24時間営業、朝も夜中も誰かがステーキを食っている。

バイア・omochの2人と待ち合わせて、ゆし豆腐の朝食。飲んだ翌朝にはしみじみとやさしい。朝食にしてはメシが多いのだけれど。

てってぃ&NHさんが迎えに来てくれて、「てぃるる」へ行き、一般部門2時間&総監部門1時間の連チャン講義。ハイウェイ食堂からてぃるるに向かったのは私一人で、バイア・omochと多摩ちゃんの3人はピオーネさんと首里城観光。つまり午前中働いているのは私だけ、いつものことである。

午後は模擬面接。受講生より講師のほうが多い。あちこちのSUKIYAKI塾で見られる光景である。

沖縄の受験生は総じてのんびりしており、明後日が口頭試験初日というこの時期に、模擬面接1回目という人も多い。まあこれは地の利がないということもあるのだけれど。
終了後、懇親会。写真撮影を忘れた。今日の写真だって朝飯以外は全部すごろくさんがくれた写真だし。^o^;
懇親会のあとバイアさんと安里で〆のそばを食ってりうぼうで買い物して、さらにマックスバリュでも買い物してホテルに戻った。
今日も風呂に入る気になれず、寝る。

2016年11月22日火曜日

ついに神が降臨したか

福岡空港を正午に発つ飛行機で沖縄へ。午前中ラウンジでたっぷりとPC仕事。

福岡空港は実にいい天気である。沖縄行きなのに定刻通りに出発。

福岡のまちを見下ろしながら離陸。博多駅から地下鉄でわずか2駅のこの空港は本当に便利だ。

薩摩半島上空。このあたりから雲がちらほらと。

今日は空席のほうがずっと多い。3列+3列の飛行機でこの空席率ははじめて。沖縄行きなのに。

悪石島と思われる。13時前、那覇空港到着。NHさんが迎えに来てくれていた。少し遅れて玉川多摩ちゃんが必殺LCCで到着。

NHさんの車で市内へ。マリオカーに遭遇。4台になっていた。

遅い昼食を守礼そばで。久々ではなかろうか。

軟骨ソーキそばとじゅーしー。うーん、沖縄に来るとご飯ものをたくさん食べてしまうなあ…

いったんホテルにチェックインしてすぐに牧志のマックスバリュで買い物をして送り、そのままぶらぶらと国際通りへ。東京からomochさんも合流して、前夜祭。写真なし。少々飲み過ぎた。

〆にハイウェイ食堂へ。omochさんひーじゃーに挑戦。山羊は自信があるがフーチバが…と言いつつ果敢に挑戦。

うまい!と信じられない一言。食べられる人は多くいたが、うまいとまで言う人は初めてである。

メシに山羊肉とフーチバを山盛りにしてわしわし食べている。…神が降臨したか。

合流したバイアさんと一緒に、私はおとなしく沖縄そば。完全に食べ過ぎである。
ホテルに入ってすぐに寝たが、腹が重たくて寝付かれずに困っていると、バイアさんからメール。

彼は私のホテルの斜め向かいのホテルに泊っているのだが、部屋からハイウェイ食堂が見下ろせる!と言って喜んでいた。わざわざ写メ送ってくるかなあ。^^;

2016年11月21日月曜日

ふたたび博多ばい

6時過ぎに起きて大浴場で目を覚まし、いつものように大街道まで歩いて吉野屋で朝飯を食って、三越前からリムジンバスに乗って空港へ。空港に着くやいなや2階に上がってカードラウンジへ。何ら迷わずこの行程をこなすことができる程度に松山に来ているのだなあと感慨深い。なのに道後温泉で風呂に入ったことが一度もないのである。何なのかねこれは。

1時間ほどデスクワークをして、2日ほどできなかったRCCMの臨時掲示板をがんばってから飛行機へ。松山から福岡って目と鼻の先だし。だからプロペラ機なのかな。

もこもこ雲の上に出て、30分ほどしかない水平飛行の間、ひたすらPC叩いてました。

福岡空港は伊丹空港と同じくらいまちなかに降りる。おかげですぐに都心部に移動できるのだけれど。
地下鉄で天神に直行し、とんこつラーメンカタをかきこんで模擬面接4人。天神中心街に行ってカツ丼かきこんでまた模擬面接4人。月曜日からにぎわう繁華街を早足で通り過ぎて(屋台には目もくれず)ホテルに戻り、夜間クリーニングを依頼してから部屋でSkype面接1人。
ほっとして大浴場でしょっぱい湯を堪能して風呂上がりのビールを飲みつつデスクワークをやって今に至る。
家を出てから20日になるが、やっぱり疲れを感じるあたりはトシなのだろうな。